「武田邦彦」おすすめ作品一覧

「武田邦彦」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/09/15更新

ユーザーレビュー

  • 放射能と生きる
    武田先生のブログで震災直後からの事実に基づいた科学的見解を示して、読者に判断する基準を示す。

    日々わかっていく状況、武田先生の思いやりがある言葉、ひとつひとつに臨場感があり、のめり込んで読んでしまいました。日々のブログの間にあるコラム、おわりにを読んだとき、武田先生は今でも変わらないスタンスで一貫...続きを読む
  • 原発と日本の核武装
    地震で非常停止したと報道されるが
    冷却ができないと制御棒で核分裂止めても原子炉の熱は10分の1になるが熱量が膨大なので、1日ぐらいでメルトダウンし爆発する。爆発を防ぐという意味では止めても危険性は同じ。

    テロとかで海水ポンプふさがれたりして冷却系やられたらダメなんだね。

    米軍が日本近海に核ミサイ...続きを読む
  • 偽善エコロジー 「環境生活」が地球を破壊する
    常々、エコロジーとか「地球に優しい」は胡散臭いと
    感じていたので、スッキリ読める作品だった。

    内容の細かな点は突っ込むところあるのだろうが、
    エコロジーと聞くと思考停止にならないように
    気をつけたい。

    某ファーストフード店でもゴミは分別する店舗と
    まったくしない店舗がある。
    分別している店でも結...続きを読む
  • 「正しい」とは何か? 武田教授の眠れない講義
    ある意味痛快である
    相変わらず世間に媚びないアケスケのステキな人だ
    全体観を前提にしたモノの見方を披露している
    潔癖なまでな選択力を持てる所以は覚えのいいことと相まって
    視野の広さと好奇心の強さと部分と全体の捉え方によるのだろうか

    この本は今現在にヒットする実例を上げながら
    「正しい」というモノが...続きを読む
  • 偽善エコロジー 「環境生活」が地球を破壊する
    疑問を持たずにいいだろうと推進しているエコロジー。
    さまざまなエコロジー活動に対して、科学的な目を無得てみると、そのほとんどがいかがわしいものだと・・・。

    こういったエコロジー活動が何を目指しているのか、しっかりと批判の目を向けた上で参加していかなければならないなと思った。
    もちろん、本書で挙げて...続きを読む

特集