憂鬱な朝 1

BLマンガ 6位

  • 値引き
  • 完結

憂鬱な朝 1

作者名 :
値引き価格 462円 (420円+税) 8月20日まで
通常価格 660円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

無料キャンペーン中

2020年08月20日まで

【期間限定 無料お試し版】憂鬱な朝 1

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

父の死後、十歳にして子爵家当主の座を継いだ久世暁人(くぜあきひと)。教育係を務めるのは、怜悧な美貌の家令・桂木智之(かつらぎともゆき)だ。けれど、社交界でも一目置かれる有能な桂木は、暁人になぜか冷たい。もしや僕は、憎まれているのか──!? 桂木に惹かれる暁人は、拒絶の理由が知りたくて…!? 若き子爵と家令の恋を紡ぐ、クラシカルロマン。

ジャンル
出版社
徳間書店Chara
掲載誌・レーベル
Charaコミックス
電子版発売日
2014年12月15日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
69MB

憂鬱な朝 1 のユーザーレビュー

    購入済み

    ヤバいね

    cazumix 2015年08月13日

    日高さんにまたしてもまんまとヤられましたわ。作品が丁重(すぎる)な作りなので毎回火が着くのに時間がかかりますが(笑)だからこそ盛り上がりがハンパないね、う〜お見事。本作も3巻目くらいまでこの2人どーしたらうまく行くのさ?と疑わしかったんですが、いやいやいやもおこのお互いを思って自己犠牲を微塵も厭わな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    Ann 2020年06月08日

    ずっと気になっていたのですが完結するのを待って大人買いしました。ストーリーはさることながら絵がとても美しく、一気に読むのがもったいなく感じる素晴らしい作品です。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    好き!!!!

    きらすけ 2020年05月18日

    この設定ほんとに大好き!少しお子様な暁人と冷静すぎる桂木の絡みが今後どー変化するのが楽しみ!これからの2人に期待大😘

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    2020年03月26日

    以前からずっと気になっていた作品で、割引されていたのでつい買ってしまいました。
    日高ショーコ先生の作品は他のBLと一線を画していて、ストーリーがとても面白いです!アキヒト様の病的なまでの桂木に対する執着が萌えます笑

    このレビューは参考になりましたか?

    willow 2019年11月16日

    1巻から3巻まで試し読みで無料だったので読みました
    話も設定も全てが丁寧で大正レトロな雰囲気が凄く良いです
    大正レトロには付き物でドロドロな話になりそうな感じも好きです
    こういうしっかり内容のあるBLは少ないのでちゃんと購入して全巻読みたいと思います

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    何度でも読み返したい

    shigure 2018年12月31日

    1巻を読んでから続きを読む手が止まらず、一気読みしました。いつのまにか丁寧なストーリー構成に引き込まれます。人物の精神描写も素晴らしく、何度も感情を動かされました。ぜひ最後まで読んでほしい。先程全巻読了し、多幸感で胸がいっぱいです。本当にこの作品に出会えてよかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月20日

    日高先生の代表作とも言える有名なシリーズ。
    買ったものの、今まで読まなかったのは不思議しかない。
    華族x主従関係、という設定だけでも面白そうなのに、桂木のあの冷静で淡々としている雰囲気に惹かれてしまったな。
    彼は一体、どんな過去を背負っていて、久世家にはどんな思いを抱いているのだろう。
    じっくり続き...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年12月30日

    ストーリーテラー。日高ショーコさん、絵もお話も、キャラクターも丁寧に、BLの萌えどころ、盛り上げどころだけ詰めといた!そこを楽しんで!的な作品ではなく、物語一つをゆっくり、同じ感情、同じ速度で追いかけていける、雰囲気、深く作りこまれているキャラクター、どの作品もこの作家さんなら何の心配もない。安定感...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年11月21日

    若き子爵家当主×有能で冷徹な家令の今はまだいびつな主従愛と御家を巡る因果の話。一読するやBLという枠には収まりきらない重厚な世界観とリアルで生々しい人間関係にイッキに惹き込まれる。物語の主軸となる家格やら陞爵やらのくだりは難解極まりないけど、揺るぎない信念を持つ桂木と彼に疎まれ利用されていることを知...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年10月22日

    身分差 年齢差 主従関係 なんてテッパンネタなのに、日高先生が描くとこんなに素晴らしい作品になる。
    多くは語らない。読んで欲しい!

    このレビューは参考になりましたか?

憂鬱な朝 のシリーズ作品 全8巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~8件目 / 8件
  • 憂鬱な朝 1
    値引き
    462円(税込)
    父の死後、十歳にして子爵家当主の座を継いだ久世暁人(くぜあきひと)。教育係を務めるのは、怜悧な美貌の家令・桂木智之(かつらぎともゆき)だ。けれど、社交界でも一目置かれる有能な桂木は、暁人になぜか冷たい。もしや僕は、憎まれているのか──!? 桂木に惹かれる暁人は、拒絶の理由が知りたくて…!? 若き子爵と家令の恋を紡ぐ、クラシカルロマン。
  • 憂鬱な朝 2
    値引き
    462円(税込)
    「生涯仕えると誓う代わりに、伯爵以上の陞爵(しょうしゃく)を」――桂木(かつらぎ)からの条件に同意し、強引に抱いてしまった暁人(あきひと)。けれど、どんなに情事に溺れても、桂木の態度は冷たいまま。怜悧な美貌を崩さない家令に、若き子爵は激情と苛立ちを募らせる。そんな緊張を孕(はら)む主従は、ある晩、森山侯爵家の夜会に招待されて…!?
  • 憂鬱な朝 3
    値引き
    476円(税込)
    家柄も爵位も関係ない、ただ一緒にいたい──。桂木(かつらぎ)への激しい恋を抱えながら、佐条(さじょう)公爵家の令嬢との婚約話を進める暁人(あきひと)。将来を見据えた暁人は、親友・石崎(いしざき)の父に媒酌人を依頼する。ところが石崎は、「代わりに、桂木智之(ともゆき)が欲しい」と交換条件を出してきた!! 同じ頃、元書生の雨宮(あまみや)は、桂木の出生に関わる資料を発見して!?
  • 憂鬱な朝 4
    値引き
    499円(税込)
    桂木(かつらぎ)は先々代の庶子だった…!! 事実の発覚を機に、暁人(あきひと)を外から支えようと、久世(くぜ)家を出て石崎(いしざき)家に入った桂木。ところがある日、暁人の不穏な噂を聞きつけ、急遽別宅を訪ねてしまう。「もう会ってくれないと思っていた」はかなく笑う暁人は、爵位を桂木に譲るため縁談を破棄、森山(もりやま)侯を脅迫した、と衝撃の告白をして──!?
  • 憂鬱な朝 5
    値引き
    523円(税込)
    桂木(かつらぎ)に「好きです」と告白され、混乱したまま森山(もりやま)侯の夜会に出席した暁人(あきひと)。そこで暁人が対面したのは、亡き父の義弟・直継(なおつぐ)──桂木が次期当主にと画策する叔父だった!! けれど、直継と話すうち、「この方は当主に相応しくない」と桂木の思惑を疑い始めていく。一方、桂木は暁人の廃嫡を撤回させようと森山侯に迫り…!?
  • 憂鬱な朝 6 【カラー扉付き電子限定版】
    値引き
    【電子限定版】カラー扉付き●久世(くぜ)家の跡継ぎ問題を賭けた森山(もりやま)侯の夜会──。その駆け引きの一夜が明けると、桂木(かつらぎ)の様子が一変!! 桂木の策をことごとく潰した暁人(あきひと)に、なぜか何も言わないのだ。「お前らしくないよ」そう訴えてくる暁人が、自分の手を離れてゆく喪失の予感に、桂木は密かに揺れ惑う。そんなある日桂木は、暁人の留学話を知ってしまい!?
  • 憂鬱な朝 7 【カラー扉付き電子限定版】
    値引き
    【電子限定版】カラー扉付き●「この手を二度と離さない」──桂木(かつらぎ)との逢瀬でそう誓った暁人(あきひと)。桂木から初めて弱音を聞いた暁人は、改めて過去の清算を決意!! 最後の生き証人である、病床の桂木高正(たかまさ)の元を訪れる──。一方、激怒する石崎(いしざき)父と対峙し、叱責された桂木。 工場経営での独断専行を咎められ、大番頭の職を解任されてしまい…!?
  • 憂鬱な朝 8 【カラー扉付き電子限定版】
    値引き
    【電子限定版】カラー扉収録。●亡き先代の面影が残る鎌倉の地で、思い出す確執と擦れ違いの日々──暁人(あきひと)の渡英が迫る中、過去と向き合った桂木(かつらぎ)は「二年間は長すぎます」と本音を吐露してしまう。そんな真摯な桂木に、暁人は「一緒に英国へ行かないか?」と旅券を渡して…!? 久世(くぜ)家を守り、未来を繋げるために、二人が歩んだ恋の軌跡、ついに感動の最終巻!!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています