【感想・ネタバレ】いま、会いにゆきますのレビュー

ユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

Posted by ブクログ 2021年05月21日

雨の季節になると毎年読み返す、大好きな1冊です。

こんなにも不器用な愛がいとおしい。
涙なしには読めません!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年03月14日

某歌舞伎俳優と某人気女優を結婚に導いた(?)、有名な映画の原作。
主題歌も売れに売れた。

物語のあらすじは
若くして奥さん(澪)を亡くし、6歳の息子と2人暮らしになった主人公。
しかし亡くなる前に澪は「雨の降る季節になったら、様子を見に来る」と言っていた。
そして雨の降るある日、彼女は本当に目の前...続きを読むに現れた…。
というもの。
そこには確かにSFというかファンタジーの香りが満載で、
現実的ではない。
しかし、この物語のメインテーマを考えたとき、
リアルであるかどうかは全く関係が無いのである。

(ネタバレ)
最終的に、主人公は2度も澪を失うと言う非常につらい状況に置かれる。
彼自身、普通の人達よりも精神が過敏(病気のせいである)である為に
尋常じゃない喪失感であるはず。
余りにも悲しい。
しかし、それでも2回同じ相手に対して恋をし、
愛情を確かめ合えたのはやはり幸せだったのであろう。
2人の気持ちが純粋で、切なくなる。

という事で満点。泣いたし。


このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年11月25日

小学生の頃映画になり興味がわき読んでボロ泣きした小説でした。
何回も何回も読み返しました。
別れる時の子供の言葉が健気です。
僕の一途な思いも彼女の覚悟もいいなと、

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年11月16日

初めて読んだのが学生時代だったけど、
その時は読んで号泣した覚えがある。

大人になった今、改めて読んだら感想も変わるのだろうか??

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年03月07日

とても胸がキューってなる純愛小説でした。紡がれる文章もとても優しく美しいですね。頭の中で様々な場面がとても色鮮やかに再生されました。切ない話であることは読み始めてすぐに気付きましたが、悲しいだけの話ではなく、一緒にときめいたし、大いに暖かい愛情を感じられました。とても自然に感情移入しやすかったですね...続きを読む。後半の展開が巧く、主人公の二人の切なる胸中が乗り移ってきたかのようにとても胸が詰まりました。幸せの形は本当に人によって色々だけれども、この二人にとっては代えがたい幸せだったと思いたい。とても素敵な作品でした。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年11月30日

映画を先に観ました。とてもよく練られた物語であり原作にもとても興味がわいたことから手にしました。
読んでみて、全体のストーリーは変わらないものの随分と受ける印象が異なることに驚きました。文章でのみ勝負しなければならない本という媒体と、映像と音楽で表現する映画とでは有効な表現方法は当然違ってくるのだと...続きを読む思いますが、この本では映画よりもそれぞれの登場人物の個性をより強調しているように感じました。読む人それぞれかとは思いますが私には巧の病気のことが強調されすぎに感じたのと澪がダンスのインストラクターという設定も読者の想像の飛躍をわざわざ抑えてしまっているように感じました。また、少し細々とした設定が登場しすぎとも感じる部分やバイクが出てきたり、性的な描写があったりと映画を先に観た目からは異物感を感じる部分が多々ありました。これに対して映画はそういった雑味を可能な限り取り去って、巧と澪、そして佑司の3人に極端に焦点を集めた分、密度と洗練度が増し、作品としての純度がぐんと高まった感があります。好みの問題かもしれませんが、私は映画の澄み切った世界観に心を持っていかれたこともあり、映画が断然好きです。
ただ、原作のほのぼのとした雰囲気のある世界観もこれはこれで巧と澪の関係を少し角度を変えて見ることができるので読んでとても良かったです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年02月13日

この作品を読むと、本当に人を愛することはどういうことかがわかる気がします。本当の幸せとは何か、人に尽くすということはどういうことか。生きる意味は何か。
わたしは、この作品に登場する、澪に勇気をもらいました。本気の恋をしている女性に特におすすめの作品だと思います。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年02月02日

読んでいて浮かぶ映像美が、悲しく美しいストーリーを彩ります。そんなことあってほしいなって、少し思っちゃいました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年08月26日

読み始めてすぐ、これ前にDVD見たやつだと思い出しました。しかし、ストーリーが分かってても、良いものは良いですね。この優しさあふれる世界はすごい好きです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年07月13日

「恋愛写真」、「そのときは彼によろしく」を読んでいたので、今さらながら次はこれだろうと満を持して本作を読んだが、期待以上だった。
映画は観ていない。

会話のやりとりが、瑞々しく、そしてドキドキとして読ませる。上質な感じ。匂いや感情が伝わってくるよう。

過去を語る中で二人の関係を明らかにしていく手...続きを読む法も心地いい。

実は幽霊ではなくある秘密があったのだが、それは最後まで読んでのお楽しみ。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2015年02月06日

名前につられて買った本なんだけど、すっごくよかった~!
これって映画化されてたのねぇ。知らなかった。

読み始めたときに、
『本』って感覚がなくって、まるで『絵本』を読んでるような気がしたのよ。
殺伐としたストーリーの本が多い世の中で
すごくキレイな感じがしたのよね。

ストーリーは、
奥さんを亡く...続きを読むして1年。体も精神も不具合が生じてる男が、6才の息子と小さな町で暮らしてるんだけど、あるとき、二人は町はずれの森で、死んだはずの澪と出会う。。。
ってお話。

すごく可哀想で泣きたくなったんだけど、
すごく心が暖まって、
自分の心が浄化されるような純粋なストーリーだったぁ~。
こういう本、読んだことなかったから、読み終わった後は
なんだかジーンとしてしばらく考えちゃった。
もう、なんの本もこの後に読みたくないって感じ。


これはお薦め。
いい本に出会ったな~。って心の底から思える本。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

泣き

みくるん 2018年02月26日

映画以上に感動

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年10月10日

映画をむかし観たような記憶があったわけだけど、いまさらながら原作も読んでみた。面白かった。
だだ、「セカチュー」しかり、映画に比べると原作は正直色気がないというか、エンタメ色が若干よわいというか、それなりに感動するけどちょっと物足りない印象だったなあ。

梅雨の時期だけ亡き妻がかえってくる。よくよく...続きを読む考えると結構怖い。というか、なんで梅雨の時期なんだっけ?なんか梅雨じゃないといけないエピソードがあった?僕が適当に読み飛ばしているだけなんだろうか

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年04月19日

いつもの週末、散歩に出かけた町はずれの森で、父と子二人に訪れた奇跡。
再び巡ってきた雨の季節。
市川拓司作品は初めて読みました。
感動の恋愛小説です。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年12月15日

★4 雨の季節に最愛の妻を亡くした父子のもとにおとずれた奇跡を描いた話。綺麗な文章と心温まるファンタジーな世界観に終始引き込まれた。“死んだ人が還ってくる”というありきたりなな話かと思ったけど、とにかく純愛で…儚くて…切ない恋愛小説でありながら、終盤に明かされるどんでん返しなラストにはビックリした。...続きを読む題名『いま、会いにゆきます』の真意がわかった瞬間、一気に感動が押し寄せる感じが凄い。よくセカチューと比較されるらしいけど、個人的には泣き所とオチが分かりやすい本作の方が推せるかな。有名な映画版も観てみたい。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年04月11日

大好きだった妻の澪が亡くなって一年、身体にさまざまな不具合を抱えた巧みは小さな司法書士事務所に勤めながら、六歳になる息子の佑司とひっそりと暮らしていた。
再び巡ってきた雨の季節の終末、いつもどおりの散歩に出かけた町はずれの森で、父子に奇跡が訪れる。

この物語は素敵な恋愛小説。
そして、同時に素敵な...続きを読む家族の小説。
この物語がとても温かく、優しいのは、たくさんの温かな言葉で溢れているから。

ありがとう。
おはよう。
おやすみなさい。
美味しいよ。
元気だよ。
またね。

なんでもない、あたりまえの、ありふれた言葉の数々。
でも、大好きな人と交わすだけで日常はとてもきらきらと輝きだす。
その言葉をあたりまえのように交わすことができることを――巧も澪も佑司もとても慈しみ、いとおしく思っている。
だから、この物語は読む人の胸に温かなあかりを灯すのだ。

僕は巧が好きだ。
彼の身体はたくさんの不具合を抱えていて、健康な人と比べたら弱く、頼りない存在のように見えるかもしれないけれど、この物語を読んだ人なら誰でも、巧よりも強い人はそうはいないってわかると思う。
優しいってことと、強いってことは全然違うようで、とてもよく似ているんだと思った。

僕は澪が好きだ。
自分のつらい未来を知りながら、それでも後悔しない生き方を選ぶことができる彼女はとても素敵だと思う。
生涯でただ一度の恋をするように神様につくられた女の子は、その恋をまっとうし、そして最高の贈り物を神様からもらった。
澪にアーカイブ星に戻ってなんかほしくなかったけれど…でも、彼女の選んだ道はとても素敵だと僕は思った。

僕は佑司が好きだ。
すこしとぼけたイングランドの王子様。
澪でなくとも、抱きしめたくなるような愛らしいぼうや。澪と巧の宝物。
彼がこの世に生きていることが、澪がいたという証だから、いつまでも佑司は佑司らしく、いてほしいと思う。

澪と巧は出逢い、恋に落ち、そして分かれ、再び出逢ってまた恋に落ちた。
きっと、何度繰り返されても、彼らは彼らを見つけ、そして恋に落ちるのだろう。
何度やり直しの機会が与えられたとしても、彼らはまったく同じ道を迷うことなく選ぶのだろう。

たとえば、こんな想像をしたことがある。
僕がある日、いっさいがっさいの記憶を失ったとする。
そしたら、僕の部屋にある本棚は僕にとって宝の山だ。だって、そこにあるのは間違いなく、全部、僕が面白いはずの本ばかりなんだもの。
僕が僕でなくならない限り、僕が自分の本棚の本たちをつまらないと思うことはない。
澪と巧だって、彼らが彼らである限り、必ず互いを好きになる。
そして、僕はそんな彼らがちょっとだけ羨ましいと思う。
恋愛ははじめましてのころが結構、楽しい。
自分をもっと好きになってほしいと思うし、相手のことをもっともっと好きになりたいと思う。
そんなドキドキをまたイチからはじめられるなんて、ちょっと素敵なことじゃないかなあ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年03月16日

純粋な、純愛な爽やかなストーリーです。
昔にみた映画の予告で、亡くなった奥さんが蘇るファンタジーもの、というイメージしかありませんでした。タイトルそのままで。でも、そんな単純な話しでもなく、よくできた物語でした。
40代中年でも十分楽しめましたが、トゲもなく純粋無垢な内容なので、中高生におすすめ、と...続きを読むいった感じでしょうか。
映画の評価も高いようなので、いずれ見てみたいと思います。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年03月14日

題名の意味を一番最後に納得できる、繊細で心が動かされるストーリー。
感情移入してしまうととても悲しく切なくなってしまい、パートナーや家族を大切に今をしっかり生きようという気持ちにさせてくれる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年02月20日

ビューウィックが出てきた時の感動。
そのときは彼によろしく とのつながり。
そして市川拓司の世界観。
どれをとっても素晴らしい。
切ないけど楽しくて幸せで
たくさんの感情で読める1冊。
どんな時でも「今」を噛みしめながら生きてゆきたい
と思った。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年12月17日

不具合を抱えた巧と、1年前に先立ってしまった妻の澪、そして一人息子の佑司の、愛溢れる感動の物語。
何気ない日々の生活が実はとても幸せなコトで、そんな日々を大切にしなきゃ…と思わせてくれる1冊。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年12月23日

日常生活で少し支障のある夫(巧)と、幼い子供、それから1年前に亡くなった妻(澪)が雨の季節に戻ってきて6週間だけ再び一緒に過ごす家族的な恋愛小説。

最初から中盤にかけては、なんとも話がスローなテンポなので、やや退屈気味だが、澪が秘密を知ったあたりくらいから、お別れの日を意識し始めて、物語が面白くな...続きを読むっていく感じ。

息子と澪が最後の方でかわす、さようならや息子からの謝罪の気持ち(誤解だが)は涙が出る。最後の澪の手紙はやっぱり涙もの。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ購入済み

ゆき 2017年05月11日

帰る日、6週間過ごした澪自信の存在や記憶が無いことになってしまうのかと思っていたら、
これまでの結婚生活は、その6週間もあった上での澪だったって分かったら、良かった…って何だか余計に切なくなりました。

ずっと一緒にいようってお互いがどんなに願っても、澪は若いうちに旅立ってしまった。
それで...続きを読むも、あなたの隣で良かった、幸福だったって一生懸命伝えようとする二人に何度も涙をこらえました。(電車の中でした 笑)

でも、そんなに「好き、愛してる」なんて大胆に言えるのはお互いが大切な人を失ってしまったからこそなんですよね。

設定は非現実的ですが、先に旅立たれ残された人の多くが望むであろう展開で、その心情の過程に多くを学びました。

映画は見てませんが、この原作を読むだけで十分だと感じます。
以前に他作品で、後に映画を見て、内容が残念だったために原作のイメージもが上書きされてしまったので。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年12月03日

いい!!

日々の疲れた日常を癒やしてくれる、そんな物語。
めちゃくちゃ面白い、というわけでもなく
超感動した、にもチョット届かないけど
じんわりと心に染みてきます。

ラストのネタばらしの部分も、まーそんなあたりかと
無理のない展開で、なんとなく納得。
何となく読んでみるかにはベストな一冊。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年05月15日

映画も見たけど、こっちのゲンサクノホウガい。最後のオチ、かなり予想をうらぎるもので、これはこれでなかなか良いと思う。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年11月29日

とてもきれいなお話。
雨降りの少し曇ったガラス越しに物語を見ているよう。

泥臭い感じのお話が好きな私には物足りないが、
キレイなお話をこの人には、もってこい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年12月22日

◯全く本を読む気がせず、生きている心地もしない中、ロマンチックさが足りないと言われて、友人に勧められた本。
◯映画にもなったという、ひとえに絵本のようなお話。語り口も柔らかく、誰にでも読みやすくしているのかなと思う。
◯自分のように捻くれた人間では、素直に良いところ見出せないまま、文章の同じところを...続きを読む何度も何度も読み直してしまった。勧めてくれた人や本に申し訳ないと思った。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年06月17日

不器用で問題をたくさん抱えているぼく「たっくん」と、若くして亡くなった妻「澪」。
梅雨から雨の季節が終わるまでの、愛情がある、そして別れが切ない、奇跡の6週間の小説でした。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年03月07日

読み始めてから半分以上グイグイと読める読める。
なんとなく自分の大事な人が頭をよぎりながら、この世界にのめり込めた、のは終わる直前まで。
急に現実に戻って時間の進み方がわからなくなって、他のサイトであらすじを復習。。
とても純な世界に素直にさせられるも、なんとなくしっくり終わらなかったのは、やはり現...続きを読む実ばかりを見てしまうからでしょうか。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年01月09日

先日読んだ市川先生の本の文章がとても心地良く、何か別の本を読んでみたいと思っていたところに会社の方から貸して頂いた。

何というか、文章が本当に綺麗で、心地よい。

声の出ない犬は、前回の作品にも出てきていたが、
何か著者の思いがあるのかなぁ??

今回のストーリーについては、自分にはちょっと感情移...続きを読む入しにくく、
読みにく感じた為★★★。

でもこの先生の文章は好みだなぁ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年04月27日

この主人公は発達障害なのかな。
本人の気持ち、困り感が、リアルでした。

全く想定していなかったので
これを獅童と竹内結子がやったんだんと
もっとトレンディ系というか
セカチューみたいな感じで読み始めたので、
かなり衝撃でした。

が、もっとこの「困り感」を前面に出して
今ドラマなんかでやったら
...続きを読むいのではないかなと思います。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2014年08月17日

映画だけ観たことがありましたが、知人の薦めで初めて原作を読みました。
最愛の妻を亡くした父と息子。雨の季節に訪れた奇跡の物語。
亡くした妻が記憶を失った状態で突然現れてから、失ったはずの幸せな毎日を恐る恐る、でも大切に守ろうとする父子。
この作家さんの作品は初めてでしたが、短い言葉のやりとりが多様さ...続きを読むれ、独特の間というか雰囲気が創りだされるのが印象的でした。絵本を読んでいるような清潔で無垢な気持ちになる。
正直、映画に多用される愛する人と死に分かたれる悲劇系の物語は個人的に大変苦手で嫌厭していたのですが、切ないながらも父子のキャラクターやほほえましい会話の数々によってか読後感は悪くありませんでした。
また、あらわれた妻の失われた記憶とふたりのなれそめに関する真相の描かれ方も素敵でした。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年05月13日

なんだかわからないけれど、切なくて、和やかで、悲しい読後感だった。
映画化されて映像を先に見てしまったこともあり、原作のイメージが違うように感じてしまったけれど、家族って良いなとしみじみ思えた。

このレビューは参考になりましたか?

「小説」ランキング