硝子の塔の殺人

硝子の塔の殺人

1,980円 (税込)

9pt

ミステリを愛するすべての人へ

当作の完成度は、一斉を風靡した
わが「新本格」時代のクライマックスであり、
フィナーレを感じさせる。今後このフィールドから、
これを超える作が現れることはないだろう。
島田荘司

ああびっくりした、としか云いようがない。
これは僕の、多分に特権的な驚きでもあって、
そのぶん戸惑いも禁じえないのだが――。
ともあれ皆様、怪しい「館」にはご用心!
綾辻行人

500ページ、一気読み!
知念実希人の新たな代表作誕生

作家デビュー10年 実業之日本社創業125年 記念作品

雪深き森で、燦然と輝く、硝子の塔。
地上11階、地下1階、唯一無二の美しく巨大な尖塔だ。
ミステリを愛する大富豪の呼びかけで、
刑事、霊能力者、小説家、料理人など、
一癖も二癖もあるゲストたちが招かれた。
この館で次々と惨劇が起こる。
館の主人が毒殺され、
ダイニングでは火事が起き血塗れの遺体が。
さらに、血文字で記された十三年前の事件……。
謎を追うのは名探偵・碧月夜と医師・一条遊馬。
散りばめられた伏線、読者への挑戦状、
圧倒的リーダビリティ、そして、驚愕のラスト。
著者初の本格ミステリ長編、大本命!

【目次】
プロローグ
一日目
二日目
三日目
最終日
エピローグ
『硝子の塔の殺人』刊行に寄せて 島田荘司

...続きを読む

硝子の塔の殺人 のユーザーレビュー

\ レビュー投稿でポイントプレゼント / ※購入済みの作品が対象となります
レビューを書く

感情タグBEST3

    Posted by ブクログ

    聴き読でしたが、めちゃくちゃ面白かった。感情移入してイライラすることもあったけど、最後でそのイライラの正体もわかりました。

    0
    2024年05月20日

    Posted by ブクログ

    オーディブルで視聴。ナレーターの演技力が圧巻で、魅力的な登場人物たちを生き生きと感じられた。序盤から次々に謎が展開されて退屈しない。本格ミステリでありながら、終盤にはヒューマンドラマのような感動や切なさがあり、読後感も良い。忘れた頃にまた読みたい。

    0
    2024年05月11日

    Posted by ブクログ

    序盤に事件が起き、犯人も分かった上で進んでいくので、どうなるのかドキドキしながら読み進めました。
    最後は驚きや切なさ、色々な感情が溢れてくる、そんな作品でした。

    0
    2024年04月29日

    Posted by ブクログ

    ストーリーの組み立て、筋書き、構成がこれまでにないものだった。先が気になりすぎて、寝るのいつも遅くなった笑 2回読むべき。

    0
    2024年04月28日

    Posted by ブクログ

    久々にミステリー読んだ。500ページに及ぶ超大作だけど、ページを捲る手が止まらず一晩で読み終えてしまった。

    0
    2024年04月11日

    Posted by ブクログ

    これはすごい。久々に面白すぎて朝まで一気読みした。
    伏線もキッチリ回収・最後はスッキリと終わり、とても読み応えがあった。

    0
    2024年04月08日

    Posted by ブクログ

    新本格ミステリファンによるファンのための本。
    面白すぎて言うことない。続編があったら良いなと思ってしまう。

    0
    2024年04月07日

    Posted by ブクログ

    物語の出だしで犯人や犯行の様子を明かす、通常のミステリー作品とは異なったプロットが特徴の
    倒叙ミステリーの本作。作中で「推理小説の名作」が次々に紹介される。読者に考えさせる余地も与えてくれているような作り。登場人物が個性的なので、映画化されてもおもしろくなりそう。

    0
    2024年04月06日

    Posted by ブクログ

    久々に星5つの本に出会えた!
    「ザ・ミステリ」という感じで、読んでいてすごくワクワクした。
    シンプルでわかりやすい話の流れながらも、しっかりどんでん返しがあり、すでに解決しそうな空気漂うラスト100ページからが肝。
    著者の古今東西ミステリの蘊蓄が登場人物を通して語られていて沢山の実在タイトルが出てく

    0
    2024年03月23日

    Posted by ブクログ

    この本を読んだきっかけは友人がおすすめしてくれたからでした。

    これまでミステリーはあんまり読んでこなかったので正直舐めて読み始めたけど凄かった。

    あらすじは個性的な6人が硝子の塔に招待されてそこで事件が起き、名探偵とその助手が事件を解決してゆくというありきたりと言えばありきたりなストーリー。

    0
    2024年03月16日

硝子の塔の殺人 の詳細情報

閲覧環境

  • 【閲覧できる環境】
  • ・ブックライブ for Windows PC(アプリ)
  • ・ブックライブ for iOS(アプリ)
  • ・ブックライブ for Android(アプリ)
  • ・ブックライブ PLUS for Android(アプリ)
  • ・ブラウザビューア

※アプリの閲覧環境は最新バージョンのものです。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

無料で読める 小説

小説 ランキング

知念実希人 のこれもおすすめ

硝子の塔の殺人 に関連する特集・キャンペーン

同じジャンルの本を探す