「羽生善治」おすすめ作品一覧

「羽生善治」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:羽生善治(ハブヨシハル)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1970年09月27日
  • 出身地:日本 / 埼玉県
  • 職業:棋士

東京都立上野高等学校通信制卒。著書に『羽生の頭脳』シリーズ、『羽生の法則』シリーズ、『大局観 自分と闘って負けない心』などがある。将棋棋士。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

NEW
文藝春秋2018年11月号

作品一覧

2018/10/10更新

ユーザーレビュー

  • 人間の未来 AIの未来
    ジャンルは異なりますが、それぞれのジャンルで超一流のお二人がAIをテーマに語りつくした一冊。
    一般論として、一流の専門家の方は、専門の領域での知識は当然のことながら専門外の領域でも実にいろいろなことをご存知であるというようなことをどこかで聞いたことがあるのですが、今回のお二人はまさにそのケースが該当...続きを読む
  • 人間の未来 AIの未来
    「え!羽生さんてそんなことまで知ってんの!?」「将棋ってそうなの!?」「iPS細胞ってそんな感じでできちゃったの!?」とか、AIとかiPS細胞とか興味ある人にはめちゃくちゃ面白いし知的好奇心満たされる対話だなぁと思いました。
  • 人工知能の核心
    あの羽生善治が直々に、人工知能について語る本。

    人工知能の一般書としては完璧な仕上がり。

    例えと表現が非常にうまく、素人の僕でさえ、理解することができた。

    特に、人工知能に対する羽生さん自身のお考えも素晴らしく、人工知能の脅威を感じさせないポジティブな考えだった。

    しかも、人工知能の仕組みま...続きを読む
  • 続・僕たちが何者でもなかった頃の話をしよう
    やはり面白かったのは池田理代子先生。
    まさか 47歳で音大声楽科に入学していたとは知りませんでした!それも40歳で思い立ち 45歳まで悩んで
    2年かかって合格!!受かることが天才だとは思うのですが
    やりぬく力は素晴らしいです 見習いたい
  • 勝負師と冒険家―常識にとらわれない「問題解決」のヒント
    真剣に生きている大人の対談。読むとパワーとやる気が出てくる。
    騎士道と武士道。植村直巳。
    天女水。心を整える、明るくカラッと晴れ上がった心境になるという目標は簡単な言葉でとても難しいことだ。
    白石さんから入ってこの本を読んだが、羽生さんにもとても共感をもった。

    2018.8.28

特集