ストレイヤーズ・クロニクル ACT-3
  • 最新刊

ストレイヤーズ・クロニクル ACT-3

作者名 :
通常価格 594円 (540円+税)
紙の本 [参考] 638円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

防衛副大臣となった渡瀬浩一郎に囚われたままの亘を、必死に探す昴。渡瀬は自身の黒い野望を達成するため、暗殺者・武部に昴の殺害を指示。一方、「破綻」のタイムリミットが近づく〈アゲハ〉達は、渡瀬抹殺のため動き出す。〈アゲハ〉の中心人物、学の体内で人類滅亡のウィルスが着々と生成されていく中、ついに三者が、富士山演習場で激突。誰が敵で誰が味方なのか――。死闘のシリーズ最終章!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
SF・ファンタジー / SF(国内)
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
シリーズ
ストレイヤーズ・クロニクルシリーズ
ページ数
320ページ
電子版発売日
2015年07月03日
紙の本の発売
2015年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

ストレイヤーズ・クロニクル ACT-3 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2017年08月07日

    1から3までどれもよかった。
    ただひたすら続きが気になる作品。

    でも3が一番よかった。
    私は本多さんの生死に対する描写がとても好きで
    それがきっと本多さんを好きな大きな理由のひとつだと思う。
    3にはそういう部分が一番あって、ひきこまれた。

    どこかでもしかして本当に起こっているのでは
    ないかと思わ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年09月24日

    昴たちにこれまで命令を下していた渡瀬浩一郎が、遂に昴たちに牙を剥き、戦いはアゲハを交えた三つ巴の様相へ。

    常人を遥かに超える能力でありながら、彼らが持つある宿命とは…、昴の弟分であり、「破綻」したはずの亘は生きているのか…、渡瀬の最終的な目的は?…様々な謎が収斂して、物語は一気にエンディングへと進...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月16日

    確かに行動は無茶苦茶だけど、アゲハ達が感じているであろう不条理と、だからこその仲間に対する優しさが何とも切ない。
    そして最後はやっぱりこうなるしかないという結末を迎えました。
    確かにこの作品は映画に向いていると思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月02日

    アゲハVS渡瀬VS昴御一行様!!!

    冒頭で渡瀬から昴に対して刺客が放たれるので。
    昴に忍び寄る暗殺者の影!!

    死亡フラグが次から次へと立つアゲハのメンバー!

    むしろ狂気といっても良い渡瀬の野望!



    そんな物語の最終巻

    彼らの物語は全世界を巻き込む!!!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月14日

    本当は、ぼちぼちですかね。好きな作家なのでよかったですが、そうでなければ、と思ってしまう展開でしたね。結局、最後の展開もなんとなくありがちで。でも、昴は好きでしたね。個人的にはひいき目をいれて、よかったです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年07月19日

    さすがの本多孝好!
    視点をずらして書く、この感じが大好き。
    ワタルくんの絡みが少なくて残念だぁぁー

    映画版はどうなるんだろ、この話が映画1本にまとまると思えないのにな……

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年07月04日

    流れに身を任せて生きるのもいい。
    けれど、生き抜く強さをもつのも、やっぱりいい。
    それは、がむしゃらに未来を見据えて立ち向かう、のとはちょっと違うんだろう。
    守ること笑うこと、悲しんだり共感したり。そういうものを失うことなく受け止め続けることなのかな、とか思ったり。

    少し気になる部分(あっけなさと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年06月15日

    わぁぁ、そういうオチの付け方ですか。
    ラストが映画っぽい(映画版、ではなくて。
    車の中からカメラの視点がぐんぐん上昇して、最終的に地球…みたいな。
    ちょっと古き良きな表現。

    映画版はな~。
    配役が地味な印象。
    キレのある美女も混ぜて欲しかった感。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年06月11日

    最終巻。

    え、亘くんはなんだったの?

    映画はどのようにまとめてくるかわからないけど、3部作とかでも全然いいんじゃないかと。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月20日

    殺し屋の話がまた、両者の間に水を差すかと読み進めるとなんと、意外な結末へ。これでやっと両者 向き合うかと思いきや、決着は着かず。 まぁ面白く読めた。

    このレビューは参考になりましたか?

ストレイヤーズ・クロニクル のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • ストレイヤーズ・クロニクル ACT-1
    瞬時に移動できる超人的運動能力、普通の人には聞こえない小さな音まで聞き分ける鋭敏な聴覚、決して忘却しない驚異的な視覚記憶力――常人とはかけ離れた特殊能力を持つ4人は仲間の亘を人質に取られ、老獪な政治家・渡瀬浩一郎のために裏の仕事をしている。そんな彼らに、世間を賑わしている残虐な殺人集団〈アゲハ〉の追跡が命じられる。〈アゲハ〉とは何者なのか。今、壮絶な戦いが幕を開ける――。
  • ストレイヤーズ・クロニクル ACT-2
    特殊能力を持つ昴・沙耶・隆二・良介。東京での国際会議に出席する遺伝子工学者に復讐するため現れる〈アゲハ〉を生け捕りにしろと、渡瀬から命令される。一方、会場ホテルの警備システムを任されたセキュリティ会社社長の神谷昌樹も独自のゲームを仕掛ける。昴たちの体は既に限界にきており、いつ「破綻」してもおかしくない状態。そんな中、〈アゲハ〉と渡瀬の対決が近づく――。緊迫の第2弾。
  • ストレイヤーズ・クロニクル ACT-3
    防衛副大臣となった渡瀬浩一郎に囚われたままの亘を、必死に探す昴。渡瀬は自身の黒い野望を達成するため、暗殺者・武部に昴の殺害を指示。一方、「破綻」のタイムリミットが近づく〈アゲハ〉達は、渡瀬抹殺のため動き出す。〈アゲハ〉の中心人物、学の体内で人類滅亡のウィルスが着々と生成されていく中、ついに三者が、富士山演習場で激突。誰が敵で誰が味方なのか――。死闘のシリーズ最終章!

ストレイヤーズ・クロニクル の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています