「中原圭介」おすすめ作品一覧

「中原圭介」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:中原圭介(ナカハラケイスケ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1970年
  • 出身地:日本 / 茨城県
  • 職業:ファイナンシャルプランナー

慶応大学文学部卒。著書に『金融危機で失った資産を取り戻す方法』、『仕手株でしっかり儲ける投資術』、『中原圭介の資産運用塾』などがある。

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2018/04/19更新

ユーザーレビュー

  • 日本の国難 2020年からの賃金・雇用・企業
     特に印象に残ったのは、将来的にはAI+ロボット化の進展により、医者さえも淘汰の対象になるという点。第四次産業革命がそれ以前の技術革命とは異なり、労働者を必要としないという事は、ほかの文献でも見聞きしていた。しかし、医者まで淘汰されるとは、盲点だった。
     人が人(生身の労働者)を必要としない、そんな...続きを読む
  • 未来予測の超プロが教える本質を見極める勉強法
    自分の読書の範囲が本当に狭い。95%が技術書。残りの5%は話題になった本。
    技術書も範囲が狭い。フロントエンドとサーバー関連の本だけ。
    これから、いろいろなジャンルの本と新聞をたくさん読んでインプットする情報量を増やしたいと思う。
    それに加えて、インプットした情報の背景、影響、結びつきを考えて、分析...続きを読む
  • 石油とマネーの新・世界覇権図
    中国とアメリカと中東の国際関係と経済について、わかりやすく解説している。
    イスラム教のシーア派とスンニ派との関係については、紀元前からの歴史を紐解いて教えてくれる。
    語り口もクールでニュートラル。
  • シェール革命後の世界勢力図
    前半でのエネルギーコスト低下によるアメリカ経済の優位性から、中盤ではデフレでも成長できるという主張にはいるが、世に蔓延るデフレ=悪という風潮への攻撃に妙に熱が入っているように思える。
    それはそれとして、内容は非常に論理的であり、まさしく筆者の見通すとおりに世の中が動いて行きそうな気もするが、この本で...続きを読む
  • 2025年の世界予測
    これまで持っていた視点とは違う角度から今後の世界を予測しているようで、面白かったです。
    話はわかりやすく、たいへん納得できました。
    シェール革命が引き金となり、日本経済は再度復活できそうな気がしてきました。もちろん、社会保障制度や定年延長など行政がちゃんと危機感を持って動いてくれる事が前提ですが。
    ...続きを読む

特集