相剋の森

相剋の森

作者名 :
通常価格 825円 (750円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「山は半分殺してちょうどいい――」現代の狩人であるマタギを取材していた編集者・美佐子は動物写真家の吉本から教えられたその言葉に衝撃を受ける。山を殺すとは何を意味するのか? 人間はなぜ他の生き物を殺すのか? 果たして自然との真の共生とは可能なのか――。直木賞・山本賞受賞作『邂逅の森』に連なる「森」シリーズの第一弾。大自然と対峙する人間たちを描いて感動を呼ぶ傑作長編。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
552ページ
電子版発売日
2014年10月03日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

相剋の森 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年04月02日

    相剋の森とは時代設定が変わり、
    現代の世の中で自然と人間はどうあるべきか
    というかかわり合いの話がテーマになっている。

    物語としても読ませるし、
    読み手として考えさせられるところも多い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年02月21日

    「邂逅の森」も面白いが、こちらもまた面白い。自然と人間がどんな距離感でいるべきか、筆者の言いたいことはそこなんだろう。きれいな直線で分ける論理は逆に危なくて、いい感じの落としどころを探っていく。そんなスタンスに共感する。マタギとしての話も面白いが、滝沢の悩み(妻との関係)など、伏線となる設定も面白い...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年12月26日

    熊谷達也さんの作品は「邂逅の森」で衝撃を受けてからたくさん読ませてもらいました。少し前に山背郷を読んでからの森シリーズ第一作目の本作に辿り着いております。ですから物語終盤の主人公のルーツの件で邂逅の森と繋がる部分などホント、ワクワクしながら読み進められ非常に面白く本作も読ませて頂きました。とにかく山...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年02月20日

    いや~、とても面白く一気に引き込まれてしまった。
    『邂逅の森』と話が交わる部分もあり、『邂逅の森』を先に読んで両方を読むのがお薦めです。

    時代は現代、マタギの取材をする編集者の視点から、マタギ文化や自然保護が語られていく。
    最後の山巻きは臨場感があり、とても良かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    マタギの物語。
    自然保護云々もあるけれど、あくまで対等に自然、熊と向き合って生きてってるんだろう。
    「熊を殺す代わりに、己の欲も殺す」
    わざわざ苦労して熊狩りをしなくても食べていけるこの時代に、あくまで狩りを続けていくのは、文化の継承もあるんが、それよりも先祖から受け継いだ血が騒ぐっていうとこ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    ご存知“森シリーズ”。

    「邂逅の森」が、一昔前のマタギの生き様を描いたのに対し、
    こちらは、“現代のマタギ”と“自然愛護”という対極の文化が、どうあるべきかを描いたもの。

    結論的なラストではないものの、だからこそ一考に価する。

    個人的には、またしてもマタギの男に惚れ込んでしまいました…...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月09日

    内容
    「山は半分殺してちょうどいい―」現代の狩人であるマタギを取材していた編集者・美佐子は動物写真家の吉本から教えられたその言葉に衝撃を受ける。山を殺すとは何を意味するのか?人間はなぜ他の生き物を殺すのか?果たして自然との真の共生とは可能なのか―

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月22日

    読みたいのに、美佐子がどうしても好きになれずに進まなかった。でも、美佐子と一緒に学んでいった。理屈じゃない。この文を読んで理解する話じゃない。一冊読む中で、一緒に理解していけるものなのだと思う。良書だった

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月22日

    邂逅の森から読んでしまったが、こちらがマタギ3部作の1つ目。

    時代は現代に移り、現代ならではの問題が主題。記者である美佐子の取材シーンや、山のシーンはたっぷりとしていて満足。ただ、女性の書き込みは浅いよね、と女性として思う。

    なんにせよ、面白かった。マタギの郷にいきたいという欲が、また強くなった...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年11月26日

    「邂逅の森」の続編ということで期待たっぷりに読み出した。前作ほどのインパクトはないが、登場人物を含め、現代との絡みが巧みに表現されていて作者の手腕に感心した。

    このレビューは参考になりましたか?

「森」シリーズ のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 相剋の森
    825円(税込)
    「山は半分殺してちょうどいい――」現代の狩人であるマタギを取材していた編集者・美佐子は動物写真家の吉本から教えられたその言葉に衝撃を受ける。山を殺すとは何を意味するのか? 人間はなぜ他の生き物を殺すのか? 果たして自然との真の共生とは可能なのか――。直木賞・山本賞受賞作『邂逅の森』に連なる「森」シリーズの第一弾。大自然と対峙する人間たちを描いて感動を呼ぶ傑作長編。
  • 氷結の森
    825円(税込)
    日露戦争に従軍した猟師の矢一郎は故郷を離れ、樺太で過去を背負い流浪の生活を続けていた。そんな彼を探し回る男が一人。矢一郎の死んだ妻の弟、辰治だ。執拗に追われ矢一郎はついに国境を越える。樺太から氷結の間宮海峡を越え革命に揺れる極東ロシアへ。時代の波に翻弄されながらも過酷な運命に立ち向かう男を描く長編冒険小説。直木賞・山本賞ダブル受賞の『邂逅の森』に連なる“森”三部作完結編。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています