「江川卓」おすすめ作品一覧

「江川卓」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/12/30更新

悪霊
  • ブラウザ試し読み

地下室の手記
  • ブラウザ試し読み

罪と罰
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 罪と罰 下
    後半のスピード感はすごい。登場人物の性格の複雑さといい、展開の予測できなさといい、意外と普通に読んでも楽しめるレベルではないか。初めてドストエフスキーで完読できた。
  • 地下室の手記
    ドストエフスキーの岐路となる作品
    として読み、ドストエフスキーへの関心の再燃、他の作品網羅への意欲、両者を通じて得ることのできる“今の自分への答え”を知り得たいという意欲、この本に掻き立てられました。
    この本を通じて、ああ、分かる、と受け取る人が一体どれほどいるのか知りたいと強く思いました。
    ※今の...続きを読む
  • 罪と罰 下
    いよいよ完結の『罪と罰』
    自らの罪と向き合い翻弄するラスコーニコフの絶望的だが、希望のある終末へと向かっていく。はっきり言ってしっかりと読み込めているとは思えない。ただなんというか、意識の大きなうねりに身をゆだねていくうちに、様々な感情のぶつかり、葛藤を感じ、その波にのまれていった読書体験。最後ラス...続きを読む
  • 悪霊(下)
    スタヴローギンなしには、物語の精彩を欠いていただろう。そこに精神のもがきがあるからだ。あとは俗悪で、または、単に俗っぽさがあるのみだ。ステパンの最後の独白も良かった。良心があった。別立てにされたスタヴローギンの告白はやはり本編に含めるべきだろう。でないと、最後の彼の自殺が物語の救いにならなくなる。色...続きを読む
  • 地下室の手記
    真実を描くことが、ある人には救いになる。ときにそれがあまりに醜く、世間の反感を買うことが分かっていても、描き切ることができる作家は、奇跡的な存在だ。視野狭窄に陥った鬱状態の思考をここまで的確に言葉にした文学を私は知らない。ランクの付けようがない。別格である。