あやかし草紙 三島屋変調百物語伍之続
  • 最新刊

あやかし草紙 三島屋変調百物語伍之続

作者名 :
通常価格 1,056円 (960円+税)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

三島屋の主人伊兵衛は、傷ついた姪の心を癒やすため、語り捨ての変わり百物語を始めた。悲しみを乗り越えたおちかが迎える新たな語り手は、なじみの貸本屋「瓢箪古堂」の若旦那勘一。彼が語ったのは、読む者の寿命を教える不思議な冊子と、それに翻弄された浪人の物語だった。勘一の話を引き金に、おちかは自身の運命を変える重大な決断を下すが……。怖いけれども癖になる。三島屋シリーズ第五弾にして、第一期の完結編!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2020年06月12日
紙の本の発売
2020年06月
サイズ(目安)
2MB

あやかし草紙 三島屋変調百物語伍之続 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2021年01月25日

    江戸は神田の袋物屋「三島屋」で繰り広げられる百物語。
    心に大きな傷を負ったおちかが、魔訶不識、妖の恐ろしい話を聞きながらも、そこから人のやさしさや悲しさや醜さに触れることで、少しずつ過去に折り合いをつけられるようになってきた。

    今回の最初のお話は、背筋がゾクゾクッと凍り付くような妖の恐ろしい話。そ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月24日

    表題作で号泣。このシリーズは怖い話や不思議な話がベースになっているけれど、色んな縁、つながりが大切におもえるお話ばかりで毎回考えさせられる。登場人物みんな大好きになってしまう。お勝さんが一番すき。三島屋の人たちみんな大好き。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月22日

    おちかちゃん、おめでとうー!!!
    うぁーうあうあうあうあ~~~
    また600ページ強の文庫本1日で読んでしまっ...OTLiiii
    宮部先生の本はどんだけ分厚くても1日読破コースがデフォルトになった・・・もったいないことをした・・・。
    うーーー・・(泣

    気を取り直して
    魔を呼び込んだ一家のお話ー開け...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月18日

    久しぶりに三島屋シリーズ読んだ☆毎回楽しみにしているシリーズ☆だんまり姫と金目の猫のお話が気に入った

    今回は、おちかちゃんがお嫁に行ってしまうお話でもあり、これから頻繁におちかちゃんが出てこないのかなぁと思うと淋しい。だけど、幸せになって欲しい。

    第1弾完結編。第2弾早く読みたい

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月09日

    三島屋変調百物語の5作目。なんと言っても聴き手のおちかがめでたく結婚し、三島屋の富次郎が聞き手を引き継ぐところがこの巻の味噌。物語の中では「開かずの間」が一番怖くて後味悪し。「あやかし草紙」が一番面白かった。しかしよくもまあ次から次へと新しい話が出てきて、作者の創作意欲には脱帽してしまう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月01日

    江戸の袋物屋三島屋で続けられる、怪談語りの百物語の伍之続。
    おちかさんに従兄弟の富次郎が加わって、五話の怪談が語られる。
    語って語り捨て、聞いて聞き捨て。

    おちかが結婚を決意する表題作「あやかし草紙」、こんな草紙、今もどこかで守られていそう。
    怖い話は、魅力的。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月12日

    カバーの綿帽子をかぶった花嫁御寮と「白猫」。買った時からもしやと思っていたが、おちかの幸せを読めて良かった。「開けずの間」では、人間の弱みに付け込むあやかしの、語り終えた後に本当の怖さが伝わる。本書の中でも最もページ数を割いた「だんまり姫」は遠州弁とおぼしき語りに癒やされる感じだった。さて、彼岸と此...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月10日

    一話目がいきなり怖かった! 人間の欲と弱さがよく出てますね。この話はとても他人事とは思えない。誰だって付けこまれますよ。
    どの話もよく出来てますよ。よくこのレベルを維持できるものだなあと思います。僕は表題作「あやかし草紙」が一番印象に残りました。瓢箪古堂の若旦那、勘一は見たんでしょう。それで知ってい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月04日

    おちかが黒白の間の聞き手を「卒業」するということが評判になっていたので、どういう成り行きなのだろうと楽しみに読み始めましたが、1話目がいきなり怖かった(><)
    2話目は一転、心があたたかくなるお話でした。話せなくなったお姫様の声が戻った瞬間の一言に嬉しくなりました。でもそれよりさらに胸がすく思いがし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月04日

    ずーっと追っていたあやかしシリーズの第1章が完結しました。
    心に傷を負ったおちかが、百物語を通して、三島屋を通して、このような結末を迎えて本当によかった。そしてこの結末をリアルタイムで見えて本当によかった。
    百物語はまだまだ続くから、第二章が楽しみです。
    こんなにも分厚い小説なのに一気読みしてしまっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

三島屋変調百物語 のシリーズ作品 1~5巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~5件目 / 5件
  • おそろし 三島屋変調百物語事始
    ある事件を境にぴたりと他人に心を閉ざしてしまった十七歳のおちか。ふさぎ込む日々を、叔父夫婦が江戸で営む袋物屋「三島屋」に身を寄せ、黙々と働くことでやり過ごしている。ある日、叔父の伊兵衛はおちかに、これから訪ねてくるという客の応対を任せると告げ、出かけてしまう。客と会ったおちかは、次第にその話に引き込まれていき、いつしか次々に訪れる客のふしぎ話は、おちかの心を溶かし始める。三...
  • あんじゅう 三島屋変調百物語事続
    一度にひとりずつ、百物語の聞き集めを始めた三島屋伊兵衛の姪・おちか。ある事件を境に心を閉ざしていたおちかだったが、訪れる人々の不思議な話を聞くうちに、徐々にその心は溶け始めていた。ある日おちかは、深考塾の若先生・青野利一郎から「紫陽花屋敷」の話を聞く。それは、暗獣“くろすけ”にまつわる切ない物語であった。人を恋いながら人のそばでは生きられない“くろすけ”とは―。三島屋シリーズ第二弾!
  • 泣き童子 三島屋変調百物語参之続
    三島屋伊兵衛の姪・おちか一人が聞いては聞き捨てる変わり百物語が始まって一年。幼なじみとの祝言をひかえた娘や田舎から江戸へ来た武士など様々な客から不思議な話を聞く中で、おちかの心の傷も癒えつつあった。ある日、三島屋を骸骨のように痩せた男が訪れ「話が終わったら人を呼んでほしい」と願う。男が語り始めたのは、ある人物の前でだけ泣きやまぬ童子の話。童子に隠された恐ろしき秘密とは―三島屋...
  • 三鬼 三島屋変調百物語四之続
    三島屋の黒白の間で行われている変わり百物語。語り手の年齢や身分は様々で、彼らは正しいことも過ちもすべてを語り捨てていく。十三歳の少女は亡者の集う家の哀しき顛末を、絶品の弁当屋の店主は夏場に休業する理由を、そして山陰の小藩の元江戸家老は寒村に潜む鬼の秘密を語る。聞き役に従兄の富次郎も加わり、怪異を聞き積んでいく中でおちかにも新たな出逢いと別れがあり―恐ろしいけど面白い三島屋シリ...
  • あやかし草紙 三島屋変調百物語伍之続
    三島屋の主人伊兵衛は、傷ついた姪の心を癒やすため、語り捨ての変わり百物語を始めた。悲しみを乗り越えたおちかが迎える新たな語り手は、なじみの貸本屋「瓢箪古堂」の若旦那勘一。彼が語ったのは、読む者の寿命を教える不思議な冊子と、それに翻弄された浪人の物語だった。勘一の話を引き金に、おちかは自身の運命を変える重大な決断を下すが……。怖いけれども癖になる。三島屋シリーズ第五弾にして、第...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています