王城夕紀のレビュー一覧

  • 青の数学(新潮文庫nex)
    出だしの一文で掴まれた。こんなの久々。随所に出てくる比喩表現が好みである。場面展開がうまいところもあればよくわからないところもあるが、それも含めて、時々脱輪寸前の、とっても青春な感じ。

    「学生時代苦手だったはずの数学にこんなにも魅了される」
  • 青の数学(新潮文庫nex)
    青の数学

    「考えつづけなければ、閃かない。
     そして、閃きは決して何もないところからは
     湧いてこない。」

    1.購読動機
    数学が好きではなかった私が、読者レビューを通じて、数学に興じる高校生たちの世界を覗いてみたくなったから。

    2.主人公たち
    数学オリンピックに出た、または出るほどの数学得意な...続きを読む
  • 青の数学2―ユークリッド・エクスプローラー―(新潮文庫nex)
    好きなことを、好きの気持ちだけでどこまで続けられるのか。最大限の努力でも辿り着ける場所には限りがあるから、みんなが葛藤しながら選び続けている。
    文体が特徴的で、初めは少しそっけなく冷淡な空気を感じていた。しかし後半になって一気に印象がかわった。難解な問題が解けたとき、悩みの突破口が掴めたとき、この文...続きを読む
  • 青の数学(新潮文庫nex)
    数学と青春という文系の自分は考えられないテーマだからこそ、数学に対してこんなにも熱く、深く探究できるものなのか、とすごく感心しました。勉強って捉え方次第では楽しいんじゃないかな?僕も数学してみようかな、なんて思わせてくれるそんな作品でした。個人的にはサイダーの描写が好きです、この後サイダーに一時期ド...続きを読む
  • 青の数学2―ユークリッド・エクスプローラー―(新潮文庫nex)
    前作からの続きで結末を迎える本書。
    数学を題材にしているものの、テーマとしては「なぜやり続けるのか」を掲げているように感じた。
    様々な意見を受けながら、オリンピックが開幕している。
    世界のトップアスリートの活躍を数多く見ることができ、感動を与えられている点では、開催できたことを喜ぶべきだと思う。
    ...続きを読む
  • 青の数学(新潮文庫nex)
    数学に対する思いや考え方が色々ある――
    何かに悩んだとき、自分の考えに迷ったときに、よく読み返しています。

    数学って何?
    その答えは、人それぞれ。
    誰よりもできたから。
    美しいから。
    自由。
    好きな人との繋がり。
    知りたいから。


    中学3年生~高校1年生のときに出逢えていれば…と思います。

    ...続きを読む
  • 天盆
    かつてどこかにあった国「蓋」。そこでは盤技「天盆」を制するものが国を動かす。天盆に魅入られた少年凡天が、歴史を変える天盆に挑む。

    天盆とは将棋に似た架空の遊戯。しかしその大会で勝ち進んだものは、政治の世界での立身出世が約束されているという。その設定からして面白いのです。天盆の細かいルールーは書かれ...続きを読む
  • 青の数学(新潮文庫nex)
    何かのレビューで「青春はスポーツだけではない。数学で青春する。」というような文字を見た。
    主人公が高校生の青春小説がとても好きだし、数学も好きなので、あの数学でどんな青春小説になるのか、とわくわくして読んだ。
    どんどんひき込まれて、あっという間に読み終わった。
    数学の発想が天才的な主人公栢山が、スポ...続きを読む
  • 青の数学(新潮文庫nex)
    自分が高校生だったとき、数学に向かっていた時間が一番長かった。問題を解くためのノートは10冊を超えていた。何日も考えて、ようやく答えを出した問題があった。大学受験も数学を選択して臨んだ。結果は散々だった。周りと比べてちょっとばかりできることに自惚れて、途中からほとんど数学をやらなくなった。やらないか...続きを読む
  • 青の数学2―ユークリッド・エクスプローラー―(新潮文庫nex)
    2冊目にしてようやく京(かなどめ)をすっと読めるようになった。
    京さん、最初に出てきた時にはこの本をミステリーだと思っていたのもあって主人公と組んで活動する人だと勘違いしていたが、ある意味ずっと主人公と共にいたのか。

