硝子の塔の殺人

硝子の塔の殺人

作者名 :
通常価格 1,980円 (1,800円+税)
獲得ポイント

9pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

ミステリを愛するすべての人へ

当作の完成度は、一斉を風靡した
わが「新本格」時代のクライマックスであり、
フィナーレを感じさせる。今後このフィールドから、
これを超える作が現れることはないだろう。 
島田荘司

ああびっくりした、としか云いようがない。
これは僕の、多分に特権的な驚きでもあって、
そのぶん戸惑いも禁じえないのだが――。
ともあれ皆様、怪しい「館」にはご用心! 
綾辻行人

500ページ、一気読み!
知念実希人の新たな代表作誕生

作家デビュー10年 実業之日本社創業125年 記念作品

雪深き森で、燦然と輝く、硝子の塔。
地上11階、地下1階、唯一無二の美しく巨大な尖塔だ。
ミステリを愛する大富豪の呼びかけで、
刑事、霊能力者、小説家、料理人など、
一癖も二癖もあるゲストたちが招かれた。
この館で次々と惨劇が起こる。
館の主人が毒殺され、
ダイニングでは火事が起き血塗れの遺体が。
さらに、血文字で記された十三年前の事件……。
謎を追うのは名探偵・碧月夜と医師・一条遊馬。
散りばめられた伏線、読者への挑戦状、
圧倒的リーダビリティ、そして、驚愕のラスト。
著者初の本格ミステリ長編、大本命! 

【目次】
プロローグ
一日目
二日目
三日目
最終日
エピローグ
『硝子の塔の殺人』刊行に寄せて 島田荘司

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
実業之日本社
ページ数
496ページ
電子版発売日
2021年07月30日
紙の本の発売
2021年07月
サイズ(目安)
3MB

硝子の塔の殺人 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    Posted by ブクログ 2021年09月20日

    「硝子の塔の殺人」 知念実希人

    書店で紹介されているのを目にし、初めて知念実希人先生の本を手に取りました。
    個性的なキャラクターに、魅力的な舞台、予想外の結末…!読み応えのある作品で、ページをめくる手がとまりませんでした!
    気になっているけれどまだ読んでいないという方にはぜひオススメしたい作品です...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月18日

    はぁ。と読み終わったあとに一息つきたくなる作品。クローズドサークルで起きる殺人事件にはいくつもの驚きの真相が張り巡らされていて、、、。一見冒頭がすべてを物語っているように見えて、最後まで目が離せない面白い小説だと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月17日

    医師の一条は、自分が主治医を務める神津島太郎から重大な発表があると呼び出される。神津島の住む硝子の館には様々な人々が集められていた。一条は、ある決意を胸に集まりに参加し、その決意を実行に移す……。

    そこかしこに古今東西のミステリについての言及があり、ミステリ好きとしてはそれだけで楽しい作品になって...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月17日

    帯だけ見たら絶対に買いでしょう(笑)。人里離れた硝子館に集められた一癖も二癖もある人物たち、そこで発生する密室殺人。新本格派に対するオマージュ的作品になっています。
    で、肝心の感想、、、う~~ん、確かにそれなりにミステリを読んでいる人には面白いし、そうでなくても、頭から引き込まれる要素はいっぱい、、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月15日

    「こんなミステリーがあるのか」そう思わせてくれる作品でした。一緒に謎を解いていく感覚。とても面白かったです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月14日

    ・テーマ/世界観 ★★★★★
    ・背景描写    ★★★★
    ・キャラクター  ★★★★★
    ・インパクト   ★★★★★
    ・オリジナリティ ★★★★★
    ・テンポ/構成  ★★★★★
    ・文章/語彙   ★★★★
    ・芸術性     ★★★★
    ・感動/共感   ★★★★
    ・余韻      ★★★★★

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月13日

    面白かったー!
    ぶっ飛んでたなぁー!
    ミステリー好きにはたまらない色んなミステリー要素が詰まった話でした。

    プロローグから明かされる犯人視点でずっとハラハラワクワクしていたけど二転三転していく謎解きで結末の予想が全くつきませんでした。

    読者への挑戦状、楽しませてもらいました。さすが知念先生です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月13日

    クローズドサークルのミステリー
    絶賛される理由が分かります
    序盤は普通のミステリー、絶賛される理由は?と思っていたけれど、終盤になるにつれてその理由も明確に

    ミステリーが好きな方は特に終始大興奮だったのでは?実際、私でさえ自分の好きなミステリーの名前が挙がるとワクワクした

    ミステリーマニアたちが...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月13日

    非常に面白かった!
    これはマンガにコミカライズした方が面白さが伝わるんじゃないかなー

    作者のミステリーの古今東西の知識や熱量を感じたし
    トリックなどは全ては納得出来るものではなかったけど犯人の異常性とかも好き


    凄く気持ちいいミステリーだった

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月12日

    館もののクローズドサークルの本格ミステリです。

    最初はなんで今年度最高峰とか言われるのか全然わかりませんでした。最初の方は普通のミステリーです。

    でも、どんでん返しにつぐどんでん返しで501ページあるのですが、452ページから最後までがもう目にも止まらない速さで一気読みできました。

    十人の色々...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

硝子の塔の殺人 に関連する特集・キャンペーン