「小阪裕司」おすすめ作品一覧

「小阪裕司」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/03/04更新

ユーザーレビュー

  • 価値創造の思考法
    ・心豊かにする商品はただ棚に置いておくだけでは売れないが、あれこれ考えて、店頭でその価値を伝えるとよくれる。
    ・消費者の関心は品質要件だけではなく、健康要件、そして倫理要件といったところにまで広がっている。
    ・個人志向から社会志向へ、利己主義から利他主義へ。私有主義から、シェア志向へ。ブランド志向か...続きを読む
  • 「心の時代」にモノを売る方法 変わりゆく消費者の欲求とビジネスの未来
    歴史や本のことを智の宝庫と言う事もあるけど、この本に書かれていることを「智の宝庫」、つまり「知識」として知るだけではもったいないし、知るだけなら過去にも似た本があったことでしょう。一度自分の体内に吸収したうえで消化してどんな知恵をアウトプットできるか、「知識から知恵」への変換を意識して読んでみると面...続きを読む
  • 「買いたい!」のスイッチを押す方法 消費者の心と行動を読み解く
    お客様の購買意欲を喚起するのは「言い訳→良い訳」が重要。情報の働きかけによってお客様にとって「良い未来が想像できるか」がポイント。情報はストーリー性があり、引き込まれるようなものである必要がある。
    という内容を、体系立て、且つ豊富な事例でわかりやすく解説してくれる。マーケティングの基本は、お客様に「...続きを読む
  • 価値創造の思考法
    面白かった。

    データと情報の違いなんて考えたことがなかった。

    対象の言語化や概念化が重要。

    行動には理由=動機が必要。

    DMやPopを作るのは、何のためか? 送った相手にどういった行動をとって欲しいのかを考えるのが大事。直接的なイベントへの集客ということだけではなく、集まったお客様が、長期的...続きを読む
  • 価値創造の思考法
    いわゆる「著者買い」した本。書名にはあまりピンと来なかったのだが、小阪裕司氏の本ならば読んでおこう、と購入してあったもの。
    一読し、大変に参考になった。いや、これから実践に活かさなければ、という意味では、大いに「参考になりそう」と表現すべきか。
    以前から、「マーケティングというもののあり方が変わって...続きを読む