日高ショーコの一覧

「日高ショーコ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

『After』看板

日高ショーコ電子限定作品集『After』配信中!

※一部、セーフサーチをOFFにしないと表示されない作品があります。

6/8先行配信!

プロフィール

  • 作者名:日高ショーコ(ヒダカショーコ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:3月31日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:マンガ家

『嵐のあと』、『憂鬱な朝』、『花は咲くか』などの作品を手がける。

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2021/04/05更新

ユーザーレビュー

  • 憂鬱な朝 1

    是非!!

    この作品は私がBLにはまったきっかけの大事な作品です。当時読んだときには話の上辺しか理解できていなかったと思うのですが、時がたち今では当時の時代背景や言葉もそれなりに分かり、より深くお話を楽しめました!こうゆうところは時代ものの魅力ですね。(といっても内容が分からなくなるってことはないですよ😊)
    ...続きを読む
  • 憂鬱な朝 NOBLE COLORS

    是非!!

    他の方が言うように、この作品のファンなら購入して損はないです!
    番外編はもちろん、扉絵や、未公開の絵も出ているので、私はお気に入りの絵はスクショして待ち受けにしました😂あとフルスクリーンに出きたのもとても良かったです!これはbookliveに感謝ですね。とにかくこの世界観をもっと詳しく知りたい方は...続きを読む
  • 日に流れて橋に行く 1

    日に流れて橋に行く

    英国帰りの老舗呉服店三男坊虎三郎が実家の呉服店を立て直そうと奮闘するお話です。
    時は明治、格式高い老舗の呉服店である三つ星は、周囲の百貨店に比べて時代遅れで客足も遠のいていました。
    虎三郎は従業員の反発に遭いながらも、英国で出会った謎多きやり手の男鷹頭と手を組み、三つ星を立て直そうとします。
    不審な...続きを読む
  • 日に流れて橋に行く 3

    日に流れて橋に行く

    虎三郎、鷹頭、時子の三人を中心に物語は進みます。
    三つ星を立て直す新たな施策は新聞小説とのコラボのようです。虎三郎と鷹頭の策略で時子は小説家の白井と信仰を深めます。ただし白井も一筋縄ではいかない癖のある人間で、時子はたびたび翻弄されます。お得意様の引きこもり娘との関係も上手くいかず、この先どうなるの...続きを読む
  • 日に流れて橋に行く 5

    日に流れて橋に行く

    あまり動きのない5巻です。
    鷹頭は日越社長の日比谷と接触してから心ここに在らずといった様子です。
    虎三郎は生家を抵当に入れ、店のために金を作り出します。大変不安定な経営状態ですが、従業員のため、そして今後の店の発展に繋がると信じた投資を行います。
    虎三郎の蒔いた種が芽吹くであろう6巻が楽しみです。