獅子文六の一覧

「獅子文六」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/08/12更新

ユーザーレビュー

  • 断髪女中 ──獅子文六短篇集 モダンガール篇
    とても良かった。
    辛い日々に、背中を押してくれた感謝の一冊。
    獅子文六を初めて読みましたが、この本は女性がテーマになっていて、若い女性は強く、そしてお婆ちゃんは非常に乙女で可愛い。
    女中は志願するものであるのかな?
    今や、妻や娘を女中扱いする馬鹿旦那が山程増加する世の中、まあ読んでくれと言っても読ま...続きを読む
  • 娘と私
    GWを利用してやっと読み切れた!

    獅子文六にハマって約2年。ちくま文庫で近年復刊された作品を読み漁り、評伝や企画展などで彼の生涯を知ったうえで、今だ、と思って読み始めた私小説「娘と私」。

    タイトル通り、娘とのエピソードが中心なのかなと思ったら、2番目の妻を迎え3人家族となった文六一家と、戦中〜戦...続きを読む
  • コーヒーと恋愛
    坂井モエ子 女優 43歳。8歳年下の夫塔之本勉が、19歳の新人女優丹野アンナの元へ去ろうとする所から物語が始まるのだが、ストーリー展開が実に面白い。
    「可否会」というコーヒー愛好家たちの集まりに登場するオジサンたちのやり取りがまた面白くて、真面目なのか不真面目なのか、ユーモアのセンスも抜群です。
    ...続きを読む
  • やっさもっさ
    近年再評価される獅子文六。故郷横浜を舞台に戦後の復興期、混血児の孤児院を舞台に繰り広げられるドタバタ劇。

    巻末の筆者自らの解説も含め横浜愛に溢れた作品。関東大震災と529横浜大空襲。東京よりも洒落た町だった時代もあったという横浜だが東京に差をつけられる。

    戦後の占領期。米軍兵士と娼婦。残された混...続きを読む
  • コーヒーと恋愛
    コーヒーを淹れる名手である脇役女優、坂井モエ子と8歳年下の夫勉ちゃん、恋敵アンナちゃん、コーヒー道を極めんとする菅さんと、色々な登場人物の織りなす恋愛模様が書かれている。
    登場人物がみんな魅力的で驚く。恋敵のアンナちゃんなんて嫌われてもおかしくないような配置なのに悪い子じゃないのよ。野心家で強くてす...続きを読む