「市川拓司」おすすめ作品一覧

「市川拓司」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2018/05/02更新

ユーザーレビュー

  • こんなにも優しい、世界の終わりかた
    とても綺麗な世界観。

    普通の恋愛物語とは違う
    純粋で一途で綺麗な物語。

    世界が終わっていく中で 様々な人たちが
    それぞれに いろんな方法で いろんなやり方で
    「大切な 愛する人の元へ 歩き出して行く」
    人の心の強さ に感動しました。

    私が本好きになった きっかけの本
  • こんなにも優しい、世界の終わりかた
    世界に降り注ぐ青い光。その光に照らされた者はそのまま固まり動かなくなる。青い光はどんどん広がり、世界はゆっくりと終わっていく。世界が終わる前に君に会いたい、その思いで旅に出る優。旅先で会うたくさんの人たちの優しさと彼らの終わり。市川拓司作品特有の、不器用で世界と馴染めない男性と、彼を理解する素晴らし...続きを読む
  • ねえ、委員長
    まだ若い男の子と女の子の間の淡い気持ちを描いた3つの短編集。彼らの気持ちがどんなに近くても、まだ世界に逆らう力のない子どもだから、無残に引き裂かれてしまうのが悲しかった。ハッピーエンドの香りを残して終わってほっとした。
  • ぼくが発達障害だからできたこと
    「だから君たちも僕のようにがんばれ」という旨の記述が、これっぽっちも出てこないのがいい。生きづらくて苦しんでいる者にとって、そういう上から目線が一番の地雷だということを、著者はちゃんと分かっているんだろう。
  • そのときは彼によろしく
    住み込み希望で働きに来た謎の美女、今付き合っている彼女、かつての親友と初恋の女の子。
    現在と過去の美しい思い出が交互に挿入されて物語が進んでいきます。

    中盤に美女の正体や他の登場人物の関係もわかってきますが、なぜか彼女は秘密を抱えているようで・・・。
    そして終盤、ついに想いを打ち明けた二人の甘くて...続きを読む

特集