伝説の勇者の伝説1 昼寝王国の野望

伝説の勇者の伝説1 昼寝王国の野望

作者名 :
通常価格 616円 (560円+税)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

超無気力人間ライナ、野望を胸に秘めた青年貴族シオン、ちょっと変な美貌の女剣士フェリス。彼ら三人の若者がつむぎだす壮大な戦国絵巻──にはならない、少しシリアスかなり脱力のアンチ・ヒロイック・サーガ登場!

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
富士見ファンタジア文庫
電子版発売日
2012年08月03日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
6MB

    Posted by ブクログ 2011年03月14日

    自分にとってこれこそ最高のファンタジー!な作品が、この伝勇伝です。
    文章の書き方からして私の好みであり・・・。そして、なんといっても面白い!ギャグありシリアスあり。なんでもありなライトノベルです!
    もうライナとフェリスとシオンの会話が好きすぎて困ります(笑)。
    一度読むと、この壮大な世界観に魅せられ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月28日

    久しぶりにクリティカルヒット。
    長編と聞いていたけど確かに。一巻は序章でしたね。このあとどうなっていくのか…
    正直書きぶりは読みにくいというか、作文な感じで、台詞につく!?の意味もよくわからない。でもキャラのやりとりや話の展開に引き付けられる。アニメやってたらしいのでそっちでも見てみたかったなぁ~
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    個人的にかなり好きです。
    笑うシーンとシリアスなところ、両極端が入っています。
    やる気のないライナと、大の団子好きのフェリスが旅をする話です。(それだけじゃないけど)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    富士見ファンタジアの文庫。
    おもいっきりファンタジーですがネタが面白くさくさく読めるのでお勧めb
    今は1〜10巻まででてます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    初めて購入した富士見ファンタジアノベル。一巻ではそこまではまらず、読み進めるうちにドツボにはまりました。外伝の「とりあえず〜」シリーズは、抱腹絶倒。本編とのテンションの高低の差にも悶絶。ともかく良い。大好きすぎる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年03月11日

    アニメを見て、原作が読みたくなって手に取った一冊。おかげで脳内ではフルボイスで楽しめました。笑
    ライナはいつだってだらけているのに、世の中を哀しんでいるのに、そこで止まらないのが真の強さですね。
    続刊も(と言っても大量だけど)読みたい。
    というよりアニメに入らなかった続きが知りたい!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年07月22日

    剣と魔法のファンタジーを読みたかったのとイラストに惹かれて読んでみた。最初はやっぱ10年前なだけあって大分絵が違うなぁ。読みやすかったし、素直にストーリーに入り込めた。大分展開が駆け足な感は否めないけど、ストーンとすっとばされた2年間はスピンオフで出てるようなのでそれを読むのを楽しみにしておきます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年07月22日

    アニメ化がきっかけで原作も読んでみたくなった。

    やる気がないけどすごい力がある主人公って好きです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    エンターテイメント性に相当優れていますっていうかめっちゃ好きです。ライトノベルはこれくらいいっとかなきゃな!ライナ愛しすぎる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    この主人公の性格サイコー!無気力すぎ。マンガみたいな感覚で、すらすら読めてしまう。あとがきも楽しい。

    このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 1~11巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~10件目 / 11件
  • 伝説の勇者の伝説1 昼寝王国の野望
    超無気力人間ライナ、野望を胸に秘めた青年貴族シオン、ちょっと変な美貌の女剣士フェリス。彼ら三人の若者がつむぎだす壮大な戦国絵巻──にはならない、少しシリアスかなり脱力のアンチ・ヒロイック・サーガ登場!
  • 伝説の勇者の伝説2 宿命の二人三脚
    シオンの陰謀で「勇者の遺物」探索を命じられたライナとフェリス。いたってやる気のない二人をよそに、シオンの周辺では、王となった彼の失脚をもくろむ者たちが暗躍していて……? 暗雲渦巻くネルファ皇国で何かが起きる!
  • 伝説の勇者の伝説3 非情の安眠妨害
    「…あんなぁ…おまえ、無理って言葉の意味、知ってるか?」 万年無気力男のライナと絶世の美女にしてだんご至上主義の女剣士フェリス。”勇者の遺物”を探す旅を続ける二人は、なぜか魔法を無断で国外へ持ち出した犯罪者、忌破りとして追手をかけられてしまう。彼らを追うのはエリート追撃部隊、しかもその隊長は…。――果たしてライナに安眠の日々は訪れるのか?
  • 伝説の勇者の伝説4 大掃除の宴
    万年寝不足男のライナと、絶世の美女剣士兼理不尽だんご大王のフェリス。二人は『勇者の遺物』を求めてルーナ帝国へ潜入。そこで出会った少女に、ライナと同じ『複写眼』を持つ少年を助けてほしいと頼まれる。一方、ローランド帝国の新国王となったシオンは、いまだ勢力を誇る反国王派の貴族たちを一掃する必要に迫られていて…。眠気もふっとぶアンチ・ヒロイック・サーガ、なにはともあれ第四弾!
  • 伝説の勇者の伝説5 出来心の後始末
    フェリス・エリスは忙しかった。超絶変態色情狂の父親そっくりの少年を、せめて性格だけは、あの恐ろしい凶悪幼女誘拐変質男に似せないようにと、保護するのに。「だぁから俺の子供じゃないって言ってんだろうが!」と、必死の抗議をするライナ・リュートの声は、当然のごとく、まるっきり無視された……。とにもかくにも『複写眼』を持つ少年アルアをルーナ帝国軍から救い出したライナとフェリスは、依頼人で...
  • 伝説の勇者の伝説6 シオン暗殺計画
    シオン・アスタール。若くしてローランド帝国の王位に就き、急進的改革を行ってきた美貌の英雄王。だが、国民に圧倒的に支持される彼を、快く思わない者たちがいた。反国王派貴族の黒幕、ローランドを危険視する近隣諸国の王族、シオンに個人的に恨みを持つ者……。そしてついに、最強の暗殺者がシオンに差し向けられる! いかなる敵がこの強行手段に出たのか? 動乱の時代に生きる若者たちを描く、アンチ...
  • 伝説の勇者の伝説7 失踪の真相
    フェリスは怒っていた。なぜなら……。あいつは、約束の場所に来なかった。ふたりで逃げるはずだったのに。ライナ・リュートは、失踪した。――その報せと同時に、ローランド王シオンのもとにエスタブールから書簡が届く。それは『複写眼』保持者が出現し、暴れているというものだった。ライナの失踪と、何か関係があるのか? 早速、ライナ捜索隊が出されるが、彼の足取りは掴めない……。物語に隠された謎が、...
  • 伝説の勇者の伝説8 行方知れずの恩知らず
    「俺の手が、おまえに届かない理由はもう、知ってるんだ……」シオンたちの前から、ライナ・リュートは姿を消した。魔眼保持者とともに。国王シオンに与えられた極秘任務にもとづき、ライナ抹殺を実行するべく、ローランドを発つ『忌破り』追撃隊ルーク。――一方、フェリスも相棒を連れ戻すために旅出つ。七つのリュックにだんごを詰め込んで! ライナは何処に向かっているのか? 皆の心の内に、ついに転換...
  • 伝説の勇者の伝説9 完全無欠の王様
    ガスターク帝国の魔眼狩りによって、行き場を無くしたライナ。だがフェリスの説得により、再びローランドに帰ってきた彼を待っていたのは、相棒の執拗なイジメと、親友が用意してくれた膨大な仕事の山。悪魔王シオンによって不眠不休で働かされ死にそうになりながらも、ひとときの平和に浸るライナ。しかし、その水面下では様々な者たちの思惑が絡み合い、ライナたちを時代の渦のなかに呑み込もうとしてい...
  • 伝説の勇者の伝説10 孤軍奮闘の王様
    ≪おまえの中の、真実を見ろ≫。何者かに胸を刺され、血が流れ、意識が薄れ、ライナ・リュートの生命の灯火が、消えた……その瞬間、世界が、歪んだ。何者かに襲われ、何処かへ連れ去られてしまったライナ。彼は生死の境で新たな事実を知ると同時にさらなる重荷を背負わされる。一方、ローランド帝国王シオンにおかしな言動が見え始めるのだが――。遂に衝撃的展開を迎える、アンチ・ヒロイック・サーガ、第10弾!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています