【感想・ネタバレ】ずうのめ人形のレビュー

ユーザーレビュー

ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年08月22日

映画『来る』か面白かったので続編を、ということで読みました。ホラーミステリといっているだけあって所々にはってあった伏線を一気に回収する謎解きが面白いです。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年07月22日

伝統的だが巧みなミスリードが、本作「ずうのめ人形」の恐ろしさを加速させる。

また、「リング」をはじめとする「呪いが感染・伝播していくホラー作品」たちの文脈をしっかりと受け継ぎつつも、自身が表現したいものを確立化している構成は、著者のホラーへの想いを形としたと言ってもいいだろう。
簡単にホラー好きと...続きを読む言っても言い表せない著者の凄みを感じさせる傑作である。

また、これはシリーズ前作の「ぼぎわんが、来る」からも感じられていたことだが、本作の怪異は、じっとりとした湿度のある恐ろしさを持ちつつも、積極性のある派手な恐ろしさを持ち合わせている。
この怪異の描写へのスタンスは、
国際化がすすむ世界において、日本が獲得している、または獲得しようとしている、多文化が入り乱れる混沌とした魅力と似通っており、本作は日本における現代ホラーの代表作と言っても過言ではない。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年06月11日

新入社員歓迎会の時、ホラー話のあと
「この話を聞いた人は~」と切り出されて、飲みかけのビールを上司に吹きかけたことがあります…。

それはさておき…

めちゃくちゃおもしろかった!
不審死を遂げたライターに関係すると思われる謎の原稿。
読んだ人は呪い殺されるという「ずうのめ人形」の話。
読んだものに...続きを読むしか見えない喪服のずうのめ人形が日に日に近づいて…。呪いをとく方法を探して藤間、先輩ライターの野崎、その婚約者の比嘉真琴は奔走するが…。

読めば引き込まれていく澤村伊智ワールド。
ラストまでどうなるのかドキドキしたよ。

でもって、●波さん~!!
もごもご…(ここから先は言えない…)

次の作品を読むのが楽しみすぎる~!!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年05月15日

怖かった!面白かった!
澤村作品は映像的で、読みながら視線が巧みに誘導されて行く感じが読んでて気持ちいい。
家族と孤独、2つのの主題が大きくなったり小さくなったりしながら謎の核心に辿り着くミステリ・エンタメ性も良い。
「ぼぎわんが、来る」と同じように映像化してほしい。
こういう暗闇が怖くなるようなホ...続きを読むラーをもっと読みたい!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年05月04日

どんでん返し×2回あって面白かった
誤字じゃなかったのかってまた最初から読み直したくなる
ぼぎわんもだけど今作も本来怖いのは怪物より人の悪意だと考えさせられる

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

yamada0039 2019年11月27日

なるべく中立的な考え方をするように生きてきたつもりだったが、自分が固定観念をもって生きてきたんだなと実感した。見事に引っ掛かってしまいました。
比嘉姉妹シリーズの新刊が読みたい。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

過去の過ち

タスケン 2019年09月28日

過去の過ちを想起させられた。自覚はあったが、それ以上に最低でクズだった。
今もさして変わりはしないが、あまり多くを望まず生きることこそ報いなのかも知れない。良い自戒になりました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年07月21日

前作のぼぎわんが、来るよりも面白さがあった。リング世代のホラーがブームになっていたあの時代のフィルムが現代に蘇るような匂いを感じた。幽霊や呪いの怖さよりも、人間の業の深さがより一層ドロドロとしたものに書かれているのも臨場感を感じてドキドキしながら読み進めました。面白かったです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年07月19日

ぼぎわんに続いて2作目も。
聞くと死ぬと言われる『ずうのめ人形』の話と現実に起こる変死事件の話を交互に持ってくる事で、先を知りたい気持ちがより強くなって、ページをめくる手が止まらなくなり久しぶりに1日で一気に読んでしまった。
前作でも感じたが、この作家さんは描写がとてもうまくて、読んでいて映像として...続きを読む見えてくるから、より面白いしより怖い。
ずうのめ人形をリアルに想像できすぎて、しばらくはお風呂で目を閉じれなさそう。
ホラー要素と後半のミステリー要素が絶妙で、謎解きの感覚も楽しめた。
などらぎの首も早く読みたい。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年04月24日

前作の「ぼぎわん」より好き。
前作は現代要素を詰め込みすぎ、結局怪異の原因がよく分からない印象だったが、今回は焦点がはっきりしてて、読後の納得感があった。
叙述トリックと言うほどのものではないが、読者の先入観を利用したタネ明かしもあり、読んでてストンと落ちる感がある。
下敷きにしているリングも10年...続きを読むくらい前に読んでよかったですが、今作はこれの発展系といった感じ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年08月06日

"都市伝説"という題材はもちろん、これまでに至るところで扱われているありきたりなテーマではあるけれども、特に我々世代の読者にとっては変わらず強い誘引力を発揮することは確かだし、前作同様、筆運びは達者で、ホラーとして、そしてミステリーとしても充分興味を持って読んでいくことができるの...続きを読むだが、やはり如何せんラストの破壊力が不足しているというか。
そもそもが"怪異は存在する"という前提に立っているシリーズなので、立場を異にする京極堂シリーズと比べるのはフェアではないかもしれないが、例えば後者は結末に至るまできっちり理屈で片を付けているのに対し、今シリーズは半ばそれを放棄しているようにも感じられ、力業で捻じ伏せてしまっている印象を受ける。
奇しくも本作がモチーフの1つとして挙げている"怪異ありき"の「リング」シリーズは、そのあたりの説得力が凄かった。
人智を超えたバケモノが介在しているとしても、そこはそれなりの落としどころ、論理のまとめ方があるはずで、その点に関しては若干不満。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年05月15日

人形というだけで怖さ倍増だが、展開が読めなくてまさかの人物の正体に驚いた。
自分的には、ぼぎわんより面白かったな~。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年04月28日

ぼぎわんからの二作目。大筋はぼぎわんと同じ。呪いが追いかけてくる。ぼぎわんは姿が見えず、また身近な人になりきるという面で不気味さがあった。ずうのめは人形が迫ってくる。自分にしか見えないというのは嫌だなー。恐怖を共有できないのは。
作中に出てくる里穂の話はしんどかった。虐待受けてる子ってこんな生活して...続きを読むるのかなとか、同情する余地はかなりある。でも最後の展開では里穂の本性が見え、当事者はやはり自分が有利になるようにしか物事を見ないし、気付かないことに人間の怖さを知った。これはぼぎわんでもそうだったけど。
また、私は主人公に入り込んで物語を読み進めていくが、本に出てくる主人公は必ずしもいい人ではないからぞっとする。
里穂の怨念が呪いとなったという流れにするには少しその怨念が弱かったかも。(井原くんやゆかりちゃんをいじめてたから、怨念になる前に発散されてたんじゃない?)
最後の場面はぼぎわん同様頭の中で色鮮やかに再生されるほどで、全体的にスピード感もあり一気読み。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年04月25日

面白かった!
ホラーなんだけど、ミステリ要素も結構あって最後にいろんな部分が繋がる感じが良かった。
霊がばんばん出てくるわけではないので(ずっといるにはいるがじわじわと攻めてくる感じなので)ホラーとしてはそこまで怖くないかなぁとおもった。
ホラーが多少苦手な人でも読みやすいかと。

三津田信三が好き...続きを読むな人は好きな感じだなぁとおもったら、実際作者の方は三津田作品が好きらしくて納得。

前作、『ぼぎわんが、来る』は映画を観ただけなのでちゃんと今度読んでみたい。
続編も。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年04月13日

一作目とかわってミステリ感強い。
岩田くんは動かしやすそうなキャラと思ってたらこの扱いか!!

そして作者のホラー愛が痛いほど伝わってくる。次も読む。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年03月14日

都市伝説と呪いを扱った作品だけど、前回同様構成が上手い。ただ、前作とテイストが非常に似ているとも思うので、少し新鮮さは薄れてしまう。
ホラー好きとしてはあるあるなネタが多くて楽しかった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年02月17日

前作より怖かった!
最後の衝撃が強くて、もう一度、最初から色々なページを読み直してしまいました。
最後の最後も、気になるしなぁ…

本当に初めの方に、呪いは人が作ると書いてあって、その言葉にしみじみとした。何せもう、人が存在し始めた頃から、きっと呪いはあるのでしょうから。

笑いとホラーの裏には、必...続きを読むず哀しみが伴うものですね。
りぃちゃんも、可哀想だな。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年02月09日

前作『ぼぎわんが、来る』を見て、続編が気になり購入。

今作も相変わらず読みやすくて、現代と過去の状況がどんどんリンクし、続きが気になって気になって仕方なくて一気に読み終えてしまった。
映画『来る2』でも大丈夫な内容だと思う。ネタバレを含みそうなので、書きにくいがラストのシーンなどすごく映像映えしそ...続きを読むうな内容だと思う。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年01月28日

『ぼぎわんが、来る』の続編にあたる作品。
あるホラー小説を読むとその中に出てくる都市伝説の呪いを受けて4日後には無残な死を遂げる、というもの。
『リング』みたいな感じ、と思っていたらちゃんと『リング』についてしっかり語られていた。

小説を読んでしまって呪われた主人公がなんとか死を回避しようと奔走す...続きを読むる部分と、その問題の小説部分が交互に進んでいく形で、どちらの続きも気になってしまって読みだしたら止まらなかった!

やがて小説と現実がリンクして呪いの正体に迫るわけだけれど、ある人物の意外な正体や小説の主人公であり作者でもあった孤独な少女の隠されていた真実にゾクっとした。
人を呪わば穴二つ、どころかすごい結末をむかえたな…



野崎さん、ペンネームの由来コンビーフって…w

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年11月17日

怖い…すごく怖いんだけど、読むのを止められない。いろんな意味で。
鳥肌を立たせながら本を読みました。
構成がすごいです。おもしろいんです。
ホラー苦手で読むのが嫌だった私が、非常に怖い澤村伊智さんを読んでいるのが不思議です。
読んでみたらわかります。はまりますよ。比嘉姉妹シリーズ。

このレビューは参考になりましたか?