    主人公が自分の道を見つけたのは嬉しいが、シリーズもこの巻で終わるのが寂しい。
    ...続きを読む
  • 青の数学2―ユークリッド・エクスプローラー―(新潮文庫nex)
    登場人物名に数字が入っているのが好き。

    終盤のタイトル回収の流れも好き。

    「たどり着く場所があるかは分からないけど、進み続けない限り答えは分からない。」
    それを教えてくれる一冊だと思います。
  • 青の数学2―ユークリッド・エクスプローラー―(新潮文庫nex)
    登場人物たちの一言一言がとても深い。そして共感できる。
    全身全霊をかけてなにかに挑むということは苦しいけれど、だからこそ偉大なのだと思った。
    数学好きにはたまらない青春小説。悩みながらも進み続ける人間同士の"本気"のぶつかり合いに、興奮を抑えられなかった。
  • 青の数学(新潮文庫nex)
    最高でした。
    数学の小説というよりは、数学に取り組む各人の「数学世界」をドラマチックに描いたもの。
    風景描写が繊細かつ独特で、没入して一気読みした。
  • 青の数学(新潮文庫nex)
    この小説には目で見えない風景が描かれている.そこに普通の小説に描かれる心象風景がオーバーラップする.かつて数学が好きだった時,確かに自分にも見えた風景が懐かしい.現在,違うものが好きで,それを通して見える風景を改めて感じられる.そして,これから人生に倦んだ時,見えてしまうかもしれない風景もまた描かれ...続きを読む
  • 青の数学(新潮文庫nex)
    数学を題材にした小説という点に惹かれて読み始めた。
    随所に出てくる数学の問題は、その大半が自分には解けないが、読み進めていくうちに、解けないにも関わらず、不思議と没入感を感じた。
    主人公が問題を解いている間の疾走感が今でもとても印象に残っている。
    読み終えた時の心地よい疲労感は最高だった。
  • 伊藤計劃トリビュート
    伊藤計劃って名前のせいなのか?
    この8人の作家による中篇集は、それぞれがかなりの攻撃力を持っている。
    またまた、それぞれが異なる作風で僕をアタックする!
    早逝した怨みを晴らそうとしているようだ。
    たまらん!
  • 青の数学(新潮文庫nex)
    数学は、苦手です。しかし、数学とは何か考える主人公とそれを取り巻く学生達の数学青春ストーリーは、とても面白かったです。どこか爽やかさもあり読み易かったです。続編が楽しみです。
  • 青の数学(新潮文庫nex)
     タイトルが気になって買ってみたら、すごい……。
     数学に青春を捧げる高校生って なかなか居ないと思うけど、青春だった…。
     最後の方の戦い、こちらにも緊張感が漂ってくるみたいで、面白い。
     数学オリンピックって言うのも、前から気になっていたから楽しかった。
     数式が難しかったけど、分かりやすい法則...続きを読む
  • 青の数学(新潮文庫nex)
    題名に数学と書いてあって、なかなか手が出せなかった。
    しかし、インターネットでおすすめの本として出ていたので、暇つぶしにバスの中で読んでみた。
    そうしたら、とても面白くて読み終わるまで、いつも降りるバス停を通過していることすら気づかなかった。
    こういうお話は、スポーツ系しか読んだことがなかったので、...続きを読む
  • 青の数学2―ユークリッド・エクスプローラー―(新潮文庫nex)
    前作ほどの衝撃は受けなかったが、1・2巻合わせた物語としての完成度は非常に高い。

    数学とは何か?、何故数学をするのか?という何度も繰り返された問いに各々が自分の答えを出す。どれも正解ではなく、不確かなものであるが、それが本人にとっての「公理」、届かずとも限りなく近づくための道標である。作中で栢山の...続きを読む