「小宮一慶」おすすめ作品一覧

「小宮一慶」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:小宮一慶(コミヤカズヨシ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1957年
  • 出身地:日本 / 大阪府
  • 職業:コンサルタント

京都大学法学部卒。経営コンサルタント。『ビジネスマンのための「発見力」養成講座』、『「1秒!」で財務諸表を読む方法―仕事に使える会計知識が身につく本』、『どんな時代もサバイバルする人の「時間力」養成講座』など数多くの著書がある。

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2018/10/30更新

ユーザーレビュー

  • ビジネスマンのための「読書力」養成講座 小宮流 頭をよくする読書法
    2つのポイントが重要。
    1.参照しながら読む。
    2.イマジネーションを働かせ関連づけながら読む。

    速読
    これでは頭がよくならない。
    速読は情報を得る読み方であり、論理的思考力を身に付けるものではない。
    速読とは要点の拾い読み。
    あらかじめ自分が知りたいことが分かっている人が、それを手に入れる手段。...続きを読む
  • ビジネスマンのための「読書力」養成講座 小宮流 頭をよくする読書法
    1.速読2.通読レベル13.通読レベル24.熟読5.重読今の自分の特許に関する実務能力は、特許法概説を熟読したことによって養われている気がする。効果は実感済み。
  • どんな時代もサバイバルする会社の「社長力」養成講座
    社長には、経営という独立した仕事がある。企業の方向付け、資金の最適配分、人を動かすこと。ととして、会社経営という視点から、本当の意味での「お客様第1主義」を説く本です。言われてみると、当たり前のことなんですが、目から鱗連発でした。今の私(40代)には本当に為になる本でした。
  • 日経新聞の数字がわかる本 「景気指標」から経済が見える
    月曜日経の「景気指標」の読み方。

    統計情報の間に関係性を見出して、自分で経済を読み解く。月曜の新聞は、ニュースが少ないので、あまり注目していなかったが、この本によって、月曜が楽しみになる。

    指標の定義も、知らなかったことが多く、ためになる。

    ビジネスマンとして、差をつけるにはもってこいの情報だ...続きを読む
  • 図解「ROEって何?」という人のための経営指標の教科書
    『決算書はここだけ読もう』と並んで、とても良い。
    必要以上に詳しくはない、しかし十分腹落ち感がある。

    内容はROEに限らず、経営指標に関して大事なことアレコレなので、若干釣りタイトル気味。

    ※新書版『ROEって何?』の加筆版だそうです。

特集