【感想・ネタバレ】蛍は明日死ぬ のレビュー

書店員のおすすめ

聴色の髪に赤いピアス、猫目で口元にほくろがあって、ちょっとビッチだけど本当はすごく寂しがり――ある小説の主人公の少女「蛍」にずっと恋をしている男子高校生・浅田。彼の目の前に「蛍」にそっくりな男子生徒・二宮が現れ、衝動的に告白してしまい、2人は付き合うことに。見た目だけじゃなく、好きな食べ物もちょっとビッチな振る舞いも「蛍」そのものの二宮。溺れるようにして、「蛍」すぎる二宮にハマっていく浅田ですが……。

浅田の告白をきっかけに付き合い始めた2人は、まるで盛りのついた猫のように互いを求め合います。同級生の男子なのに、年上のお姉さんのようなエロさと包容力を兼ね備えた二宮。こんな男子高校生がいたらマジで人生狂わされます……。
その面影を追い求め続けていた「蛍」を手に入れて有頂天な浅田ですが、クラスメイトの大野と一緒にいるときの二宮が、自分の前で見せたことのない愛おしむような笑顔を浮かべているのを目撃してショックを受けます。二宮の本当の気持ちはどこにあるのか、どうして「蛍」は死んでしまうのか――その理由はコミックスで見届けてください。

本作がデビュー作の斉川冬先生。この画力に、文学性漂う世界観を描ききる筆力……。読み終わった瞬間から次回作が楽しみになってしまいます。総員、次作まで全裸待機せよ!!!!

ユーザーレビュー

ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年06月08日

一冊まるごと表題作。
蛍って誰やねん…てことでつかみもキャラも曖昧で最初は読みづらかったけど、話が複雑になって二転三転していくうちにすっかり夢中になってしまった。攻めと大野くん似てるし…と思ってたことすらまさかのふく線だったとは…濡れ場描写はそれほどでもないけどシーンは多め(笑)ビッチ受け苦手でも最...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年08月18日

小説の女性「蛍」に恋する高校生。そっくりな顔と出会うが男の子で。蛍に重ねていたはずが本気で好きになりー…ってところまではよくあるパターン。じつは主人公を好きで蛍の真似をしていたっていうのも想定内。でも当て馬くんの存在と使い方がとても良かった!受の本性とかヤバいヤバい。可愛い過ぎか!

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ購入済み

画力はすごいです

サクラネコ 2019年06月01日

ある小説の中の女のコ(蛍という名前)に取り憑かれた主人公が、蛍と似た女のコばかり付き合ってダメになって、蛍に似た男の子と出会い付き合い始めるが、実はその男の子は前からその主人公が好きで、蛍の真似をしてまで近づいたのだった、というストーリーです。絵は綺麗だし、内容も文句なしなのですが、主人公が拘る蛍の...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

まや 2019年06月04日

世界観だけが先走っていた感じがします。

このレビューは参考になりましたか?