脇明子の一覧

「脇明子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/04/18更新

お姫さまとゴブリンの物語
  • ブラウザ試し読み

鏡の国のアリス
  • ブラウザ試し読み

かるいお姫さま
  • ブラウザ試し読み

カーディとお姫さまの物語
  • ブラウザ試し読み

北風のうしろの国
  • ブラウザ試し読み

小公子
  • ブラウザ試し読み

小公女
  • ブラウザ試し読み

不思議の国のアリス
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 小公女
    秘密の花園がおもしろかったから、他の作品もと思ったら、小公女もこの作者だった。アニメ見てた。懐かしい。けど、かわいそうな女の子の話という、うっすらした記憶だけ。
    本は、秘密の花園と同じく、情景描写、心の描写がとても細やかで、物語の中に入りこめて楽しかった。空想と誇りを武器に生き抜くといえば、一言だけ...続きを読む
  • 不思議の国のアリス
    出てくる動物が、どれもこれも可愛くない!けれど、読み終わると不思議と面白かったなぁという心持ちにさせられます。英語のまま読んだ方が、詩の遊びをもっと感じられるような気がしました。不思議な世界。理不尽なのになんとなく理屈が通ってるようなよく分からなさが面白かったです。テニエルの絵は本当に素敵!
  • 小公女
    これまでどんなどの翻訳よりもわかりやすかった。
    滑らかで流れるような文体は清水真砂子さんの翻訳を彷彿させる。
    伊藤整さんの翻訳ではほんの少し思い違いをしてしまっていたような部分も「ああ、こういう意味だったの!」と得心がいった。
    特にラスト、ミンチンに、貧しくなっても公女さま気取りだったと罵倒された際...続きを読む
  • 小公女
    小公女セーラはアニメで見てストーリーは知っていましたが、書籍を読んだのは初めてです。
    物語は20世紀初頭ロンドンの寄宿生学校に、父親から宝物のように大切にされた女子が入学し、父の死、貧しさに襲われるが決して誇りを無くさないまさに小さな公女様スピリットをもったセーラ。
    これ、なんでもっと早くに読んで...続きを読む
  • 小公子
    いまだ未読だった名作児童文学を今さらながらに読んでみるシリーズ①(笑)。

    子供の頃に放映されてたハウス食品の世界名作劇場シリーズに、「小公子セディ」というのがあったなぁ、と思い出して手に取った1冊。

    最高。
    名作。
    傑作。

    セドリックってば、絵にかいたようにパーフェクトな少年!

    こんな完璧な...続きを読む