「山田悠介」おすすめ作品一覧

「山田悠介」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:山田悠介(ヤマダユウスケ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1981年06月08日
  • 職業:作家

平塚学園高等学校卒。2001年『リアル鬼ごっこ』を自費出版し、作家デビュー。『スイッチを押すとき』、『×ゲーム』、『パズル』など数多くの作品を手がける。映画化されている作品も多い。

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2018/04/10更新

ユーザーレビュー

  • 僕はロボットごしの君に恋をする
    面白い。ホントに面白い。この本。
    そう遠くない未来を見ている気分になります。
    読み始めは、現代にはない主人公の仕事におぉー。
    と、なりその仕事の興味に読み進めていく。
    という感じでしたが、中盤から様々な出来事が起こり、もうページをめくる手が止まらない。www
    最後の最後に分かる驚きの事実に思わず読ん...続きを読む
  • リアル鬼ごっこ

    最高

    まじで何回でも読める!
  • 僕はロボットごしの君に恋をする
    through a robotの時点で最初から無理筋なのでは?と思いながら読み進める。結末で明かされる大きなネタは、ある程度は想定内。結末は気持ちの持って行き場に困る。見た目はどうあれ、気持ちでつながるみたいな。こういうロボットの時代になると、自分を自分たらしめているものは何なのか、という難しい問題...続きを読む
  • 僕はロボットごしの君に恋をする
    まんまと騙された〜笑 タイトルのロボットごしってのは主人公がロボットを操縦してるって意味だったのね。
    近未来的なお話で、こういうあり得なくはないお話がとても好き。そして最後の結末がとっても切ないところも自分のツボに入った。人間とロボットの大きな違いは感情があるかないかだと思う。ではアンドロイドにその...続きを読む
  • スイッチを押すとき
    【あらすじ】
    青少年自殺抑制プロジェクトセンターで、監視員として勤務する南洋平。ここでは、4人の少年少女に、自らの命を絶つ“赤いスイッチ”を持たせ、実験をしていた。極限状態で軟禁され、孤独に耐えられず次々と命を絶つはずが、この4人は“7年間もスイッチを押さない”という異例の子供だったのだ。彼らが生き...続きを読む

特集