ずうのめ人形

ずうのめ人形

作者名 :
通常価格 836円 (760円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

オカルト雑誌で働く藤間が受け取った、とある原稿。読み進めていくと、作中に登場する人形が現実にも現れるようになり……。迫りくる死を防ぐために、呪いの原稿の謎を解け。新鋭が放つ最恐ミステリ!

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川ホラー文庫
電子版発売日
2018年07月24日
紙の本の発売
2018年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB
  • 映画化

    「来る」

    2018年12月7日公開
    出演:岡田准一、黒木華、小松菜奈

ずうのめ人形 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年06月11日

    新入社員歓迎会の時、ホラー話のあと
    「この話を聞いた人は~」と切り出されて、飲みかけのビールを上司に吹きかけたことがあります…。

    それはさておき…

    めちゃくちゃおもしろかった!
    不審死を遂げたライターに関係すると思われる謎の原稿。
    読んだ人は呪い殺されるという「ずうのめ人形」の話。
    読んだものに...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月15日

    怖かった!面白かった!
    澤村作品は映像的で、読みながら視線が巧みに誘導されて行く感じが読んでて気持ちいい。
    家族と孤独、2つのの主題が大きくなったり小さくなったりしながら謎の核心に辿り着くミステリ・エンタメ性も良い。
    「ぼぎわんが、来る」と同じように映像化してほしい。
    こういう暗闇が怖くなるようなホ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月04日

    どんでん返し×2回あって面白かった
    誤字じゃなかったのかってまた最初から読み直したくなる
    ぼぎわんもだけど今作も本来怖いのは怪物より人の悪意だと考えさせられる

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    yamada0039 2019年11月27日

    なるべく中立的な考え方をするように生きてきたつもりだったが、自分が固定観念をもって生きてきたんだなと実感した。見事に引っ掛かってしまいました。
    比嘉姉妹シリーズの新刊が読みたい。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    過去の過ち

    タスケン 2019年09月28日

    過去の過ちを想起させられた。自覚はあったが、それ以上に最低でクズだった。
    今もさして変わりはしないが、あまり多くを望まず生きることこそ報いなのかも知れない。良い自戒になりました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月21日

    前作のぼぎわんが、来るよりも面白さがあった。リング世代のホラーがブームになっていたあの時代のフィルムが現代に蘇るような匂いを感じた。幽霊や呪いの怖さよりも、人間の業の深さがより一層ドロドロとしたものに書かれているのも臨場感を感じてドキドキしながら読み進めました。面白かったです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月19日

    ぼぎわんに続いて2作目も。
    聞くと死ぬと言われる『ずうのめ人形』の話と現実に起こる変死事件の話を交互に持ってくる事で、先を知りたい気持ちがより強くなって、ページをめくる手が止まらなくなり久しぶりに1日で一気に読んでしまった。
    前作でも感じたが、この作家さんは描写がとてもうまくて、読んでいて映像として...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月10日

    比嘉姉妹二作目
    呪いにかかって人形が近づいてくるという不気味さがキモいぐらい気持ちいい。視界の隅に黒い服が見えるとか、道の真ん中にいるとか怖すぎ。
    現実と原稿の二つの物語が進行して、どちらも先が気になるから一気に読めます。寝不足です。楽しかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月15日

    人形というだけで怖さ倍増だが、展開が読めなくてまさかの人物の正体に驚いた。
    自分的には、ぼぎわんより面白かったな~。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月25日

    面白かった!
    ホラーなんだけど、ミステリ要素も結構あって最後にいろんな部分が繋がる感じが良かった。
    霊がばんばん出てくるわけではないので(ずっといるにはいるがじわじわと攻めてくる感じなので)ホラーとしてはそこまで怖くないかなぁとおもった。
    ホラーが多少苦手な人でも読みやすいかと。

    三津田信三が好き...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

比嘉姉妹シリーズ のシリーズ作品 1~4巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~4件目 / 4件
  • ぼぎわんが、来る
    748円(税込)
    映画化決定!!! 映画「来る」 監督:中島哲也 出演:岡田准一 黒木華 小松菜奈/松たか子/妻夫木聡 幸せな新婚生活を営んでいた田原秀樹の会社に、とある来訪者があった。取り次いだ後輩の伝言に戦慄する。それは生誕を目前にした娘・知紗の名前であった。正体不明の噛み傷を負った後輩は、入院先で憔悴してゆく。その後も秀樹の周囲に不審な電話やメールが届く。一連の怪異は、亡き祖父が恐れてい...
  • ずうのめ人形
    836円(税込)
    オカルト雑誌で働く藤間が受け取った、とある原稿。読み進めていくと、作中に登場する人形が現実にも現れるようになり……。迫りくる死を防ぐために、呪いの原稿の謎を解け。新鋭が放つ最恐ミステリ!
  • などらきの首
    704円(税込)
    父の遺した不動産で夜になると聞こえる「痛い、痛い」という謎の声。貸事務所の問題を解決するために、私は「ヒガマコト」という霊能者に依頼をするが……。比嘉姉妹シリーズ最新作にして初の短編集!
  • ししりばの家
    748円(税込)
    夫の転勤先の東京で、幼馴染の平岩と再会した果歩。しかし招かれた平岩家は不気味な砂が散る家だった。怪異の存在を訴える果歩に異常はないと断言する平岩。おかしいのはこの家か、それとも、わたしか――?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています