だって、女子だもん!!:雨宮まみ対談集

だって、女子だもん!!:雨宮まみ対談集

作者名 :
通常価格 1,100円 (1,000円+税)
紙の本 [参考] 1,430円 (税込)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

全国のこじらせ女子の心をわしづかみにした、雨宮まみの第二作。
もてあましたくなる「女子」を語らせたら、この人!という5人を迎えての対談集。
雨宮まみ+5人の女性が語る「こじらせ女子の幸せ」とは!?

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
ポット出版
ページ数
208ページ
電子版発売日
2013年11月01日
紙の本の発売
2012年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

だって、女子だもん!!:雨宮まみ対談集 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年06月22日

    女性が語る「女性性」がこんなにもおもしろいとは!「こじらせ女子」という語彙の発見が、おもしろい対談を生んだのは間違いない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年04月18日

    凄い面白かった!特に小島慶子さんの章は何度もうなってしまった。「女はレースをしたがる」という解釈には、なるほど!とパーっと眼前が一瞬明るくなりました。
    改めて、女とはそういう生き物なのだ、と再認識。これからもレースに参加する事なく、うまくこじらせ過ぎずに生きて行こうと思った一冊。おかざき真里さん、湯...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月06日

    昔は、恋愛したら結婚したらこじらせは治るものと信じてたけど、
    ……結婚しても、な お ら な い!
    処方箋は、どこにあるの!??まじで!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年12月04日

    雨宮まみさんが大好きな作家のおかざき真理先生と対談だなんて読むしかない!!!
    と思って買った本だったんですが、全員との対談がすごく面白くて・・・!大好きな本になりました!
    本の内容的には仕事と恋愛のバランスのことや子育て結婚のことも書かれてて、きっと自分が年を重ねればこの問題にぶつかるんだろうなって...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年11月05日

    サプリの人はあまり知らなかったんだけど、雨宮さんに能町さん峰さん、さらに小島慶子さん湯山玲子さんと人選がすばらしすぎるので買いました。
    能町さん峰さんの項で共感し、小島さん湯山さんの項で至言を得まくる。
    最近は女性の生き方の本をよく読んでるな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年04月22日

    2018.4.22

    雨宮まみの「だって女子だもん」を読んでめちゃくちゃ学ぶことが多かった
    全部メモしてしまった↓
    能町みね子
    ・付き合ったとき彼女キャラになる(自分が思う女の子らしい言動をやってみること)のが気持ち悪すぎるから結局あんまり楽しくなくてその人と一緒にいるのがつらくなってきてっていう悪...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年03月28日

    峰さんと能町さんとの対談が、雨宮さんと目線が同じくらいで面白かった。
    他3名はどちらかというと先輩的な立場なので、ちょっと鼻につくところもあったり。
    湯山玲子は初めて触れたけど、アラサーからすると興味深い。今後少し読んでみようと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月31日

     わたしは間違いなく「こじらせ女子」です。

     そしてこじらせ女子カーストの中で下から2番目だと思います。
     「一応性の対象としては見てもらえる位置」と言いますか。

     今年の総括というか、大きな出来事として、
     6年以上付き合った彼氏と別れたことが挙げられます。

     別れたというか、
     「別れませ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年01月12日

    ところどころ名言がたくさんあって、一気に読めてしまった。「Charaってあらためてすごく良いよね」っていうのが印象に残った。自分の少女性や女性性を否定するでもなく、けれど一般的な女性らしい服装とか表現にすり寄るわけでもなく。私も10代の頃から憧れだった/おかざき真里さんの「男の人ってもれなく母親が理...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年12月26日

    インタビューというよりは、対談ですね。
    こじらせているという実感があったけれど、これを読んで確信に変わり。
    とはいえ、ここまででは。という猛者の話もあって、楽しめました。
    若い女の特権みたいなものを使おうと思えば使えたかもしれないのに、意地を張ってというか、そんなものは私にはないとか邪道だとか正しく...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています