食糧がなくなる! 本当に危ない環境問題 地球温暖化よりもっと深刻な現実

食糧がなくなる! 本当に危ない環境問題 地球温暖化よりもっと深刻な現実

作者名 :
通常価格 924円 (840円+税)
獲得ポイント

4pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

バターの品薄状態が続いている。穀物も魚も水も危ないといわれている。いったい今、地球で何が起きているのか。ベストセラー『環境問題はなぜウソがまかり通るのか』の著者は、この地球で最も深刻な環境問題は、地球温暖化ではなく食糧問題だと指摘する。――“食糧”と“石油”の驚くべき相関関係、アメリカのとうもろこしの影響力、温暖化すれば食糧危機が解決する皮肉……食糧問題のウソに初めて言及した一冊。

ジャンル
出版社
朝日新聞出版
ページ数
248ページ
電子版発売日
2012年08月17日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
2MB

関連タグ:

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    食糧問題、温暖化、毒、原発、地震。
    穀類の自給、温暖化で食糧は増える、ダイオキシンは危険ではない。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています