「大槻ケンヂ」おすすめ作品一覧

「大槻ケンヂ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:大槻ケンヂ(オオツキケンヂ)
  • 生年月日:1966年
  • 出身地:日本 / 東京都

82年ロックバンド「筋肉少女帯」ボーカルとしてデビュー。その後もロックバンド「特撮」でも活動。その特異なキャラクターは音楽だけにとどまらず、映画、テレビ、小説やエッセイなど多岐にわたる分野で人気を集める。「くるぐる使い」「のの子の復讐ジグジグ」で2年連続で星雲賞を受賞。また『グミ・チョコレート・パイン』シリーズのほか『ロッキン・ホース・バレリーナ』『縫製人間ヌイグルマー』(以上、KADOKAWA)など著書多数。

作品一覧

2018/10/01更新

ユーザーレビュー

  • グミ・チョコレート・パイン グミ編
    まだ「グミ編」しか読んでないのですが・・・、これはきっとまたしても大傑作に違いない!!

    「グミ編」は、これから何かが起きる、大きく展開していく、というところで終わっていて、次への期待が非常に大きいです。はやく「チョコ編」「パイン編」が読みたい!!

    ・・・しかし5000回はやりすぎだと思います...続きを読む
  • ロッキン・ホース・バレリーナ
    大槻ケンヂの本は例外なく傑作だ。
    ・・・が、しかし、この本は「傑作」ではなく「大傑作」だと思います!!

    大槻ケンヂってミュージシャンなのに、視覚的にも非常にすぐれていると思う。読んでいて情景が目に浮かぶようです。

    いろいろな読み方ができると思うけど、自分は「許しと再生」というのを読み取りま...続きを読む
  • 人生で大切なことはオカルトとプロレスが教えてくれた
     プロレス好きとして最後の拠り所は「確かに八百長と言われても仕方ない部分はあるが、彼らが真剣に戦えば世界最強なんだ」。ところが、異種格闘技ブームで「どうやらそうでもないらしい」とヘナヘナ腰砕け。矢尽き刀折れた。
     オカルトも同じ。「どうも怪しい。でも好きなんだ」という気持ちは譲れない。
     その昔、ス...続きを読む
  • グミ・チョコレート・パイン グミ編
    まず、簡単に感想を書けるようなレベルの本じゃないと思った。

    もちろん純文学ではない。
    どちらかというとエンタメ小説、大衆小説だと思う。
    でも、アートだと思う。

    下らないことがたくさん書いてある。無駄な言葉の垂れ流しにも見える。(前半にオナニーという言葉がどれだけ出てきたことか、ギネス認定される数...続きを読む
  • いつか春の日のどっかの町へ
    始まり方と終わり方がすごく好き。
    文章の造りがほんとうに上手で、"少しだけしゃべるギター"とか、今までの話の伏線を本当に綺麗にまとめてあって、完璧にすきです。タイトルも、表紙も、いいなあ。
    というか、もう、大槻ケンヂさんの文章の書き方がツボ。思っていたよりも暗い話は多かったけれど、新宿渋谷しんじゅく...続きを読む

特集