【感想・ネタバレ】日本の国難 2020年からの賃金・雇用・企業 のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2018年11月10日

世界を視野に経済を説明する、グローバル時代のエコノミスト ようやく巡り会えた
異常な金融緩和が世界経済を好況にしているが、積み上がる債務は持続可能ではない現実
世界経済は、米国の消費拡大、それはローン急増による クルマ・クレジット・学生
中国の対米輸出拡大 世界からの輸入拡大 日本もこの恩恵
米国経...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月13日

 特に印象に残ったのは、将来的にはAI+ロボット化の進展により、医者さえも淘汰の対象になるという点。第四次産業革命がそれ以前の技術革命とは異なり、労働者を必要としないという事は、ほかの文献でも見聞きしていた。しかし、医者まで淘汰されるとは、盲点だった。
 人が人(生身の労働者)を必要としない、そんな...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年05月26日

文字通り、日本の今後を見据えた一冊。

冷静に現状分析をし、基本的には悲観的ながらも、その中で解決策を見出す姿勢は勉強になった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月01日

世界と日本のここ20年ぐらいの経済分析、これからやってくる数年~十年ぐらいの経済状況と、数十年にわたっての日本の未来の予測、その対策について冷静に述べられています。特に、雇用や所得に対してAIとITの組合せがもたらしてきた、そして今後もたらすだろう影響について警鐘が鳴らされています。これからはAIや...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年08月11日

自分が抱いていた疑問にマッチしていた。 お金をジャブジャブにしたらお金の価値は下がるだけで、株価が上がっても儲けるのは資産家だけ。トリクルダウンなんて起きないことはもう明らか。なのにまだリフレをやってるなんて理解不能。 社会的にも格差が広がって不寛容社会、〇〇ファースト、になってきたのではないか。 ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年06月24日

・アメリカ人の借金総額はリーマンショック時を超えて過去最高水準。
・過去最低水準の低金利が要因となり借入が増加。但し、金利が上昇すると、延滞率増加→消費減少→景気低迷となる可能性高い。

・日本経済停滞の主因は少子高齢化。長年にわたり少子化問題の解決を先送りしてきたツケが回ってきている。
・毎年40...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年08月28日

金融緩和、債務問題、労働数と上場企業株価は比例しない、といった現在の世界経済を整理するのには良かった。
結局、技術革命により労働集約型ビジネスに株式市場は興味がなく、少数の人数で利益をつくる企業に魅力を感じる。Nが利くビジネス。
結果、特定の人が儲かるシステムなのだと改めて感じる。
一方で、人口増加...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年02月11日

どこかで勧められてたから読んでみたけど、目新しいこと書いて無いですね。
コマツの事例は地方再生の好例ですが、こういうことできる企業がいくつあんのかとか、できて20としても救われる自治体は20ってことでしょ。切り札にならないよなぁと。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年01月22日

中国の電気自動車メーカーは、今後再編が進み、比亜汽車(BYD)をはじめとする数社の大手企業が誕生し、先進国のメーカーと互角以上の競争をするようになるかもしれない。

日本で2013~15年の実質賃金が大きく下落し、2014~16年の個人消費を減少させた理由は、円安が進行して輸入品の価格が上昇したため...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年11月20日

日本の近未来について、人口動態、労働分配率、物価あたりを題材に論じている。

・少子化の影響から現役世代の負担が増加し、実質賃金低下の原因となっている。
・近代化以降労働分配率は低下の一途。RPA、AIにより更に下がる見通し。結果失業増加を予想。
・円安による物価上昇は、実質賃金マイナスよういんとな...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年11月01日

少子高齢化などにより日本の近未来が大変なことになることを、データや統計を駆使して説明する本。技術革新によって雇用に悪影響が出ることも指摘している。まあ、そういうことなのだろう。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年08月10日

未来を考えると憂鬱に為るが、正視しなければ。いつはじけてもおかしくない借金バブル、30年前からわかっていた少子化、イノベーションと生産性の向上が失業者を増やし、トヨタは東芝化するかも。長期的に、増税、円高は間違いない。地方創生でコマツを見習え!という内容。概ね同意だが、トヨタのところだけは おいおい...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年07月01日

絶望的な未来を前に自分が何をできるか考えてみたものの、無力な自分にできることなどほとんんどない。こどもをあと何人か産むくらいかもしれない。それとて非常にハードルが高い。
なぜ子どもを産みたいと思わないのだろうか?
子どもを三人産んだとしても、社会的地位がすごく上がるわけではない。子どもを三人以上産み...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年06月03日

著者の主張には同意できる部分が多いものの、経済誌などでの記事で充分という内容が多い。また、一般ウケを狙いすぎたためか、インフレ・デフレ、円高・円安の功罪について単純化し過ぎている嫌いがある。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年04月28日

数字的に理論つくられた。

国際教養大学を利用して社会人の再教育の場と
就業機会を提供するビジネスは有効だと考えて
いたが教育機関だから公益でないといけないと
返答があると言う。

日本は落ちぶれていくと思う。
大学のゼミで規制緩和がテーマだった。
バブル崩壊後インターネットがどうなるか不明
だった...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?