アベノミクスの不都合な真実 インフレ救国論の罠、デフレ悪玉論の嘘

アベノミクスの不都合な真実 インフレ救国論の罠、デフレ悪玉論の嘘

作者名 :
通常価格 1,430円 (1,300円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

インフレを人為的に起こし、デフレ脱却を図るアベノミクスは、一見成功しているように映る。しかし必ず大きなゆり戻しが来る! その先に待っているのは超格差社会だ。米国サブプライム危機や欧州債務危機を予見したカリスマエコノミストの警告!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経済
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川書店単行本
電子版発売日
2013年08月09日
紙の本の発売
2013年07月
サイズ(目安)
3MB

関連タグ:

アベノミクスの不都合な真実 インフレ救国論の罠、デフレ悪玉論の嘘 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2014年08月01日

    現状のアベノミクスの問題を様々な点からついており、全く同感です。ある程度の結果が出てくる、来年が怖いですよ!

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2015年11月17日

    アベノミクスのインフレターゲットによる景気の回復を鵜呑みにしてはいけないことは分かったが、著者の論理も鵜呑みにできないほど、根拠がしっかりと記されていない。
    結局、テレビ番組で適当な意見を言う解説者と変わらない。
    単なる親米でしかない。


    15/11/16 再読。

    デフレ脱却を景気回復のポイント...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています