楽園のカンヴァス

楽園のカンヴァス

作者名 :
通常価格 737円 (670円+税)
紙の本 [参考] 781円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

ニューヨーク近代美術館のキュレーター、ティム・ブラウンはある日スイスの大邸宅に招かれる。そこで見たのは巨匠ルソーの名作「夢」に酷似した絵。持ち主は正しく真贋判定した者にこの絵を譲ると告げ、手がかりとなる謎の古書を読ませる。リミットは7日間。ライバルは日本人研究者・早川織絵。ルソーとピカソ、二人の天才がカンヴァスに籠めた想いとは――。山本周五郎賞受賞作。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2015年05月01日
紙の本の発売
2014年06月
サイズ(目安)
1MB

楽園のカンヴァス のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年05月07日

    むちゃくちゃ良かったです。
    絵心のない私ですが、著者の美術に対する知識、情熱をめちゃくちゃ感じました。
    原田マハさんは、実際キュレーターをされているみたいですね。
    ストーリーの展開や描写の上手さに、めちゃくちゃハマりました❕
    美術館に行きたくなります!
    ぜひぜひ読んでみてください

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月07日

    全く知らずに読んでみたらアートミステリーだった。
    今まで読んだことのあるインパクトオンリーのミステリーではなく、情緒ある奥ゆかしいものであり尚且つ仕掛けもしっかりしているとても面白く読める内容であった。

    物語の最後に書かれている、「別の言葉がふいにこぼれてしまった。「夢をみたんだ。君に会う夢を。」...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月01日

    「なんとしても奪っていただきたいのです。ーー『夢』を」

    心は〈神秘〉
    愛は〈情熱〉
    命は〈奇跡〉

    三つの絵の具を混ぜ、
    一心不乱に描いた絵画。

    そこには濃密な〈謎〉が膜を張る。

    ルソーとピカソ。

    或る天才達と、
    謎に魅せられた者達の《夢》。

    /////

    第25回山本周五郎賞受賞作。とは...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月01日

    絵画を絡めた美術ミステリ。こういう作品を読むのは初めてだったけど、すごく面白かった。
    著者の原田マハさんは作家でありキュレーターでもあるそうで、絵画の世界に明るいからこんな作品を書けるのだと思うと感心してしまう。

    現在でも評価の分かれる画家であるアンリ・ルソー。彼が描いた「夢を見た」の下には、かの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月30日

    原田マハさんのアート小説を読み終えた後のこの感情。
    "新しい世界に出会った"ような。
    感動して圧巻されてしばらく何も手につかなくなる。
    今作は伏線回収の要素があった分余計に、。

    原田マハさんの作品は携帯片手に絵画などを
    調べながら見るのがとても楽しい。
    自分がその場にいるような...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月23日

    芸術の世界の楽しみ方を知れる物語だった。
    ひとつの物語を読み解くにつれ見えてくるもう一枚の絵。その正体と、二人のを愛する研究者の織り成す物語

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月22日

    胸を熱くさせ、その後じんわりと、優しい気持ちにさせてくれる物語。
    自分を魅了するものに向き合い続け、それを守るために、寄り添い続けること。そして何かに精通すること。それは冒険をすることでもあり、そして愛し続けることだと感じた。
    自分も情熱をぶつける何かを見つけたいなあ。

    そして原田マハさんの描く女...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月19日

    数年前に購入して途中まで読み、積読してしまっていた一冊。また最初から読み直したら面白くて止まらなかった。次々と明かされる秘密、真実なのか虚偽なのかは別として作品に対する「情熱」が凄かった。大原美術館とMOMAに行きたくなった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月16日

    「楽園のカンヴァス」 原田マハ(著)

    平成26年7月1日 文庫初版 (株)新潮社
    令和2年5月20日 17刷

    久しぶりに寝食を忘れて読みました^^;

    愛と夢と情熱に溢れた作品でした。

    いろんな人から
    いろんな場所で
    原田マハ良い!と聞いていたのですが

    生来の天邪鬼なぼくは
    読まずに生きてき...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月14日

    やっと読めた。
    読み始めてみれば、進む、進む。

    大原美術館からNYへ。スイスへ。
    それぞれの章の最後でとんでもない話が飛び出して来るし。
    今「13歳からのアート思考」も読んでいて、作品を見ながらアウトプットすること。というのがあって、文字を読みながら絵を想像して、あぁ、実際見たら自分のアウトプット...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

楽園のカンヴァス に関連する特集・キャンペーン