恐怖小説キリカ

恐怖小説キリカ

作者名 :
通常価格 836円 (760円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

恐怖、また来る。デビュー作(日本ホラー小説大賞『ぼぎわんが、来る』)、戦慄の舞台裏。ああ最愛の妻までも……大きな文学賞を総ナメにしている錚々たる作家たちが選考委員を務める新人文学賞を獲得した「僕」。隣には最愛の妻・キリカ。作家デビューは順風満帆かと思われたが、友人が作品を曲解して、「作家とは人格破綻者である」「作家は不幸であるべき」と一方的な妄想を僕に押し付け、執拗な嫌がらせをはじめる。しかしその結果、僕は妻のとんでもない秘密を隠し切れなくなり……これぞ最恐のサイコ・ホラー!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ホラー
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
電子版発売日
2019年04月16日
紙の本の発売
2019年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

恐怖小説キリカ のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年09月30日

    これはやばい
    度を越した怖さ
    ここ最近で一番の作品

    どこまでがフィクションなのかわからない…
    あとがきまでそんな感じですかい

    あまりの凄さに感想を文字に起こせない(いろんな意味で)
    読んで感じてくれ

    残念なのが、作中に登場する『ぼぎわんが、来る』と『ずうのめ人形』が未読だったこと
    これはぜひと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月27日

    怖い!!!
    この小説を読むと、、映画や小説などを見終えた後の
    感想・レビューは慎重に言葉を選ばなければいけない
    謎の恐怖感に包まれています(笑)

    読み進めていくと"生きている人間が一番怖い"と
    痛感しました、人間は何を考えているか分かりませんからね
    (私の母もよく口にしておりま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年12月03日

    ぼぎわん未読で、この本はシリーズではなさそうというだけでなんの予備知識がないまま読みはじめました。後にぼぎわんも読もうと思っていたので、これぼぎわんのあらすじじゃないか!と気づいた時に先に読むのを後悔しましたが、読み進めるとそんなの関係なく一気読みしてしまいました。
    これからはレビューに気をつけてい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月01日

    サイコパス怖し。どんどん話に惹き込まれました。サイコパスについて科学的にもっと知りたいと思いました。人を殺したい衝動ってなんなんだろう。世間の倫理とか道徳に当てはめず、自分の衝動を優先させてしまうこととは・・・。
    ただ、妄想で奥さん作れるなら、それはみんな幸せになれそう。自分もそんな特技がほしい。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月29日

    こ、怖かった〜!!!w
    サイコホラーだけど、猟奇的でもあり…ひえぇぇ〜!!!

    澤村伊智さん、やるなぁ〜!!
    前に「ぼぎわんが、来る」は読んでるけど、他の作品も読んでみたくなりました!

    ……ハッ!このレビュー、ヤバいかも?…ドキドキw

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月09日

    所々急に適当な描写だなと思う所があるが、なるほどそういう事かと後々理由がわかる。
    最後の最後まで小説家澤村伊智(きつね)につままれた的な感じ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月08日

    面白かった

    嘘が上手い人って、本当のことも話しながら肝心な部分に嘘を入れるからバレないみたいな話を聞いたことがあるけど、それに近いなって思った

    どこまでが現実のことで
    どこからがフィクションなのか…
    混乱させられる
    そこが面白い

    私も黒い家は最高に怖い小説だと思います

    で、澤村伊智先生は結婚...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月04日

    今までとは違う怖さがあった。怖くてレビューはかけませんが、、他の作品のような伝承的怖さがはいっている方が個人的には好きかも。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月07日

    更に澤村伊智、3冊目。
    ぎゃー!なにこれ怖すぎて...。
    前2冊とはまた全然違ったタッチで、作者自身が主人公で、前半は不気味に進むけど途中からいきなりガツンとめちゃくちゃ怖くなってどうしようかと思った。はー疲れた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月06日

    第二章を開けて、ひょえ〜。そういうことでしたか。ネタバレはせずにおきますが、面白いやんか。講談社から出版して、主人公が受賞するのはKADOKAWAのホラー大賞。審査員も実名で、遊び心満点。『ぼぎわんが、来る』を未読の人は、必ずそちらを先に読んでからどうぞ。

    『ボヘミアン・ラプソディ』の歌詞について...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

講談社文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング