ししりばの家
  • 最新刊

ししりばの家

作者名 :
通常価格 748円 (680円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

夫の転勤先の東京で、幼馴染の平岩と再会した果歩。しかし招かれた平岩家は不気味な砂が散る家だった。怪異の存在を訴える果歩に異常はないと断言する平岩。おかしいのはこの家か、それとも、わたしか――?

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ホラー
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川ホラー文庫
電子版発売日
2020年01月23日
紙の本の発売
2020年01月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB
  • 映画化

    「来る」

    2018年12月7日公開
    出演:岡田准一、黒木華、小松菜奈

ししりばの家 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年02月11日

    このシリーズは面白い!最後お化けとの戦いになるけど、それでも面白い。
    主人公の比嘉琴子、最初の事件。琴子に人間臭さがあって親しみもあった。
    今回のエンディングは好きかも

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月06日

    ハードボイルドホラー小説(※一個人の感想です)
    ぼぎわん→ずうのめ→などらぎ→恐怖小説キリカ→今回のししりばの家、と澤村さんの本を読むのは5冊目です。
    家に沢山ある積読を差し置いて、発売日に購入、仕事、家事の合間に2日で読み終えてしまいました。
    澤村さんのお話は毎回出会ったことのない切り口や表現で最...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月23日

    琴子が霊能力を使うきっかけになった過去と、そのきっかけによって人生が狂ってしまった主人公
    いつもよりほんの少し、琴子に人間味があって好き

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月07日

    不気味な小説でした。じわ〜っと怖さが滲んでくるというか。色々な登場人物が出てくるけれど、おススメはお婆ちゃん。「大丈夫」ってそういう意味かよ〜!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月09日

    久しぶりの読書。
    映画『来る』が上映時に前作3作は読んでしまったので、文庫化を楽しみに待っていました。
    今作も声に出して読みたいような語感がいいタイトル。

    最初の前座みたいなエピソードでも充分恐ろしいのだが、それを上回る奇妙な恐ろしいお話でした。異質なものが普通に受け入れられることがあんなに恐ろし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月02日

    これを買ったら読まずにはいられなくて、読みかけだったほかの本をほっぽらかしてしまった。その時点でもう取り憑かれている(笑)。

    小学生の頃に誰かから「西洋の幽霊は建物に憑くけれど、日本の幽霊は人に憑く」と聞いたから、恨まれるようなことさえしなければ怖い目には遭わないのだと自分に思い込ませてきました。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月18日

    砂の積もる家。その家はどこかおかしい。おかしいはず。
    それはししりばの家。

    比嘉姉妹シリーズは、姉妹がちょっとずつ出てくるのがいいですね。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年01月25日

    さすがです。
    一話、一話は短編として読めるのに、最後に怒涛のおまとめ‼️

    あー、面白かった(^^)

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年08月24日

    いわゆるホラー題材・家もの。
    随所に過去ホラー作へのリスペクト、挑戦が見られる、ホラー好きとしては必読の一冊。
    怪異の有り様は結構システマチックで、どちらかというと洗脳?された「一家」の有り様が怖い。
    ただ、怪異がこの世の中の一種のプログラムとして描写されているのは、現代怪異の一つの形としては、そこ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年08月06日

    全2作より時代は遡り、真琴も野崎も登場しない、いわば"琴子の目覚め"の物語。
    "家"という、これまたホラーではこすり尽くされた題材に挑んだ作品ではあるが、変わらず高い筆力で、途中で手が止まらなくなってあれよあれよという間に読み終わる。
    覚醒前後の琴子の様子が語...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

比嘉姉妹シリーズ のシリーズ作品 1~4巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~4件目 / 4件
  • ぼぎわんが、来る
    748円(税込)
    映画化決定!!! 映画「来る」 監督:中島哲也 出演:岡田准一 黒木華 小松菜奈/松たか子/妻夫木聡 幸せな新婚生活を営んでいた田原秀樹の会社に、とある来訪者があった。取り次いだ後輩の伝言に戦慄する。それは生誕を目前にした娘・知紗の名前であった。正体不明の噛み傷を負った後輩は、入院先で憔悴してゆく。その後も秀樹の周囲に不審な電話やメールが届く。一連の怪異は、亡き祖父が恐れてい...
  • ずうのめ人形
    836円(税込)
    オカルト雑誌で働く藤間が受け取った、とある原稿。読み進めていくと、作中に登場する人形が現実にも現れるようになり……。迫りくる死を防ぐために、呪いの原稿の謎を解け。新鋭が放つ最恐ミステリ!
  • などらきの首
    704円(税込)
    父の遺した不動産で夜になると聞こえる「痛い、痛い」という謎の声。貸事務所の問題を解決するために、私は「ヒガマコト」という霊能者に依頼をするが……。比嘉姉妹シリーズ最新作にして初の短編集!
  • ししりばの家
    748円(税込)
    夫の転勤先の東京で、幼馴染の平岩と再会した果歩。しかし招かれた平岩家は不気味な砂が散る家だった。怪異の存在を訴える果歩に異常はないと断言する平岩。おかしいのはこの家か、それとも、わたしか――?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています