【感想・ネタバレ】日に流れて橋に行く 6のレビュー

書店員のおすすめ

時は明治末期。傾きかけた老舗呉服屋を、英国帰りの三男・星乃虎三郎が立て直す!というお話ですが、これがめちゃくちゃ面白かった!
競合の呉服屋が近代化の波に乗り、どんどん先へ進んでいくのに、虎三郎の店「三つ星」は依然として旧体制のまま。客足も遠のき、これでは未来がないと、虎三郎は英国で知り合った実業家の青年・鷹頭と二人で「三つ星」の改革を始めます。
従業員たちは、最初こそ反発するものの、虎三郎の商才と人心掌握術の上手さにほだされていきます。
初めての女性店員、下足番の廃止など、改革の内容がまた「明治」という時代をよく表していて、「ああ~これが文明開化!」という気分にさせられます。
打算か、友情か、虎三郎と鷹頭の関係も気になるところ(このあたりの描写は、さすがBLで人気の日高ショーコ先生という感じ)。
お仕事漫画が好きな人には、ぜひ読んでいただきたい。丁寧に織り込まれた時代背景と、痛快なストーリー描写に引き込まれる良作です。

ユーザーレビュー

感情タグBEST3

購入済み

新たなステップへ

めんたいフランス 2021年11月29日

明治の激動期に、男性だけでなく女性も新たな一歩を踏み出し、動き出す姿に、励まされます。時には大きな壁にぶつかるけど、それぞれの思いと学びも相まって、新時代へと進む。これからの展開も楽しみです。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ購入済み

待ってた

2021年10月29日

五百雀にスポットが当たります。
虎三郎を羨みながらもいつか対等な友人になりたいと努力している姿に胸を打ちます。
虎三郎は身分差なんて気にしてなさそうです。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

買って損なし!

ちろ 2021年10月29日

時代物として見ても、お仕事ものとして見ても面白い! 
男性陣が個性豊かで魅力的です。
虎三郎のような人っているよなぁと、雀に感情移入して読んでいます。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

三ツ星の将来

ypisces 2021年10月26日

今回もすごく面白かった。三ツ星のますますの発展が望めそうな進展になってくる様子がよくわかります。また、それを邪魔しようとする人たちの有様もよく描かれています。
読後、今のような女性が自由に働けるような社会を過去の女性たちが築いてくれたことに、改めて感謝する思いになりました。
人望と才能がある人と...続きを読む、堅実、実直な人との葛藤、活かし方などもよく描かれていて、納得することも多かったです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年12月30日

鷹頭の過去話をちょっだけ。
そうか…彼は彼で
思うところがあるのだな。

今回は他にも五百雀の引き抜き話とか
主役の周囲の人たちの
考えていることや見ているものが
わかっておもしろかったです。

それにしても、あ〜、やっぱり
新しい企画を立ち上げるのって楽しそう!

このレビューは参考になりましたか?

「女性マンガ」ランキング