珈琲店タレーランの事件簿 3 心を乱すブレンドは【電子版イラスト特典付】

珈琲店タレーランの事件簿 3 心を乱すブレンドは【電子版イラスト特典付】

作者名 :
通常価格 643円 (585円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

『珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を』で鮮烈なデビューを飾った著者による、シリーズ第三弾。シリーズは合計120万部突破と、好調な「珈琲店タレーランの事件簿」。今回の舞台は、関西バリスタNo.1を決めるバリスタ大会。この大会に初めて出場した美星と付き添いのアオヤマが、連続して起きる不可解な事件に巻き込まれていきます。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
宝島社
掲載誌・レーベル
宝島社文庫
ページ数
367ページ
電子版発売日
2019年11月07日
サイズ(目安)
4MB

珈琲店タレーランの事件簿 3 心を乱すブレンドは【電子版イラスト特典付】 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年10月12日

    コーヒーのカクテルがあるのを初めて知りました。
    事件そのものは後味の悪いものではあったけれど、コンテストに参加した6人のバリスタにも、事故で味覚と嗅覚を失ったとされる第一回優勝のバリスタにも、それぞれ将来に希望が感じられるようなラストが嬉しい作品でした。それにしても美星さんがアオヤマさんにおねだりし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年11月23日

    某小説の二番煎じと思い続けて早3巻。なんだかんだこの小説が好きなんだな、と思ってきたところです。初の長編ということで、どうかな、と思いましたが楽しかったです。
    (2014/6/28)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月02日

    長編になりました。
    今回は謎解きらしい謎解きですね。
    ちょっと後味の悪い悲しい事件でした。
    純粋に珈琲好きだけではいられないのは残念です。
    そのつもりはなくても、人を陥れるようなことをしてまで手に入れる栄光は虚しいものです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月30日

    実力派のバリスタが出場するKBC(関西バリスタ大会)に切間美星
    過去の大会において、トラブルがあったことが徐々にわかる。
    5回目を迎えた今回も、競技中に異物混入事件が発生してしまう。

    そして出場者同士が疑心暗鬼になり始め、だれも信用できないような状況に
    出場者は陥ってしまう。

    付き添いでついてき...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月28日

    2018.1.26
    中々どぎつい犯行理由と方法だったけど、相変わらずさらっとした雰囲気で読みやすいミステリーだった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年06月10日

    これまでの作品より、事件性を感じさせる作品でしたが、一人一人のキャラクターの設定から描写、謎解きの巧妙さがいつもながらあっぱれな作品でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年02月18日

    出てたの気付いてなかったので、約2年半振りの3作目。これってパルスプラザ? ちょっと話が無理だったかしら・・・
    でも、まあそれなりには読めた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年02月04日

    巻数を重ねる度に面白くなっていく。謎解き要素が多く、ワクワクしながら読み進めていたけれど、真相はかなりシリアスでした。それぞれが自分の想いを話すことができていたら、未来は変わっていたかもしれない。過ぎたことを後悔してもどうにもならないけれど、そう思わざるを得ない。しかし、今回事件が起きたことにより、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年01月25日

    タレーラン3作目、舞台はバリスタの大会へ
    初の長編で、中々にドロドロした人間関係が繰り広げられ、今までよりもダークな感じが強かった。
    恨みや妬み、思いやりなどがぶつかって後味がほろ苦いお話だった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年11月09日

    京都市内の二条で営業する純喫茶タレーラン。
    そこのバリスタの切間美星と主人公アオヤマのお話ももう3弾め。
    すっかりおなじみになった感じの珈琲にまつわる事件手帖です。

    今回は美星さんが
    実力派バリスタが集結する関西バリスタ大会に出場。
    エスプレッソ部門、コーヒーカクテル部門、ラテアート部門、ドリップ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

珈琲店タレーランの事件簿 のシリーズ作品 1~6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています