いま、会いにゆきます

いま、会いにゆきます

作者名 :
通常価格 627円 (570円+税)
紙の本 [参考] 628円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

感動の大ベストセラー、待望の電子化!タイトルの意味を知ったとき、その言葉に込められた強く切ない思いに、きっと涙すると思います。「おはよう」とか「おやすみ」とか「行ってらっしゃい」とか、そんなささやかな日常にこそ幸福はある。「愛してる」と言える人がいるだけで人はこんなにも幸福になれる。そういうシンプルな真実をファンタジックな物語に仕立て、単行本刊行時には「感涙度100%」と評された傑作恋愛小説です。未読の方はぜひこの機会に読んでみてください。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
小学館
ページ数
432ページ
電子版発売日
2011年03月18日
紙の本の発売
2007年11月
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB
  • 映画化

    「Be With You ~いま、会いにゆきます」

    2019年4月5日公開
    出演:ソ・ジソブ、ソン・イェジン、キム・ジファ

関連タグ:

いま、会いにゆきます のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年03月07日

    とても胸がキューってなる純愛小説でした。紡がれる文章もとても優しく美しいですね。頭の中で様々な場面がとても色鮮やかに再生されました。切ない話であることは読み始めてすぐに気付きましたが、悲しいだけの話ではなく、一緒にときめいたし、大いに暖かい愛情を感じられました。とても自然に感情移入しやすかったですね...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月30日

    映画を先に観ました。とてもよく練られた物語であり原作にもとても興味がわいたことから手にしました。
    読んでみて、全体のストーリーは変わらないものの随分と受ける印象が異なることに驚きました。文章でのみ勝負しなければならない本という媒体と、映像と音楽で表現する映画とでは有効な表現方法は当然違ってくるのだと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月13日

    この作品を読むと、本当に人を愛することはどういうことかがわかる気がします。本当の幸せとは何か、人に尽くすということはどういうことか。生きる意味は何か。
    わたしは、この作品に登場する、澪に勇気をもらいました。本気の恋をしている女性に特におすすめの作品だと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月02日

    読んでいて浮かぶ映像美が、悲しく美しいストーリーを彩ります。そんなことあってほしいなって、少し思っちゃいました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月26日

    読み始めてすぐ、これ前にDVD見たやつだと思い出しました。しかし、ストーリーが分かってても、良いものは良いですね。この優しさあふれる世界はすごい好きです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年07月13日

    「恋愛写真」、「そのときは彼によろしく」を読んでいたので、今さらながら次はこれだろうと満を持して本作を読んだが、期待以上だった。
    映画は観ていない。

    会話のやりとりが、瑞々しく、そしてドキドキとして読ませる。上質な感じ。匂いや感情が伝わってくるよう。

    過去を語る中で二人の関係を明らかにしていく手...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年09月28日

    「きみの隣はいごこちがよかったです。ありがとう」秋穂巧
    「幸福とは、きみの隣にいること」秋穂巧
    「いま、会いにゆきます。」榎田澪

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月02日

    理想の家族像です。ここまで好きになれるのかという気持ちになれます。タイトルの意味がわかった時に、ぞくぞくして涙が出ました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年02月28日

    私が初めて読んだ、市川拓司さんの本。
    温かくて優しくて……切なくもあって、

    とても心に残る一冊です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年07月24日

    なんて言ったらいいんだろう。
    こんな小さなコミュニティーのなかでこんなにも平和に、幸せに人生を歩むことができるんだなぁって思いました。
    ただただ多くの人と繋がることが必要とされているなか、三人の一途さがとっても羨ましかったです。
    こんな出会いを果たせた人は今、どれだけいるんだろう?
    なにが本当の幸せ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています