「瀬木比呂志」おすすめ作品一覧

  • 作者名:瀬木比呂志(セギヒロシ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1954年
  • 出身地:日本 / 愛知県
  • 職業:裁判官、大学教授

東京大学法学部卒。『民事訴訟の本質と諸相: 市民のための裁判をめざして』などの作品を手がける。

作品一覧

2016/10/28更新

ユーザーレビュー

  • ニッポンの裁判

    絶望の裁判所も読みましたが、こちらの方が、よりインパクトがあり、問題を的確に提示していると感じました。特に、127ページで取り上げられている名誉毀損訴訟の統制については、表現の自由を擁護する立場から、私も問題意識を持ち続けてました。65ページからの冤罪問題も然り。広く読まれるべき本です。

    Posted by ブクログ

  • 絶望の裁判所

    良心に基づいた裁判官が排除される厳格な支配体制は、聞きしに勝る。上りつめるか退官を決意すれば果敢な判断ができるという精神的「収容所群島」だというのは、わかりやすい比喩だった。
    裁判官から大学に転身した筆者によると、今世紀に入って腐敗が進んだそうで、良心を発揮しようと裁判官を志した友人達の現在が心配に...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 黒い巨塔 最高裁判所

    全体に面白かった。
    アイとの会話は村上春樹を思わせる。文体が裁判官っぽいが、プロットの良さで読ませている。
    エピローグは絶対に要らない。食後にとてもまずいデザートを食べた気分だ。
    あとは、非業界人にどこまで受けるのか?ってところが判断しかねる。

    Posted by ブクログ

特集