大木勇人のレビュー一覧

  • 図解・気象学入門 原理からわかる雲・雨・気温・風・天気図
    グローバルな気候システムを学ぶことが目的。読んでみれば、物理法則が次々に登場する気象現象について学ぶにはブルーバックスを選んで正解だった。

    主に風のしくみと低気圧と高気圧のしくみの章を読んだが、寒帯前線ジェット気流の蛇行がもたらす移動性の低気圧・高気圧のメカニズムはとてもわかりやすかった。

    <地...続きを読む
  • 図解・気象学入門 原理からわかる雲・雨・気温・風・天気図
    良書。
    ブルーバックス良い。
    難しく、理解しにくい部分もある。よく読めばいいのだが。
    色々な疑問が解けて良い。
  • 図解・気象学入門 原理からわかる雲・雨・気温・風・天気図
    普段何気なく見聞きする天気予報の言葉が図解でわかりやすく説明されている。
    単に今日は雨か晴れかだけしか興味がなかったのが、この本を読んでから「こういう予報の時は、実は空ではこういうことが起きていて、その仕組みはこうなのか。なるほど」と楽しめるような気がする。

    手元に一冊置いて、天気を気にする度に開...続きを読む
  • 図解・気象学入門 原理からわかる雲・雨・気温・風・天気図
    わかりやすいんだけど‥。私からのわがまま。イラストはカラーでお願いします。全部白黒だと、目が飽きちゃうんだ。
  • 図解・気象学入門 原理からわかる雲・雨・気温・風・天気図
    気象学がわかる基礎的な本。

    講談社 ブルーバックスシリーズは、理系の基本を学ぶためには必読のシリーズではあったが、最近は図解の本が増えたので、このシリーズに執着する必要はなくなった。

    他書に比べると文章が多い(以前は、図が多かったんだが)ので、読み物として読みたい人にはお勧めです。
  • 図解・天気予報入門 ゲリラ豪雨や巨大台風をどう予測するのか
    天気図とか、エマグラムとか面白かったが、肝心の数値予報の項になると数式ばかりでさすがのブルーバックスで、もうぶっ飛ばし。
    天候、予報がおもしろくて難しいことは十分にわかる。
  • 図解 プレートテクトニクス入門 なぜ動くのか? 原理から学ぶ地球のからくり
     プレートテクトニクスに関する知識がギュッと凝縮されている一冊だ。高度な地質専門家と専門知識を平易に伝える専門家とのコラボが活きている。
     それにしても、地質(プレート)のスケールの大きさには驚かされる。とんでもない時間と温度、圧力、厚み、重量、そして比重や構成鉱物、水の作用、応力等々の要素によって...続きを読む
  • 図解・気象学入門 原理からわかる雲・雨・気温・風・天気図
    気象現象に関して図を多用していて読みやすかった。そのため、式も出てこないため気楽に読むことができました。気象を学ぶ導入として読むと良いと思います。
  • 図解・気象学入門 原理からわかる雲・雨・気温・風・天気図
    中学校理科第二分野よりも広く深い知識が提供される。
    丁度台風が来ているのでこの機に流し読み。天気図が高さによって変わることや,同気圧がどこを走っているかを表す図など平面で無く立体になるあたりで頭の処理が追いつかなくなる。二次元から三次元で思考することに慣れれば気象予報士試験も通る?かな。
  • 図解・気象学入門 原理からわかる雲・雨・気温・風・天気図
    普段何気なく聞き流している天気予報の内容がきちんと理解できるようになる本。「気圧の谷」や「大気が不安定」などのフレーズの意味が気になる人にお勧めです。
  • 図解・気象学入門 原理からわかる雲・雨・気温・風・天気図
    図解、と謳われているとおり、図版をみるだけで雲、風、雨などの原理がよくわかります。文章も平易につづられ、バランスのよい入門書です。

    理科の教科書では満足できない中学生、授業中、窓の外ばかりを見てしまう高校生、雲が好きなオトナ、雨に魅了される老人、etc。へ。。