ししりばの家

ししりばの家

作者名 :
通常価格 748円 (680円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

夫の転勤先の東京で、幼馴染の平岩と再会した果歩。しかし招かれた平岩家は不気味な砂が散る家だった。怪異の存在を訴える果歩に異常はないと断言する平岩。おかしいのはこの家か、それとも、わたしか――?

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ホラー
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川ホラー文庫
シリーズ
比嘉姉妹シリーズ
電子版発売日
2020年01月23日
紙の本の発売
2020年01月
サイズ(目安)
2MB
  • 映画化

    「来る」

    2018年12月7日公開
    出演:岡田准一、黒木華、小松菜奈

    Posted by ブクログ 2021年12月27日

    いやーやっぱおもしろい!ホラーだけどそこまで怖くない、ミステリの要素もちょっとある、イヤ〜な感じもちょっとある、ホラー考察好きは多分好き、なよいエンタメ本だと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月09日

    比嘉姉妹シリーズの四作目。
    比嘉琴子の小学生時代に端を発する怪異に、成人してからの彼女が挑みます。
    このシリーズの特徴の一つとして、祓うべき怪異が「悪意」を持っていて狡猾であり、つまりかなり手強いってことがあげられると個人的には思ってます。
    本作の「ししりば」も、容赦なく圧倒的な手強さを示してくれて...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月27日

    面白すぎて一気読み。口の中がジャリジャリする。
    猫派のはずなのにワンコ〜〜〜!LOVE!!!!という気持ちになる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月18日

    相変わらずゾワゾワくる怖さ、、、「来る」を観て、ずうのめ人形を読んで3作目(?)だったけど、私の弱いところを突いてくる、、、ああ好き、、至って良心的で普通な登場人物が、ちょっとしたところで狂気を見せてきて信用できないの最高に怖い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月07日

    前作のぼぎわんとずうのめに比べると、怖さは1段落ちるような気も。しかし、物語の面白さは遜色ない。このシリーズの民俗学的な?要素が好きな人は好きだと思う。私もとても楽しめた。琴子さんの人間らしさも見られて比嘉姉妹ファンにとっても嬉しい作品。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月21日

    さすがの澤村伊智氏の作品。
    ぼぎわんが来るも面白かったけど、こちらも怖くて面白かった。
    正体不明の何か(ししりば)や、周りの関係者に起こる不可解な出来事が上手く組み合わさっていて、最初から最後まで物語に引き込まれました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年01月22日

    相変わらずの不気味なタイトルには、何故か惹かれてしまう。序盤から引き込まれて一気読み。
    比嘉姉妹(真琴は出でこなかったが)ファンには嬉しい内容でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年11月14日

    比嘉姉妹シリーズ第4弾!

    ホラーは、苦手なはずが、このシリーズはいける!やはり、比嘉姉妹という存在が、お化けと闘うというのがええのか?作者が大阪出身で関西弁が上手いのがええのか^^; 言葉だけですけど〜

    今度は、姉妹最強のお姉ちゃん琴子さんの話。時間軸は、ぼぎわんの前になるんかな?
    こんな怖い家...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月20日

    比嘉姉妹シリーズ第三弾♪

    夫の転勤先の東京で、幼馴染の平岩と再会した果歩。しかし招かれた平岩家は不気味な砂が散る家だった。怪異の存在を訴える果歩に異常はないと断言する平岩。おかしいのはこの家か、それとも、わたしか――?

    うーん?ゾワゾワと怖いし、面白かったんだけど、なんだか物足りない感じ?(^◇...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月22日

    比嘉姉妹シリーズ3作目を読ませて頂きました!
    今回は"家"と"砂"が登場してきますね~

    怖いです、砂まみれの家があったら(笑)
    誰だって入りたくないですし、疑問を持ちますよね!
    ですが、住人は何とも思わないんですよ。。そこも怖い(汗)

    住人がおかしな行動を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

比嘉姉妹シリーズ のシリーズ作品 1~5巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~5件目 / 5件
  • ぼぎわんが、来る
    748円(税込)
    映画化決定!!! 映画「来る」 監督:中島哲也 出演:岡田准一 黒木華 小松菜奈/松たか子/妻夫木聡 幸せな新婚生活を営んでいた田原秀樹の会社に、とある来訪者があった。取り次いだ後輩の伝言に戦慄する。それは生誕を目前にした娘・知紗の名前であった。正体不明の噛み傷を負った後輩は、入院先で憔悴してゆく。その後も秀樹の周囲に不審な電話やメールが届く。一連の怪異は、亡き祖父が恐れていた“ぼぎわん”という化け物の仕業なのだろうか? 愛する家族を守るため秀樹は伝手をたどり、比嘉真琴という女性霊媒師に出会う。真琴は田原家に通いはじめるが、迫り来る存在が極めて凶暴なものだと知る。はたして“ぼぎわん"の魔の手から、逃れることはできるのか……。怪談・都市伝説・民俗学――さまざまな要素を孕んだ空前絶後のノンストップ・ホラー!! 最終選考委員のみならず、予備選考委員もふくむすべての選考員が賞賛した第22回日本ホラー小説大賞〈大賞〉受賞作。
  • ずうのめ人形
    836円(税込)
    オカルト雑誌で働く藤間が受け取った、とある原稿。読み進めていくと、作中に登場する人形が現実にも現れるようになり……。迫りくる死を防ぐために、呪いの原稿の謎を解け。新鋭が放つ最恐ミステリ!
  • などらきの首
    704円(税込)
    父の遺した不動産で夜になると聞こえる「痛い、痛い」という謎の声。貸事務所の問題を解決するために、私は「ヒガマコト」という霊能者に依頼をするが……。比嘉姉妹シリーズ最新作にして初の短編集!
  • ししりばの家
    748円(税込)
    夫の転勤先の東京で、幼馴染の平岩と再会した果歩。しかし招かれた平岩家は不気味な砂が散る家だった。怪異の存在を訴える果歩に異常はないと断言する平岩。おかしいのはこの家か、それとも、わたしか――?
  • ぜんしゅの跫
    704円(税込)
    妻が妊娠し、幸せいっぱいの日々を送るサラリーマン・田原秀樹は、ある日、知り合いの娘の結婚式に参列することに。 しかし、新婦の佐川知紗は思わず二度見してしまうほど器量の悪い娘だった。 式の最中、野崎という男性が知紗にある画像を見せたことから、彼女は錯乱し、鼻水を垂らしながら秀樹に縋りつき「お父さん」と呼ぶ。 こんな娘は嫌だ――汗がどっと噴き出た瞬間……。映画「来る」へのアンサー的短編! ――「鏡」 真琴と野崎の結婚式。姉の比嘉琴子は祝いに駆け付けるが、誤って真琴に怪我をさせてしまう。 猛省する琴子は、真琴に代わり、彼女が請け負っていた事件「見えない通り魔」の調査に乗り出す。 夜な夜な通行人を襲って引き摺り回し、建造物を破壊する巨大な化け物の正体とは……!? 論理的にして大胆な霊媒師・比嘉姉妹が活躍する、書き下ろし表題作! ――「ぜんしゅの跫」 造形制作/萬歳淑

比嘉姉妹シリーズ の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

角川ホラー文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング