古川武彦の一覧

「古川武彦」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2021/09/15更新

ユーザーレビュー

  • 図解・天気予報入門 ゲリラ豪雨や巨大台風をどう予測するのか
    近年よく発生する大規模な豪雨や台風のような身近な災害の話から始まり、気象観測や天気予報の歴史(それこそ文字通り先人たちの血の滲むような努力があった…)、従来の観測値や天気図ベースの予報、数値予報の基礎、天気予報の新しい手法という流れで、一冊を読み通すことで日本の天気予報のこれまでとこれからを一望でき...続きを読む
  • 図解・気象学入門 原理からわかる雲・雨・気温・風・天気図
    ◯学生の頃の理科で学んで以来、懐かしさと共に読んでいたが、やはりほとんど覚えていなかった。思い出しながら読んでいた。
    ◯内容としては、図解も多く、解説も丁寧で分かりやすい。しかしら知識の定着には何度か読み直さねばならない。
    ◯しかし、天気予報で流れる天気図を見ると、なんとなく風の流れ、天気の移り変わ...続きを読む
  • 図解・気象学入門 原理からわかる雲・雨・気温・風・天気図
    題名通り、気象学入門にふさわしい本だった。
    ただ、読むのに時間がかかってしまったことと、まだ理解が不十分な点、知識として蓄えられなかった事項などが多々あるのでもう一度読み直したい。
  • 図解・気象学入門 原理からわかる雲・雨・気温・風・天気図
    地球は水の惑星だと言うだけあって、水は、氷は、水蒸気は、私たち人間を守りもすれば、悩ませもする、母のような存在だ。
  • 気象庁物語 天気予報から地震・津波・火山まで
    お雇い外国人、戦時の対応(軍部とのやりとり)、昭和30年代の豪雨災害、その後の数値予報導入や、ラジオゾンデ、レーダー、アメダス、ひまわりといった現代の機器に至るまで、わかりやすく簡潔でバランスよく、
    それでいてところどころ思いをこめて臨場感をこめて述べられていて、大変おもしろかった。

    たしかに(あ...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!