×ゲーム

×ゲーム

作者名 :
通常価格 495円 (450円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

映画化のベストセラー小説。小久保英明は小学校の頃に「×ゲーム」と称し、仲間4人で蕪木毬子をいじめ続けていた。あれから12年、突然、彼らの前に現れた蕪木は、積年の怨みを晴らすために壮絶な復讐を始める……。

ジャンル
出版社
幻冬舎
ページ数
246ページ
電子版発売日
2011年03月18日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

×ゲーム のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2010年09月16日

    悠介作品で初めて読んだ本。
    衝撃的でした。。。
    犯罪のシーンが細かく書いてあって、想像しただけで、「痛いっ」ってなりました。
    でも、面白かったです。映画も見たい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年06月15日

    うん、これが山田悠介だな。
    グロくて、テンポ感があって一気に読み切れる。
    彼らしい文章の構成でよかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年04月10日

    中学時代のいじめが原因で、
    復讐される物語。

    結構恐怖を感じながらも、先が気になって
    読む手が止まらなかった。

    相変わらず救いが少ない展開がいい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年01月10日

    最初ホラーだと知らないで読んでいたから驚いた。
    だんだん怖くなってきたけど、続きが気になって止まらなかった。
    ホラーだけど楽しんで読めた!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年11月14日

    10年ぶりの小学校の同窓会後、主人公の周りで凄惨な事件が発生。
    犯人と小学校時代のいじめとのつながりとは・・・。
    そして主人公に送られてきた1本のビデオテープの中身には・・・。

    個人的には、山田悠介さんの作品は苦手です。
    だってシンプルな設定なのにおもしろいんだもの。
    いつも悔しいと思い...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年02月01日

    「でも高いぜ。消費税込みで三百円だもん」
    「うわ!マジっすか?」
    三百円という値段に心底驚いている様子だった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年09月06日

    9月に映画化もする本です!!
    ぞくぞくするような怖さで、スリルがあっておもしろかったですw
    エンディングがちょっと意外でびっくりしました(゜Д ゜)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年04月10日

    この作者の本で初めて読んだ作品。子供が読みたいと言うので買ってみたのだが、中高生などに人気があるのがうなずける。軽く読めるが内容は割と重い。いじめをしている子供が読んだら考えを改めるかなぁ~(藁)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年02月01日

    10年ぶりの小学校の同窓会をさかいに、主人公の周りで事件が起き始るところからこの本のストーリは始まります。
    むごくて、グロくて痛々しい話だったけど読んでいるだけでこの本の世界に入り込んでしまいそうなお話でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月17日

    始めは面白かったが、蕪木毬子が登場してから微妙になった!
    グロさ、不快さはいい感じだったけど、所々?ってなる部分あるし、なんだか奥行きがない感じ。
    あとむっちゃ行動力あって、行動と性格が合ってないよーな違和感。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています