名画の謎 対決篇
  • 最新刊

名画の謎 対決篇

作者名 :
通常価格 896円 (815円+税)
紙の本 [参考] 946円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

ヌードは芸術? それともスキャンダル?
同じように女性のヌードを描き、まったく異なる評価を得た二作。その理由とは?

中野京子の『名画の謎』シリーズ第4弾は、様々な観点から絵画を対決させ、真相を紐解きます。

ピカソとルノワールが同じテーマで描いた2枚、美しき肖像画の王妃たち、父の悲哀、性愛の絶頂をめぐる情熱……。絵画の世界は広く、奥深い!
解説・岡本弘毅

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
256ページ
電子版発売日
2018年08月03日
紙の本の発売
2018年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
18MB

名画の謎 対決篇 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年08月21日

    テーマに対して、時代や描き方などにとらわれずに選ばれた2作品を並べ、その対比がより作品のおもしろさを伝えてくれた。(対決のテーマもおもしろい!)
    例えば『ムーラン・ド・ラ・ギャレット』は同じタイトルだけど、こんなに雰囲気が違うのか!と驚かされたり(ルノワールしか知らなかったので、ピカソの方の妖艶さの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月04日

    一枚の絵にどれだけの物語があるのか、知れば知るほど楽しくなる。知識がない私でも面白く読めたのは筆者のユーモラスな語り口のおかげかな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月04日

    絵画観賞が楽しくなるシリーズ、これも対決のテーマが独特で面白い
    妻視点で夫を描いたもの、夫婦の関係性がよくよくあらわれているなと(ものすごく対照的)
    天使VSキューピッド、対決する絵はもちろん解説する言葉の選び方も面白い(「ホバリングする顔」って…笑)
    また企画展やってほしい

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月07日

    知らない絵であっても興味深い解説でさらさら読めた。学校の美術で知った絵画なんてほんの一部だし背景とか作者の人生にまで思いを馳せることなんてなかったけど、ちょいちょい美術館に行って深く鑑賞したいな。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年11月25日

    2つの作品を並べて対比するという取り組みは
    とても面白いです。美術の授業や美術史は
    退屈でしたがこんな授業なら学生も楽しく
    勉強できるだろうな。

    このレビューは参考になりましたか?

名画の謎 のシリーズ作品 1~4巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~4件目 / 4件
  • 名画の謎 ギリシャ神話篇
    「この絵のメインテーマは『電撃的一目惚れ』だ。びびび、ときた瞬間が描かれている」――歓喜と絶望、嫉妬に自己愛、同性愛! 人間臭く、凶暴なエネルギーが渦巻くギリシャ神話はまさに物語の宝庫。エロスに振り回される身勝手な神々の姿を描いた名画を、深い人間解釈と魅惑の文章で読み解いた極上のエッセイ! 人気の『名画の謎』シリーズ文庫化第一弾!
  • 名画の謎 旧約・新約聖書篇
    「アダムにはないはずの臍が絵に描かれているのは?」「イエスが12月25日生まれとは聖書のどこにも書かれていない!?」「磔刑にされたイエスが見た光景とは?」。旧約・新約聖書に登場する様々なドラマと絵画の世界を深く楽しく解説。矛盾までが絵の魅力となることを解き明かす驚きと教養に満ちた一冊! 人気の『名画の謎』シリーズ文庫化第二弾!
  • 名画の謎 陰謀の歴史篇
    『怖い絵』シリーズ著者の絵画エッセイ 2017年に兵庫と東京で開かれ、記録的な来場者数となった 「怖い絵展」。その特別監修者を務めた中野京子さんの 『怖い絵』シリーズに並ぶ人気作が『名画の謎』シリーズです。 シリーズ3作目となる「陰謀の歴史篇」では、 フェルメール、ラファエロ、ゴヤ、ブリューゲルといった 時代を代表する画家たちが残した名画の数々を読み解きます。 そこには、権力へと強欲...
  • 名画の謎 対決篇
    896円(税込)
    ヌードは芸術? それともスキャンダル? 同じように女性のヌードを描き、まったく異なる評価を得た二作。その理由とは? 中野京子の『名画の謎』シリーズ第4弾は、様々な観点から絵画を対決させ、真相を紐解きます。 ピカソとルノワールが同じテーマで描いた2枚、美しき肖像画の王妃たち、父の悲哀、性愛の絶頂をめぐる情熱……。絵画の世界は広く、奥深い! 解説・岡本弘毅

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています