井上夢人の一覧

「井上夢人」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:井上夢人(イノウエユメヒト)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1950年12月09日
  • 出身地:日本 / 福岡県
  • 職業:作家

1982年『焦茶色のパステル』でデビュー。同作は江戸川乱歩賞を受賞。『ダレカガナカニイル…』や『あわせ鏡に飛び込んで』などの作品を手がける。代表作『2040年のメリークリスマス』などテレビドラマ化される。

作品一覧

2020/10/23更新

ユーザーレビュー

  • オルファクトグラム(下)
    犬とか動物はこんな感じで毎日を生きてるのかなって
    少しながら体感できた気がする。
    人体の不思議がテーマなのにあんまりそんな感じがしない、SFと現実のミステリーがうまく重なってて良かった。
    上巻下巻と長かったけどあっという間でした。
  • ラバー・ソウル
    恐ろしく優しくて切ない物語だと思った。
    正直あまり集中が続くほうではないのでこの分厚さに少し抵抗があった。しかし、いざ読んでみると驚くほどあっさり読み切ってしまい、ただただ驚いていた。読み終わってしばらくは鳥肌が立っておさまらなかった。直ぐに読み返し、飛ばし飛ばし違和感を抱いたところに戻り、最後のパ...続きを読む
  • ラバー・ソウル
    8割は「ただのストーカーの物語やん。」と思ってちょっと苦痛だった。
    ラストの急展開は胸をすくものがある。この結末のための苦痛かと思った。
  • ラバー・ソウル

    文庫で678頁の長編小説、友達に貰って読んだ本。

    読んでいて気分が悪くなる長編を、耐えて耐えて耐えた後の、最後の40頁のどんでん返しが凄すぎました。本当にその発想はなかった、という感じです。

    途中までは本当に本当に気持ち悪いストーカーの話で、どう決着するんだろう、捕まって終わりかなと思っていた...続きを読む
  • おかしな二人
    井上夢人さんは、日本を代表するミステリ作家、岡嶋二人の片割れだ。
    本書は、著者が岡嶋二人として過ごした日々を描いたエッセイである。

    僕はこれほど赤裸々に書かれたエッセイを他には知らない。非常に稀有なエッセイだと思う。
    ページ数も多く、内容が盛り沢山なせいもあるが、一読した後にも何度も拾い読みを繰り...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!