羽生善治の一覧

「羽生善治」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:羽生善治(ハブヨシハル)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1970年09月27日
  • 出身地:日本 / 埼玉県
  • 職業:棋士

東京都立上野高等学校通信制卒。著書に『羽生の頭脳』シリーズ、『羽生の法則』シリーズ、『大局観 自分と闘って負けない心』などがある。将棋棋士。

値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

文藝春秋2021年12月号
NEW
880円(税込)

作品一覧

2021/11/10更新

ユーザーレビュー

  • 人間の未来 AIの未来
    山中伸弥先生の名前につられて購入しましたが、予想外にも羽生さんの知識の深さに驚きました。

    特にAIについてのお話は面白かったです。
    確かに対人のみの練習よりも、自分の都合に合わせてくれるAIの方が数をこなすには適しています。
    私は将棋は打てませんが、AIの棋譜には流動的な思考というものを感じにくい...続きを読む
  • 決断力
    洗練された直感の7割は正しい。その境地にたどり着くまでにいかほどの鍛錬がいるのか?天才という言葉では語り得ぬほどの功績を残してきた羽生善治九段の思考の一端を見れた
  • 決断力
    良書。当代きっての第一人者が、これまで歩んできた中で苦労されてきたことがつづられている。

    ■まず自分の頭で考える

    ■情報は「選ぶ」より「いかに捨てるか」が重要

    ■一回でも実践してみると、頭の中だけで考えていたことの何倍もの「学び」がある。

    ■勉強法のプロセスは今も昔もかわらない。
    ①アイデア...続きを読む
  • 僕たちが何者でもなかった頃の話をしよう
    未だに何かを成し遂げたこともなく、周りを見て焦っていました。その中で、「上手くいかなくても大丈夫」ということを訴えてくれる本を探していました。読んでみて、勇気をもらえる本なので、良かったです。特に大学生は絶対読んだ方が良いと思います。全員面白かったですが、山極壽一先生のゴリラの話が面白くて、動物園に...続きを読む
  • 僕たちが何者でもなかった頃の話をしよう
    先に読んだ続編もそうそうたる人たちだったけど、本書はそれを上回るような山中伸弥、羽生善治、是枝裕和、山極壽一というすごい面々。ま、男性ばかりという点では、女性と男性が2人ずつだった続編のほうがバランス的にいいけどね。
    もともとは永田和宏さんが教鞭をとる京都産業大学で学生向けに開いた講演会を本にしたも...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!