【感想・ネタバレ】アンをめぐる人々―赤毛のアン・シリーズ8―のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2015年03月13日

「アンの友達」第二弾、といったところ。もうだいぶ前に読んだから、アンがどんな風に出てきたか忘れたけど、アンがちょこちょこ本の中から顔を出している気がする。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月07日

2008年3月発行の新装版を読んでみました。
子どもの頃からの愛読書ですが。
やっぱり、面白いですねえ〜!
時代色も感じますが、ほとんどは今にも通じるような。
いきいきとした描写で楽しめます。
「シンシア叔母さんのペルシャ猫」で楽しく笑い、「偶然の一致」のロマンスににっこり、「父の娘」にちょっとハラ...続きを読むハラ、「ジェーンの母性愛」ににやにや、「夢の子ども」にしんみり、「失敗した男」に涙、「平原の美女タニス」にどきどき。
結末知っているのに、乗せられました。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

(匿名) 2020年02月14日

4巻の短編と比べると8巻は暗さも目立ちます。モンゴメリの実生活の苦悩もあるのかな、と思います。
しかしながら相変わらず様々な人間模様が素晴らしいです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年04月22日

2010.4
「偶然の一致」が一番好き。あんな偶然絶対ありえないだろうけれど、でも、この時代のこの島でなら、ありえそうな気がする。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年04月02日

スピンオフ的なお話が大好きなので、
大好きなアンのシリーズのスピンオフなんて、大好物v
いいな~!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年09月10日

アンの周りには何と偏屈で頑固者が多いのだろう。
クオリティーは前半が高く、読み進めるに従い寄せ集め感が…。
男性が主人公の短編は希少価値。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年11月04日

夢の子供がせつなく、失敗した男に感動しどの話にも家族や誰かを思いやる気持ちがあふれていて暖かい気持ちで読めました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年02月05日

「アンの友達」と同じく、アン以外の人にスポットを当てた短編集。
これまでのシリーズは全部読んでますが、記憶力が悪いのか、
どんな繋がりの人だか覚えてない人もたくさん…というか、ほとんどです。
ですが単純に短編として楽しめました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年06月04日

必ずハッピーエンドで終わることは分かっているし、ストーリーもすぐに分かってしまう話が多いのですが、なぜかそれほど退屈しないんですよね。。。登場人物がみんな人間味溢れているせいかな。

このレビューは参考になりましたか?