などらきの首

などらきの首

作者名 :
通常価格 704円 (640円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

父の遺した不動産で夜になると聞こえる「痛い、痛い」という謎の声。貸事務所の問題を解決するために、私は「ヒガマコト」という霊能者に依頼をするが……。比嘉姉妹シリーズ最新作にして初の短編集!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ホラー
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川ホラー文庫
電子版発売日
2018年10月24日
紙の本の発売
2018年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB
  • 映画化

    「来る」

    2018年12月7日公開
    出演:岡田准一、黒木華、小松菜奈

などらきの首 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年08月13日

    これまでの比嘉姉妹シリーズとは違って短編集。さっくり読めたわりには、一番ホラーテイストがつよい作品だったと思う。そして、書き下ろしのタイトル作が、一番ぞくりとしました。面白かったです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月29日

    澤村さんのリーダビリティたるや!ぼぎわん、ずうのめ、キリカ、ししりば、ひとんち、ときてなどらき。このタイトルセンスにも光るものが。まぁ予言の島ってのもあるけど。

    それはさておき、今作は比嘉姉妹や野崎のスピンオフ短編集。どの話も楽しめた。「ゴカイノカイ」の呪文、「学校は死の匂い」の隠蔽、「居酒屋脳髄...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月06日

    ゴカイノカイがよかった
    おまじないの
    あまりの効き目に驚きました
    この能力使えば 生霊飛ばせるんじゃないかな
    社長に仕返ししちゃえばいいのに

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月13日

    比嘉姉妹シリーズの番外編ホラー短編集。読み応えたっぷりです。
    お気に入りは「学校は死の匂い」。うぅ、確かに学校は危険な場所と言える……そしてそんな物語で、あの人が主人公ってのも少し切ないなあ。物語は恐ろしく物悲しいホラーであると同時に、ミステリ度もかなり高くって。真相に驚かされ、ラストには戦慄させら...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月17日

    読みやすい短編集だった。
    映研の話はどこからどこまでを怖がっていいやら。
    ホラー好きは悪趣味だという自覚はあるけど、不謹慎とはまた違うし。
    表題作のなどらきの首はオーソドックスなホラーで面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月28日

    今回は比嘉姉妹シリーズに関係がある人たちがたくさん出てくる短編集です。短編も面白い!
    あれ?誰の話だろうって思った人はあの人でした。
    わかったらすごく怖かった…。
    比嘉姉妹シリーズの続き気になるなぁ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月28日

    こちらは短編集。
    比嘉姉妹の3人とライター野崎がそれぞれの話に登場していく。

    一番、引き込まれたのは、最初の不動産の話と
    学校での、次女の話。これ、長女の琴子より霊感が
    あったということなのか?

    そして、などらきの首。
    途中に漂うと安堵と不穏のバランスが素晴らしい。

    次の比嘉姉妹シリーズが楽し...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月18日

    現代ホラー。
    ミステリ要素もあり不思議な要素も多いが、ドラマ「トリック」のような超常現象も交えて解き明かす短編集。
    オチは一捻りあるし、文章もなかなか読みやすくて良い。
    作者の他の本も読んでみようと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月11日

    短編だった〜
    ネタ切れで書いた本か!?と思ったら真琴やミハル、琴子の過去のエピソードで面白かった。
    どーやら比嘉姉妹にすっかりハマったらしい!
    ただ今回、ゾクゾクする話がなくて残念だった。

    居酒屋脳髄談義が1番難しくもあり、面白かった

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月30日

    個人的には、脳髄論が好きかなあ。クッソ迷惑な霊を論破していく様子が痛快だったかな。
    ミハルの話、あれ何で実習生と先生が自殺したんやろ。ラストが少し気になったかな。

    このレビューは参考になりましたか?

比嘉姉妹シリーズ のシリーズ作品 1~4巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~4件目 / 4件
  • ぼぎわんが、来る
    748円(税込)
    映画化決定!!! 映画「来る」 監督:中島哲也 出演:岡田准一 黒木華 小松菜奈/松たか子/妻夫木聡 幸せな新婚生活を営んでいた田原秀樹の会社に、とある来訪者があった。取り次いだ後輩の伝言に戦慄する。それは生誕を目前にした娘・知紗の名前であった。正体不明の噛み傷を負った後輩は、入院先で憔悴してゆく。その後も秀樹の周囲に不審な電話やメールが届く。一連の怪異は、亡き祖父が恐れてい...
  • ずうのめ人形
    836円(税込)
    オカルト雑誌で働く藤間が受け取った、とある原稿。読み進めていくと、作中に登場する人形が現実にも現れるようになり……。迫りくる死を防ぐために、呪いの原稿の謎を解け。新鋭が放つ最恐ミステリ!
  • などらきの首
    704円(税込)
    父の遺した不動産で夜になると聞こえる「痛い、痛い」という謎の声。貸事務所の問題を解決するために、私は「ヒガマコト」という霊能者に依頼をするが……。比嘉姉妹シリーズ最新作にして初の短編集!
  • ししりばの家
    748円(税込)
    夫の転勤先の東京で、幼馴染の平岩と再会した果歩。しかし招かれた平岩家は不気味な砂が散る家だった。怪異の存在を訴える果歩に異常はないと断言する平岩。おかしいのはこの家か、それとも、わたしか――?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています