「内田昌之」おすすめ作品一覧

「内田昌之」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2017/08/31更新

ユーザーレビュー

  • 老人と宇宙
    SF小説に特有の世界観の把握や
    専門用語の理解にほとんど戸惑うことなく
    物語に入っていけた。

    非常に読みやすく、取っ付きの悪さはない。

    人にオススメしやすいSF小説。
  • 宇宙の戦士〔新訳版〕
    本気で入隊するつもりはなかった主人公が地球連邦軍に入隊し、機動歩兵部隊でパワードスーツ身を包みバグと呼ばれる異星人と戦っていくことになる、ジュブナイル。

    「ガンダムのルーツを新訳で」という安彦良和氏の帯が付いていた。
  • 老人と宇宙
    老人が兵士になる設定が面白い。読む前は、よぼよぼの爺さん婆さんが腰痛や高血圧に悩みながら戦うのかなと思っていたけど、違いました。でもこの兵士として仕立て上げる技術は、戦争に使わなければとてもいいのではないかと思った。高齢者の活躍の場を広げることになるし、そもそも介護の必要もない。あっ、でも兵士の場合...続きを読む
  • 宇宙の戦士〔新訳版〕
     本書のキモはパワードスーツ。1977年の文庫化の際に宮武一貴のデザインで加藤直之がイラストを書いたのが『機動戦士ガンダム』を皮切りに日本のアニメに大きな影響を与えた。内田昌之による新訳ではその加藤直之がふたたび表紙絵を描き、さらには解説でそのころの思い出を語っている。
     よって、解説でハインライン...続きを読む
  • 言語都市
     言語学の教科書では、まず言語名称目録観の否定、なんてことが書いてある。言語は実際の事物の名前のカタログではないということである。言語と事物が一対一対応することはなく、言語は言語で独自のシステムを形成しており、言語と事物は恣意的に結びつけられている。〈林檎〉が「リンゴ」と呼ばれるのはまったく何の必然...続きを読む

特集