「佐野洋子」おすすめ作品一覧

「佐野洋子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/08/12更新

ユーザーレビュー

  • 100万回生きたねこ
    深すぎるストーリーでした。
    愛を知らずに生き続けることより、愛を知って死ぬことの方が幸せ、ということなんでしょうか?
    わかったような気持ちになっているだけだと思いますが。
    素晴らしい、名作だと思いました。
  • 100万回生きたねこ
    絵本って子供向けと思いがちですが、これは、子供も、大人も、誰しもが読める本ですね。子供よりも大人の方が、感じ入るものがあるのではないでしょうか。
    また、猫好きの人向けでもないです。あらゆる人類向け。
    愛を知ることが人生の全て。愛を知らない人生は渇いていて、満たされることはない。愛する人の死は、この上...続きを読む
  • 死ぬ気まんまん
    佐野洋子の本はどれも好きだけどこれは特に好き。死を前にしてこの炸裂ぶり。死にざまは生きざまだと思う。佐野さんはどっちも本当にかっこいい。

    −−−−−−

    “私は利口ではないが、すごく馬鹿というわけでもないと思っていた。しかし、私は今度生まれたら「バカな美人」になりたい。この間、鏡で顔を見て、「あん...続きを読む
  • 100万回生きたねこ
    この本の存在を知ったのは、10代の頃。某連続ドラマの一場面で、主演の男性が(いしだ壱成だったか堂本剛だったか?)ヒロインにプレゼントとして贈っていたのがこの絵本だった。表紙絵とタイトルが印象に残った。なんかちょっと、オシャレだな、と思った。

    初めて読んだのは、22~23歳の頃。小学生が書いた読書感...続きを読む
  • おじさんのかさ
    序盤の、「かさがぬれるからです」も、後半のポンポロロン、ピッチャンチャンもたのしい。おじさんの表情もよい。