「羽生善治」おすすめ作品一覧

「羽生善治」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:羽生善治(ハブヨシハル)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1970年09月27日
  • 出身地:日本 / 埼玉県
  • 職業:棋士

東京都立上野高等学校通信制卒。著書に『羽生の頭脳』シリーズ、『羽生の法則』シリーズ、『大局観 自分と闘って負けない心』などがある。将棋棋士。

配信予定・最新刊

NEW
文藝春秋2018年2月号

作品一覧

2018/01/10更新

ユーザーレビュー

  • 人工知能の核心
    人工知能(AI)ってなに? ディープラーニングってなに?という初心者におすすめの1冊。
    ある程度、AIに携わったことのある人にとっては、レビューを見ると物足りないらしいです。

    本著は、AIやディープラーニングの仕組みを分かりやすく例を挙げて解説しているので、とてもわかり易いです。

    さらに、AIは...続きを読む
  • 僕たちが何者でもなかった頃の話をしよう
    現代の様々な分野でのスターたちが大学生たちを前に講演する若き頃の話。登場するのはノーベル化学賞の山中伸弥、棋士の羽生善治、映画監督の是枝裕和、京大総長の‎山極壽一。

    彼らは学生たちにとってあこがれの偉人だが、手の届かない別世界の住人ではない。彼らにも「何者でもなかった」無名の時代があった。そのとき...続きを読む
  • 決断力
    言わずと知れた将棋棋士の、羽生善治氏による本。彼が日々どう将棋に向き合っているのか、若いころと今と何が変わったのか、将棋だけでなく力を発揮するために必要な能力は何か、といった内容に対する彼の見解が述べられている。
    彼の謙虚でまじめな人柄がよく伝わってくる。
    彼自身が伝えたいことがあるというよりは、出...続きを読む
  • 自分の頭で考えるということ
    前人未踏の「7冠」、そして最近は長く「3冠」を保持の羽生善治棋士、先般王位を菅井竜也棋士に奪われ現在「2冠」、王座戦も中村太一棋士に1勝2敗で後がない状態。王座戦頑張って欲しいです。そして何より竜王戦の挑戦者、今月から渡辺竜王との戦いが。期待しています!「自分の頭で考えること」、2010.9発行、茂...続きを読む
  • 僕たちが何者でもなかった頃の話をしよう
    久しぶりに良い新書に出会えた。
    様々な分野の先生方、誰でも名前を知っているような方々がどうやってそうなっていったか、「何者でもなかった頃」が見えるようだった。
    確かに元々持っていたセンスはあるのかもしれないけど、そういった方でも道を迷いながら、それでも興味を追求して今があるのだと思った。
    私も人生に...続きを読む

特集