悪霊(上)

悪霊(上)

作者名 :
通常価格 979円 (890円+税)
紙の本 [参考] 1,045円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

1861年の農奴解放令によっていっさいの旧価値が崩壊し、動揺と混乱を深める過渡期ロシア。青年たちは、無政府主義や無神論に走り秘密結社を組織してロシア社会の転覆を企てる。――聖書に、悪霊に憑かれた豚の群れが湖に飛び込んで溺死するという記述があるが、本書は、無神論的革命思想を悪霊に見たて、それに憑かれた人々とその破滅を、実在の事件をもとに描いたものである。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 海外文学
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
シリーズ
悪霊シリーズ
電子版発売日
2016年12月30日
紙の本の発売
1971年12月
サイズ(目安)
2MB

関連タグ:

悪霊(上) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年05月28日

    これまでに何冊か読んだドストエフスキーの小説の中で、最も難解な作品。
    主人公はステパン・トロフィーモヴィチではなく、ニコライ・スタブローギンだとわかるまでに時間がかかった。
    上巻のクライマックスは、ニコライとガガーノフの決闘であろうか。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年08月14日

    再読である。まるで初めて読むように味わうことができた。日本の近現代文学にも影響を与え続ける名作をたっぷりと味わえ、普段の読書より濃密な時間を過ごすことができた。スタヴローギンがやはり気になる。彼の最後が暗示する「未来」とは予想してみたくなる。ステパンもカルマジーノフも滑稽でもあるが、生きることに真摯...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年02月24日

    「地下室の手記」→「罪と罰」→【悪霊】→「カラマーゾフ」の順で読んでいくと、長さ的にもムリなく、ドストエフスキーの根暗な魅力にハマれると思います(^ω^)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年09月06日

    帝政ロシア末期、地下組織が脱退者を殺害したという「ネチャーエフ事件」をモチーフに書かれた。革命勢力を揶揄しているとして、ソ連時代は弾圧された問題の小説。子離れしない親を持つ各々の息子スタヴローギンとピョートル。二組の親子を中心とした人間関係を成す多彩な登場人物たち。やはりキリーロフが好きである。語り...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年01月22日

    ドストエフスキーの長編小説の中でも最も難解といわれるこの『悪霊』だけどその分より深淵に踏み込んだ、どうにも救われない個人の内面というテーマの描かれ方は随一。見栄や思想、強欲、宗教、そして時代…誰もが目に見えない「何か」に心を奪われ、病人の様に生きている。キリスト教には病人の代わりに悪霊を引き受けてく...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年10月23日

    「ニコライ・スタヴローギンは事実、部屋の中にはいっていた。彼はごく静かに部屋にはいってくると、一瞬戸口で立ちどまり、もの静かな眼差しで一座をみわたした。」

    やっと出てきたか、と言いたいけど、スタヴローギンの登場で物語は動き出す。

    ヒントは二つある。

    (ヒントその1)
    ミハイル・バフチンはドスト...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年08月22日

    結構難しい。いや、かなり。
    カラマーゾフの兄弟と並ぶドストエフスキーの思想書と書かれてるけど、こっちの方がより観念的というか。最初のほうとか、ステパン氏の説明にどれだけ割くんだという感じ。

    それでもさすがなのは、読ませられる。各キャラクターが非常に際立ちます。ピョートルはいけすかないし、悪魔超人ス...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年05月18日

    農奴解放令によっていっさいの旧価値が崩壊し、
    動揺と混乱を深める過渡期ロシア。
    悪霊に憑かれた豚の群れが、
    湖に飛び込んで溺死するという聖書の記述から
    無神論的革命思想を悪霊と見立て、
    それに憑かれた人々とその破滅を描く。
    そんな裏表紙の触れ込みのドストエフスキーの大作、悪霊。

    罪と罰で遅かれ、初...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年10月21日

    「無神論を悪霊に見立て、それにとりつかれた人々の破滅を描く―」
    裏表紙の文です。
    シャートフやニコライ、またそれに迫るピョートルなど、確かに破滅の足音が聞こえてくる感があります。

    しかし正直「白痴」同様読みにくさを感じました…。

    ステパン氏とは何の描写なのでしょうか?
    アンチ無神論者であるが滑稽...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年05月23日

    ロシア旅行の前に読みました。

    罪の意識がなく、平気で人を殺しては精神障害者の振りをして無罪となり、
    女性と関係をもっては公然と彼女を侮辱し、親友の妻を孕ませ、
    好き勝手やっていた男性に悪霊が取り憑いて、彼は自殺に追いやられた。

    福音書の中にイエズスが人々から悪霊を取ってやると、
    悪霊は豚...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

悪霊 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 悪霊(上)
    979円(税込)
    1861年の農奴解放令によっていっさいの旧価値が崩壊し、動揺と混乱を深める過渡期ロシア。青年たちは、無政府主義や無神論に走り秘密結社を組織してロシア社会の転覆を企てる。――聖書に、悪霊に憑かれた豚の群れが湖に飛び込んで溺死するという記述があるが、本書は、無神論的革命思想を悪霊に見たて、それに憑かれた人々とその破滅を、実在の事件をもとに描いたものである。
  • 悪霊(下)
    1,089円(税込)
    ドストエフスキーは、組織の結束を図るため転向者を殺害した“ネチャーエフ事件”を素材に、組織を背後で動かす悪魔的超人スタヴローギンを創造した。悪徳と虚無の中にしか生きられずついには自ら命を絶つスタヴローギンは、世界文学が生んだ最も深刻な人間像であり“ロシア的”なものの悲劇性を結晶させた本書は、ドストエフスキーの思想的文学的探求の頂点に位置する大作である。

悪霊 の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

新潮文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング