多根清史のレビュー一覧

  • 超超ファミコン

    懐かしい。

    ちょっと暇のあるときに1タイトル分ずつ読んでます。
    ボンバーマンって全100ステージって書いてありますけど、50ステージまでじゃなかった?
  • ゲーム制作 現場の新戦略 企画と運営のノウハウ
    まずはゲーム制作における企画立案、開発、運営、プロモーションなど、各フェーズに関する説明から始まり、その後いくつかのゲームにおけるそれらの事例が掲載されています。

    ゲーム制作と販売(配信)についての基礎的な考え方・知識を頭に入れた上で各社・各プロジェクトの事例を見ていくと、吸収できる要素がたくさん...続きを読む
  • 超スーファミ
    スーパマリオワールドから始まった任天堂最後の全盛期スーファミの歴史を網羅した一冊。
    ボンバザルとか今の若者にはとっては知らなくても良いような1本までレビューされているのは流石。思い入れのあるソフトかどうかでページ数が異なっているような気もしないでもないがプレイした人達の当時の思いと共に紹介してくれる...続きを読む
  • 超ファミコン
    ゲームプレイのレビューじゃなく、相対的な作品評になってて面白く読めた。
    当時のパソコンは触ったことないんだが、ゲームにおいてのファミコンの優位性がよく分かる。
  • 超ファミコン
    ドンキーコングから高橋名人の冒険島Ⅳまでの偉大なるファミコンソフトの中から独断で選ばれたレビュー集。
  • 超クソゲー1+2
    まえがきの『クソゲーは本当につまらない。でも、クソゲーの悪口を言ってるときは最高に楽しい』この一言が全てを物語っています。まだクソゲーがある意味楽しかった時代の思い出です。
  • アニメあるある
    「あるある」と言いつつ該当する作品が一つしかないネタが少なからずある(笑)。

    後半のインタビュー記事は笑った。
  • 超エロゲーハードコア
    読み切るのに時間かかっちゃいましたが、面白かったです。
    レビュアーさんの分から作品への迸る愛とツッコミが感じられて、「ああ、これ遊んでみたいなあ」と思うことしきり。
    各クリエイターさんへのロングインタビューも興味深く、現在のエロゲー業界について、現状が感じられるものばかり。
    「超」シリーズは、やはり...続きを読む
  • 超エロゲーハードコア
    前作『超エロゲー』は心ない書店から即返品を食らった悲劇の一冊でしたが(いまでも担当編集は店名をバッチリ覚えてます)、懲りずに出ました、第2弾! でも、常軌を逸しているというか、「なんじゃこりゃ~!?」という奇ゲー満載という意味では本書がシリーズ随一ではないかと思います。だって「ヒロインが全員女装した...続きを読む
  • 教養としてのゲーム史
    ネットがなかったころの不自由だが、それも含めて楽しかった時代の懐かしさに浸りながら読んだ。ハードの性能が低く、だからこそ創意工夫に富んだアーケード、ファミコン辺りの時代の流れが詳しく分かる優れた本。
  • 超クソゲー3
    表紙がメタルウルフカオスだというだけで中身が大体予想できてしまうのがゲーマーの性なのでしょうか。中身は一般に言われているようなクソゲーばかりではなく、所謂バカゲーの話もあります。中身は作者達のプレイしたゲームの感想などをプレイ画像込みで紹介してあります。クソゲーの酷いところを面白く書かれていますし、...続きを読む
  • 超クソゲー3
    オール書き下ろし、10年振りの奇跡の最新刊『超クソゲー3』ついに発売!!
    PS2から最新ハードまで「なんじゃこりゃぁぁぁぁぁ!」というクソゲー満載!!

    あのレビューもこのレビューも読んでいただきたいんですけど、
    スペシャル企画『ゲーム批評』最後の編集長インタビューは
    かつて、あの雑誌を愛した人なら...続きを読む
  • 超クソゲー1+2
    元祖にして最強、伝説の『超クソゲー』が完全復活しましたよ、お客さんッ!!

    まずは『超クソゲー』『2』『remix』『revolutions』の4冊から
    ベストセレクション(←クソゲーなのに)に書き下ろしを加えた『1+2』をお届け!!
    かつてボクたちの胸を熱くしたファミコンからプレイステーションのク...続きを読む
  • 教養としてのゲーム史
    京大法学修士とったアニメ・ゲームのフリーライターが著者。ゲームに関しては門外漢な僕でもすごい面白かった。頭がいい人はちゃんと点と点を繋げてストーリーを見せてくれる。よくも悪くもこれから博士とったサイエンスライター増えるだろうから楽しみですな。PhDとったサイエンスライターが多いアメリカみたいになるん...続きを読む
  • 教養としてのゲーム史
    今まで見てきた色々なゲームが、読んでいくうちに進化の枝の上に次々と位置づけられていくのが面白かった。
  • 教養としてのゲーム史
    テレビゲームの黎明期から現在に至るまで、時代の転機となった画期的なゲームの「何が画期的だったのか」をきちんと言語化している本。それを通して、「人は何を面白いと感じるのか」を浮かび上がらせていて、様々なインスピレーションが得られた。
    一つだけいうと、初期のアクションRPGでは不親切さが魅力だったのに対...続きを読む
  • ガンダムと日本人
    この本はガンダムシリーズを論じている物でも、キャラクターとしてのガンダムを論じている物でもない。機動戦士ガンダムというひとつの作品と、それに関わった富野由悠季という人物を掘り下げているものである。

    第二次世界大戦から高度経済成長期にいたるまでの社会情勢がどのような変遷へて、この作品に対して影響を与...続きを読む
  • アニメあるある
    アニメの各ジャンルごとに、「頻出する描写・展開=あるあるネタ」をまとめたもの。中盤に挿入された、アニメ制作に携わるクリエーター3人(岸誠二、上江洲誠、飯田里樹)による座談会も、「そこまでぶっちゃけていいの?」という発言が多くて興味深し。
  • 教養としてのゲーム史
    創世記のゲームの進化は、当事者じゃなかったので勉強になった。素材が親しみのあるもので、普段よく考えている分野の話だったので、より考察が深まった気がする。知らない人でも読める体裁になっているので、タイトル通り教養として読む分にもオススメです。
  • ガンダムと日本人
    最初著者はジオン軍をナチスドイツに例えようとします。
    確かに服装的には似て非なるものを感じますが何か違う。
    そこで日本軍と重ねてみると大東亜共栄圏とスペースノイドが重なって来ます。
    コロニーの解放と亜細亜の解放が重なるように思います。

    ジム対ザク
    量産機対決で言えばジオン軍はドムやゲルググ等の後継...続きを読む