小島慶子の一覧

「小島慶子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

NEW
屈折万歳!
880円(税込)

作品一覧

2020/09/24更新

ユーザーレビュー

  • 人生論 あなたは酢ダコが好きか嫌いか ~女二人の手紙のやりとり~

    目から酢ダコが落ちる名著です

    人生論。酢ダコ。手紙のやりとり。こりゃ、ナンジャラホイ? と首を傾げつつも、思わず手に取らせたのは、なんといっても佐藤愛子と小島慶子の組み合わせの妙であろう。装丁からして真面目、というより面白さを狙った本であることは推察できるが、にしても、である。

    さてさて、年齢差が50歳もあるという二人がど...続きを読む
  • 仕事と子育てが大変すぎてリアルに泣いているママたちへ!
    2人の子どもの母である小島慶子さんが、6年にわたり綴ってきた子育てのエッセイ。妻の役割、夫の役割、子どもとの関係、そして仕事を巡る小島さんの喜びや苦しみ、葛藤が手に取るように伝わります。多様でいい、悩んでいい、たくさんの励ましをもらえます。
  • 仕事と子育てが大変すぎてリアルに泣いているママたちへ!
    心に響く言葉がたくさん散らばっていた。
    「子はかすがい」という言葉をすごく重く納得感を持って感じた。同じ人を心底愛するという経験、それを共有できるという経験は本当に貴重なこと。
    子どもの、「みてみて!」は時に鬱陶しくもあるけれど、それが信頼の証だと思うと涙が出そうになった。ずっと子どものいちばんでい...続きを読む
  • わたしの神様
    女子アナの世界ってドロドロしてるんでしょ?の期待を全く裏切らない、むしろ期待以上のドロドロが詰まっていた。。。

    メインの登場人物は3人の女子アナで、ただ三者三様にそれぞれの人間が形作られただけの周りの環境や過去がある。
    日本の社会が男社会だからこそ、"女子アナ"と言う言葉が生まれたんだろうと書かれ...続きを読む
  • ホライズン
    ところどころは私も似たところを持つ、不完全で感情移入はいずれも等しくできない女性たちの物語。
    ある国に暮らす日本人女性たちの狭い世間の話であるのに不思議なほどの広がりがあり、こちらを運んでいく力強いうねりがある。
    小島慶子氏にはもっと小説を書いてほしい。