東京喰種トーキョーグール:re 9
  • 完結

東京喰種トーキョーグール:re 9

作者名 :
通常価格 606円 (551円+税)
紙の本 [参考] 618円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「お前は…喰種捜査官だろう!!」 阿鼻叫喚が響き渡る流島。「アオギリの樹」の根城は、多数の犠牲で埋め尽くされていた。鈴屋班に襲い掛かる“双子”の執念と、“医師”の奸計。“赤舌連”にまつわる因縁の対峙。そして、六月の捜索に出た瓜江Qs班が目の当たりにした衝撃の光景とは…? 交わることのない、〔CCG〕と“喰種”。その焦点が、ついに揺らぎ始める――。

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
青年マンガ
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
週刊ヤングジャンプ
ページ数
245ページ
電子版発売日
2016年12月19日
紙の本の発売
2016年12月
サイズ(目安)
62MB
  • アニメ化

    「東京喰種トーキョーグール:re(第2期)」

    2018年10月9日~ TOKYO MXほか
    声の出演:花江夏樹、石川界人、藤原夏海

東京喰種トーキョーグール:re 9 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年02月02日

    『東京喰種:re』100回記念のアイコン一言コメントを通勤時の電車の中で全部ノートに書き写してみた。

    ①読者の自分がその人物をどう呼んでいるか
    ②吹き出しの台詞を書き写す
    ③作者が普段読んでるであろう人物の呼び名
    ④作者のコメント

    と言う感じで書き写すと、色々と発見があった。全部写すと言うのをや...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年12月24日

    亜門アッサリすぎる。

    キャラ数の割に展開が異様に速いのがこの漫画の売りの一つで、reは無印の流れに沿う展開が随所に放り込まれているが、これで亜門退場ならちょっと持て余したんじゃないかという感は否めない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年07月24日

    流島戦終結へ。コクリアの方の騒動を描き終わったのでわかりやすくなるか…と思ったらどんどんキャラが入り乱れて大混戦に。これがこの作品らしいが、今回はいつもより良し悪しあるなぁと。

    ハイスピードに戦闘が進んでいるような雰囲気で迫力はすごいのだが、せっかく盛り込まれている様々なキャラの心情もものすごいス...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年12月22日

    やっぱ亜門さん ホレる・・・!
    かっこいいよ~~!

    いやしかし、誰が誰の前に現れるのか、誰が誰の味方をするのか。
    いっそ誰がグールで誰が捜査官なのかまで失念しそう。

    こういう複雑な造りをするマンガって好み!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年02月26日

    うーん、本格的に誰が誰と戦っていて、
    どっちがグールでCCG側なのか分からなくなってきたぞ…(笑)
    最初の頃はもっと単純な話だったと思うんだけどなぁ。

    そろそろ1巻から読み直しが必要だろうか。次巻が出てから考えよう。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    何これ

    ぽた 2016年12月28日

    作者が飽きたとしか思えない。
    伏線回収もなく。
    キャラがいい加減な扱いで退場に次ぐ退場。
    reになってからは惰性で読んでましたがもうそろそろやめようかな




    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    最高!

    うん、 2016年12月19日

    タタラの扱い雑な気もしたけど、面白いです。 今回のおまけもいい

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2016年12月23日

    最終回か?、と思うほど色んなキャラクターが登場し倒れていくので、もう少し一つ一つの戦いを詳細に描いて欲しかったです。タタラさんにはもう少し頑張ってほしかった…。亜門さんもそうですが、全体的に呆気ないという印象でした。まあ、あれだけ入り乱れた戦闘を描くために、スピード感を重視したということなんでしょう...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2017年01月09日

    ん?亜門鋼太朗さん出てきた・・・?
    前の巻までを一気読みして、ちょっと間を開けたらもう話についていけなくなってた。。カネキくん(佐々木くん)が隻眼の王になったところまでは覚えていたけど、そういえばその過程で有馬貴将さん亡くなりましたね。
    オウル(=瀧澤政道)はreの当初からぶっ飛んでたけど、ここへ来...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2017年01月04日

    おおぅ、だいぶ勢力図が描き変わってしまった…。喰種側もCCG側も敵味方入り乱れ乱れまくってますね。
    ここまで勿体ぶって、ようやく登場の亜門さん。即退場ってことは…ないと思うんだけど。
    いろいろ謎も解けたところで、広げてしまったアレコレをどう収拾つけるか? 良い終着点が見つかることを期待してます。

    このレビューは参考になりましたか?

東京喰種トーキョーグール:re のシリーズ作品 全16巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~16件目 / 16件
  • 東京喰種トーキョーグール:re 1
    完結
    群集に紛れ、ヒトの肉を喰らう。ヒトの形をしながら、ヒトとは異なる存在…“喰種(グール)”。“喰種”を駆逐・研究する〔CCG〕は、あるひとつの命題を果たすため、実験体集団を新設。――その名は「クインクス」。「まともな人間」ではない彼らと、佐々木琲世一等捜査官が“東京”で向き合うものとは――!?
  • 東京喰種トーキョーグール:re 2
    完結
    「僕は、僕が生きてきた20年間を知りません」 『半喰種』として任務に当たる指導者・佐々木琲世に対し、瓜江、不知、六月、米林ら「クインクス」のメンバーは、それぞれに複雑な思いを抱く。 一層の戦力を拡大している喰種集団「アオギリの樹」の動向を探りつつ、次なる標的「ナッツクラッカー」の捜査へ。 ふと引き寄せられた喫茶店で、ハイセは“懐かしい香り”と出会う。 そこに、自身を紐解く大きな“...
  • 東京喰種トーキョーグール:re 3
    完結
    「秘密の話でもしようぜ……二人きりで」 人間を攫い、競りをする“喰種”たちが集まる舞台、オークション。大型駆逐対象喰種討伐のため、〔CCG〕は大幅な人員増をし、「オークション掃討作戦」を決行する。一方、標的・ナッツクラッカーを追い、作戦に参加したハイセたちクインクス班の前に、“オウル”と呼ばれる異形の影が忍び寄る。かつての面影を残すその残像が、悲しみの爪痕を刻む時、ハイセの頭に“声”が...
  • 東京喰種トーキョーグール:re 4
    完結
    「我々“喰種”に仇なす存在にございます――」 “オークション掃討作戦”から半年後…。煉獄の苦しみの渦中にいる月山習を救うため、カナエ=フォン・ロゼヴァルトと月山家は“収穫”という名の“大量誘拐”を繰り返す。しかし、一向に回復しない主の姿を見かねて、カナエは単独で行動を開始する。カメラ少女・掘ちえの力を借りて。一方、昇進したハイセたちQsの次なる標的は「ロゼ」。“カネキケン”でつながる両者が...
  • 東京喰種トーキョーグール:re 5
    完結
    「私があなたの神様になってあげる――」 進捗をみせる「ロゼ」討伐作戦の最中、“個”を発揮し始める、歴戦の捜査官たちと、次第に“空白の20年間”に迫る佐々木琲世。疑問と真相の輪郭が、徐々に姿を現してゆく。一方、主・月山習のため、ハイセらQsの面々を消そうと画策するカナエは、「アオギリの樹」と接触を図る。月山家に近づく、数多の足音。そして、景色は縫われる。片眼が紅く蠢く存在によって――…!
  • 東京喰種トーキョーグール:re 6
    完結
    「私、あなたのことが好きになったわ!」 犠牲を生み続ける月山家殲滅戦の最中、予期せぬ“隻眼の梟”の襲来。縫われた視界から、秘められた愛情が零れ始める。掬えないその雫は、最期の放物線を描き、対象に沁みてゆく。行き場のない意志を遺して。そして、漆黒が東京を包む時、ふたつの“隻眼”が光を放ち始める。まるで、瞬きすら惜しむ、双眸のように――。
  • 東京喰種トーキョーグール:re 7
    完結
    「わたしは“隻眼の王”では、ない」 多数の犠牲を出した“月山家殲滅戦”から半年。“アオギリの樹”討伐に勢力を注ぐ〔CCG〕は、「隻眼の王」を討つことを最重要課題とし、アオギリの根城“流島”への上陸と同時に、コクリアを防衛する作戦に踏み切る。そして、最終作「王のビレイグ」を上梓し、自身が“喰種”であると明言した高槻泉。世界の根源を疑う問題作が、東京を静かに揺らし始める。コクリアに、侵入者を...
  • 東京喰種トーキョーグール:re 8
    完結
    「かっこ悪くても、いきろ」 コクリアに鳴り響く警報。開放される独房の“喰種”たち。佐々木琲世としての“最期の仕事”は有馬貴将の存在によって、完遂を迎えようとしていた。無敗の捜査官が放つ無数の刃に容赦なく肉体を刻まれたとき、既視感とともに、“ある声”が脳内に響く――。そして、青年は「生」を求める。――半喰種“カネキケン”として。死神は静かに微笑み、再び刃を交える。己の存在を確かめ合う、“親...
  • 東京喰種トーキョーグール:re 9
    完結
    「お前は…喰種捜査官だろう!!」 阿鼻叫喚が響き渡る流島。「アオギリの樹」の根城は、多数の犠牲で埋め尽くされていた。鈴屋班に襲い掛かる“双子”の執念と、“医師”の奸計。“赤舌連”にまつわる因縁の対峙。そして、六月の捜索に出た瓜江Qs班が目の当たりにした衝撃の光景とは…? 交わることのない、〔CCG〕と“喰種”。その焦点が、ついに揺らぎ始める――。
  • 東京喰種トーキョーグール:re 10
    完結
    「ヒトと“喰種”は分かり合える」 先代の“隻眼の王”の意思を継ぎ、記憶を取り戻したカネキは、『喫茶:re』に身を寄せることに。懐かしい珈琲の味と香りに包まれたそこは、かつての仲間たちと、“王”を囲う“喰種”たちで満ちていた。―自分が“ここ”にいる意味。ヒトと理解し合える世を目指し、「黒山羊」を組閣したカネキは、〔CCG〕との対話を求め始める。世界という“殻”を破壊するために――。
  • 東京喰種トーキョーグール:re 11
    完結
    「先生がいないと、私は――…」 「ピエロマスク集団」による、〔CCG〕各支局同時多発襲撃が発生。裏で“ピエロ”を操る旧多二福(ふるたにむら)は、次第に〔CCG〕そのものを恣(ほしいまま)に。佐々木琲世に教えを施されたかつてのQsたちも、カネキケン率いる「黒山羊(ゴート)」の動きに動揺を隠せないでいた。“ヒト”と“喰種”の関係が根本から変化しようとする最中、“隻眼の王”に求められるものは――…?
  • 東京喰種トーキョーグール:re 12
    完結
    「24区」の最深部と、隻眼の喰種…か」 “全喰種の殲滅”を掲げ、「東京完塞」を試みる〔CCG〕新局長・和修吉福(わしゅうきちむら)。そして、生み出された新戦力「オッガイ」。Qsの上位互換である「黒い子供たち」は、夥しい速度で“喰種”を狩り始めた。対策を余儀なくされた「黒山羊」は、「喫茶:re」を離れることを決意する。その刹那、訪れる執念の追跡者。東京24区。未知の地下空間。語られる「隻眼の喰...
  • 東京喰種トーキョーグール:re 13
    完結
    「死神の時間ですよ」 「隻眼の喰種」が開拓した東京地下24区。“黒山羊”がアジトを構える未開の地は、ついに結ばれたカネキとトーカを、祝福する数多の声で溢れていた。一方地上では、新局長・和修吉福(わしゅうきちむら)により、「喰種対策法違反」の罪で、裁かれようとする黒磐依子。運命の日は“4月23日”。24区へ侵入する「オッガイ」が、“黒山羊”を脅かし始める。まるで、「死」をふたつ重ねるように...
  • 東京喰種トーキョーグール:re 14
    完結
    「あれがカネキよ――」 旧多の思惑通り、大量の「オッガイ」を喰らい、「竜」のような姿に形を変えたカネキは、24区から地上へ。無作為の搾取と、孤独な咆哮に包まれた東京は、未曽有のの大混乱にあった。そこに、旧友の“声”が響く。“東京”と“カネキケン”を取り戻すため、〔CCG〕と“喰種”が下した“ある決断”。彼らが見つめる先に、“間違ったこの世界”の「光」が――…!?
  • 東京喰種トーキョーグール:re 15
    完結
    「全部あなたが食べたから、私はここにいるの」 “カネキケンと東京”を救うため、手を組むことにした“喰種”と〔CCG〕。東京に生きるもの全ての力を結集し、23区中を埋め尽くす膨大な胎内から、ついに本体の足がかりを掴んだ両者。“佐々木琲世”の幻影を追う六月透と、“金木研”を繋ぎとめる霧嶋董香。Qs班の存在意義を問う、最終対峙。そして、カネキの脳内には、文字と“喰”を愛した“あの女性”が――…!
  • 東京喰種トーキョーグール:re 16
    完結
    【ページ数が多いビッグボリューム版!】「なにもできないのは もういやなんだ」 “人類総喰種化”が進む東京。「毒」の根源を絶つために、〔CCG〕と“喰種”は力を結集して、カネキとアヤトを地下24区へ。そこに立ちはだかる、旧多二福(ふるたにむら)。自身を「この世界」に招き入れた“元凶”を前に、カネキが望んだこととは…? そして、“東京”と“喰種”の未来は――…?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています