終わりのセラフ 12

終わりのセラフ 12

作者名 :
通常価格 457円 (416円+税)
紙の本 [参考] 481円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

帝鬼軍から離脱したシノア隊の前へフェリドとクローリーが現れる。その圧倒的強さに優一郎たちは逃走を断念、協力を余儀なくされる。そこでフェリドが取り出したとある物とは!? 一方、グレンは新宿に帰還し…。

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
少年マンガ
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
ジャンプSQ.
ページ数
201ページ
電子版発売日
2016年09月02日
紙の本の発売
2016年09月
サイズ(目安)
39MB

新刊オート購入

終わりのセラフ 12 のユーザーレビュー

    購入済み

    感想

    かしま 2021年03月27日

    吸血鬼だけどクローリーはまとも。フェリドは…狂ってます(笑)一時的に仲間になったけど、フェリドはすぐに裏切りそうだよね…ここまで来てもフェリドの狙いが全く読めない。今後の展開に期待

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    まさかまさかの!

    齋藤飛鳥 2020年07月13日

    衝撃展開!グレンー!

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    scarlet 2019年11月27日

    フェリドはなんなんだろう。もともとよく分からん奴だったけどやっぱり謎。味方であって欲しいけどなんかいつか裏切りそうな顔してるからちょっと不安だなぁ

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年04月14日

    この巻から初めて読んだけど、かなり面白いね。
    絵が上手いし、内容も面白い。キャラクターは多いけど、個性があってキャラ分けができている。

    1巻からみてみようかな?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年09月05日

    え~?ここでまさかの彼の方からの接触。
    コイツってラスボス前の中ボスぐらいかと思っていたのに。というわけで実はラスボスは日本帝鬼軍だったりして。…なんかありえそうだな…

    個人的には吸血鬼の女王さまが可愛くて好きなので今回出番なしでがっかり。そして今作のヒロインはシノアでしょ!シノアが一番可愛いよと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    吸血鬼が案外いい奴かも

    ちか 2021年02月11日

    フェリドとクローリーが仲間になるのは全然想像しなかった。クローリーは性格悪そうに見えたのに、めっちゃまともだった。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    設定資料

    匿名 2020年09月09日

    設定資料の会話が…
    茜ちゃんガンバレ!

    本編は本当に酷い話だ…
    フェリドによってグレンの過去、執着が明らかになっていく…

    このレビューは参考になりましたか?

終わりのセラフ のシリーズ作品 1~23巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~23件目 / 23件
  • 終わりのセラフ 1
    457円(税込)
    未知のウイルスにより人類は壊滅、子供だけが生き残り、地下都市で吸血鬼に支配されていた。勝気な少年・百夜優一郎は仲間たちの犠牲のもと、ただ一人脱出に成功、復讐を誓う。優一郎が見た新しい地上の世界とは!?
  • 終わりのセラフ 2
    457円(税込)
    ついに月鬼ノ組の研修生になった優一郎。だがクラスには君月という問題児が…。二人は上位の鬼呪装備獲得に向け争うが!? 一方、死亡したはずのミカエラが、成長した姿で地上に出現! その存在は正か邪か!?
  • 終わりのセラフ 3
    457円(税込)
    念願の吸血鬼殲滅部隊に配属された優一郎。自信過剰気味な三葉が部隊に加わり、渋谷より出撃! だが優一郎の勝手な行動で、初戦から仲間を危険にさらし…。また新宿攻略中の吸血鬼は圧倒的な強さを見せて…!?
  • 終わりのセラフ 4
    457円(税込)
    吸血鬼との新宿攻防戦、貴族を相手に苦戦するグレンのチーム。圧倒的力を前になす術なく敗北を喫してしまうのか…。そこに駆けつける優一郎は、鬼刀・阿朱羅丸を引き抜き敵に斬り付けるのだが、その相手とは!?
  • 終わりのセラフ 5
    457円(税込)
    意識を戻した優一郎に、柊家の過酷な尋問が降りかかる…。柊家の傲慢な態度に接し、優一郎は改めて仲間の大切さを実感する。ミカエラを救うため、仲間のため、優一郎は更なる《鬼呪装備》強化の修業に燃えるが!?
  • 終わりのセラフ 6
    457円(税込)
    鬼呪装備の修業で優一郎は、阿朱羅丸と対決・対話する。鬼である阿朱羅丸をも仲間と呼ぶ優一郎にさらなる力は身に付くのか!? 君月の修業も経て、チームの絆は深まるが、軍部や吸血鬼には不気味な動きが…!?
  • 終わりのセラフ 7
    457円(税込)
    名古屋出撃命令を受け、優一郎たちは部隊の集結地へ向かう。だが大遅刻をしグレンの怒りを買ってしまう。隊全体に闘志と緊張が漂う中、遅刻の罰を受けることになる優一郎は!? また作戦を共にする小隊と出会い…。
  • 終わりのセラフ 8
    457円(税込)
    名古屋での吸血鬼殲滅作戦で優一郎たちは鳴海隊と連係し、貴族の吸血鬼に挑む。チームワークが勝敗の鍵だが…。一方、他の部隊には死者も出て、クローリーに人質まで取られる事態に。部隊を率いるグレンは!?
  • 終わりのセラフ 9
    457円(税込)
    名古屋での作戦中、人質となった仲間を救うべく行動する月鬼ノ組だが、対する貴族クローリーの強さは圧倒的…。優一郎も参戦するが、グレンまで深手を負って囚われてしまう。グレンを見捨てられない優一郎は!?
  • 終わりのセラフ 10
    457円(税込)
    前線から撤退中の月鬼ノ組は、優一郎を助けるため単身で現れたミカエラと遭遇し、戦闘を開始する。傷を負いながらも、優一郎をただ一心に想うミカエラの姿に心を打たれたシノアたちは、思いがけぬ行動を…!?
  • 終わりのセラフ 11
    457円(税込)
    月鬼ノ組が撤退した名古屋空港で軍の幹部・柊暮人が、恐るべき実験を開始し犠牲者が続出…。仲間を救うべく駆けつける優一郎とミカエラだが、囚われていたグレンが吸血鬼と共に現れ事態は更なる混迷に陥り!?
  • 終わりのセラフ 12
    457円(税込)
    帝鬼軍から離脱したシノア隊の前へフェリドとクローリーが現れる。その圧倒的強さに優一郎たちは逃走を断念、協力を余儀なくされる。そこでフェリドが取り出したとある物とは!? 一方、グレンは新宿に帰還し…。
  • 終わりのセラフ 13
    457円(税込)
    「グレンが世界を滅亡させた」と語る吸血鬼の言葉に動揺する優一郎たち。フェリドと共に大阪湾に向かうが、そこでは捕われのクルルの前に謎の人物が出現。海外からも上位始祖が到着。一体、フェリドの目的とは…!?
  • 終わりのセラフ 14
    457円(税込)
    日光拷問に処されたクルルらを救うには、さらなる強さが必須。そのためフェリド邸に入った優一郎たち。だがそこでは想定外の事態が多発! 吸血鬼を仲間として信頼できるのか、ミカエラと語り合うシノア隊だが!?
  • 終わりのセラフ 15
    457円(税込)
    大阪にいる優一郎らの前に、裏切ったはずのグレンが現れた。グレンは、一連の出来事の黒幕は柊ではないと告げる。では真の黒幕とは一体…。同じ頃、渋谷では暮人がクーデターを敢行。事態はますます混迷し…!?
  • 終わりのセラフ 16
    457円(税込)
    キ・ルク戦が開幕。綿密な陽動作戦を立案するも、大苦戦するグレンたち。優一郎も心臓を貫かれ…。恐るべき第五位始祖戦の勝敗は!? その後、優一郎たちは名古屋のグレンの実家に。そこで見るある施設とは?
  • 終わりのセラフ 17
    501円(税込)
    名古屋のグレンの実家に封印されていた天使・第六のラッパ吹き。人を滅ぼさんとする天使は、優一郎を殺そうとするが、優一郎は襲いくる天使をも救うと決意。壮絶な争いの中、シノアらも優一郎を援護するが…!?
  • 終わりのセラフ 18
    501円(税込)
    日本帝鬼軍の本拠地である渋谷に戻ってきた優一郎たち。彼らは招かれざる客ながら、柊家当主・暮人に迎え入れられる。しかしミカエラは禍々しい気配を感じとる。それは、暮人に取り憑く四鎌童子のもので…!?
  • 終わりのセラフ 19
    501円(税込)
    四鎌童子がシノアの心に侵入! 真祖復活の気配は吸血鬼や百夜教にも伝わる。フェリドはシノアの首を切ろうとするが…。帝鬼軍vs百夜教vs吸血鬼、開戦の狼煙が上がる頃、優一郎と阿朱羅丸の記憶にも変化が!!
  • 終わりのセラフ 20
    501円(税込)
    帝鬼軍と百夜教の争いは激化。人間と吸血鬼が相乱れ争う事態に。その最中、真祖と斉藤がついに対峙し、神の如き戦いを展開。同じ頃、グレンと真昼が謎の行動を開始。二人が「裏切り」と呼ぶ行為とは果たして!?
  • 終わりのセラフ 21
    501円(税込)
    囚われの優一郎の前に、グレンが現れるが、拘束を解こうとしない。ミカエラの前には真昼が現れ戦闘に! そして優一郎とミカエラを見つめるノ夜…。グレンを信じる優一郎だが、ミカエラと共に逃走を決意して…!?
  • 終わりのセラフ 22
    501円(税込)
    シノアらが優一郎救出に走る中、ミカエラの命が消えかけ、悲しみのあまり自棄になる優一郎。「俺を殺せ」と言う優一郎に、阿朱羅丸が発した言葉とは? 一方、フェリドは、重傷の斉藤に止めを刺そうとするが…!?
  • 終わりのセラフ 23
    501円(税込)
    ミカエラの惨劇から逃れたシノア隊はひと時の休息を得るが、君月は優一郎との力の差を痛感し…。そして目を覚ましたクルルが明かす、八年前の出来事、真昼の企てとは!? シノアが回顧する姉との思い出とは?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています