有料版の購入はこちら
通常価格: 462円
 (420円+税)
紙の本: [参考] 528円 (税込)
獲得ポイント:

2pt

いまだけ3冊無料

終わりのセラフ 一瀬グレン、16歳の破滅(1) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    購入済み

    よし 2022年03月09日

    グレンたちの高校時代について描かれていて、みんなの出会いがどんな感じだったのかわかって面白かった。
    ミカの子供時代が可愛すぎる!

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    somake 2021年08月21日

    試しに一巻だけ読んだらどんどんハマって最終巻まで読んでしまう作品でした。ストーリーが展開早いしどんどん引き込まれる。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    よい

    ふみ 2021年07月23日

    終わりのセラフ好きにはオススメです。
    私は終わりのセラフが大好きで、本編では謎が多いグレンの過去ということですごくたのしめました。続編も楽しみです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月17日

    ジャンプSQで連載中「終わりのセラフ」の過去編のようなものです。主人公は一瀬グレン。
    グレンのチームがどうやってできたのか、等原作を補完する役目を果たしていると思います。終わりのセラフを読んでいる方はこちらも読まれることをお勧めします。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年11月03日

    小説のほうを読んでたから、コミックスの第1話は???って感じだった。
    個人的には第1話はいらなかったかなー。
    2話目以降は小説に忠実で安心した。
    終わりのセラフシリーズはやっぱりおもしろいなぁ。
    でもコミックスと小説のそれぞれあわせて4シリーズも同時に読んでると頭がこんがらがる。(>人<;)

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    厨二病

    ananasdinner 2021年09月01日

    厨二病全開で読んでると恥ずかしくなってきます。
    画力は高めでバトルシーンも良いし、キャラ造形も悪くないので、
    小中学生までなら楽しめるんじゃないかと思います。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    面白い

    ナナ 2022年03月04日

    優一郎が主人公の本編はしっかり読んでいますがグレンの過去の様子が読めて良かったです。
    グレンは昔から変わっていないですね笑

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    (匿名) 2021年03月13日

    相変わらず絵がきれいで、引き込まれてしまいます。大人のグレンもカッコ良かったですが、16歳の時点でこれほど大人でカッコいいのか〜と驚きました!

    このレビューは参考になりましたか?

終わりのセラフ 一瀬グレン、16歳の破滅 のシリーズ作品 全12巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~12件目 / 12件
  • 終わりのセラフ 一瀬グレン、16歳の破滅(1)
    完結
    これは、世界が"破滅"する前の物語。15歳の一瀬グレンは、呪術師養成学校・第一渋谷高校に入学する。そこで待っていたのは、圧倒的規模の呪術組織『帝ノ鬼』を率いる柊家からの抑圧、そして、幼き日に想いを寄せ合った少女との再会であった―――運命に抗う"学園呪術ファンタジー"、始動!!
  • 終わりのセラフ 一瀬グレン、16歳の破滅(2)
    完結
    第一渋谷高校で一瀬グレンは、学校を支配する柊家の人間に次々出会う。その地位と実力で学校の人々を従わせる柊征志郎、柊家を憎み、グレンと手を組もうとする養子・柊深夜、そして、幼き頃に想いを寄せ合った少女・柊真昼――一方、学外でも最大の呪術組織《百夜教》に所属するという謎の人物・斉藤から、柊家が原因で世界が破滅するウィルスが蔓延することになる、と聞かされ‥‥!? 急展開を迎えるダークファンタジー!
  • 終わりのセラフ 一瀬グレン、16歳の破滅(3)
    完結
    《百夜教》の襲撃から1か月。グレンは、この学校の生徒会長にして柊家の次期当主候補・柊暮人に、襲撃の首謀者として疑惑をかけられ、激闘の末、囚われてしまう。三日間休みなく行われる拷問。それでも耐え続けたグレンに対し暮人は「自分の右腕になれ」と非情な勧誘をする――そして、グレンは、ある事件を解決するために深夜・美十・五士達とチームを結成する。対峙するは、柊とも百夜教とも違う"異形の存在"だった‥‥!!
  • 終わりのセラフ 一瀬グレン、16歳の破滅(4)
    完結
    異形の怪物"ヨハネの四騎士"のキメラを倒すため、真昼の誘いに乗り《鬼呪装備》を手にしたグレンは、《鬼》に身体を蝕まれるのと引き換えに得た強大な力で仲間たちを救い、そして真昼はふたたび姿を消した。それから3か月、グレンは身体に異変を感じながらも、真昼の行方の手がかりを求め、危険を承知で敵対組織《百夜教》との密会場所へと赴くが‥‥!? "破滅"に立ち向かう力を求めし者達の物語――!
  • 終わりのセラフ 一瀬グレン、16歳の破滅(5)
    完結
    これは、もう一つの『終わりのセラフ』。世界が破滅する"直前"の抗いの物語――。 15歳の一瀬グレンは、呪術師養成学校・第一渋谷高校に入学する。そこで待っていたのは、圧倒的規模の呪術組織『帝ノ鬼』を率いる柊家からの抑圧、そして、幼き日に想いを寄せ合った少女との再会であった――運命に抗う"学園呪術ファンタジー"、始動!! 第一渋谷高校の生徒会長である柊暮人を手玉に取り、さらに『帝ノ鬼』と《百夜教》をたった独りで相手にし始めた真昼。その直後にグレンにかかってきた1本の電話はそんな真昼からの「自分を殺して欲しい」という壮絶なる懇願であった。彼女が待つ場所へとたどり着いたグレンが目にしたものとは――!? そして"破滅"の正体がついに明らかに! ["恋"が"運命"が加速するダークファンタジー、最新刊!]
  • 終わりのセラフ 一瀬グレン、16歳の破滅(6)
    完結
    これは、もう一つの『終わりのセラフ』。世界が破滅する“直前”の抗いの物語――。 15歳の一瀬グレンは、呪術師養成学校・第一渋谷高校に入学する。そこで待っていたのは、圧倒的規模の呪術組織『帝ノ鬼』を率いる柊家からの抑圧、そして、幼き日に想いを寄せ合った少女との再会であった――運命に抗う“学園呪術ファンタジー”、始動!! 《百夜教》の襲撃によって死を覚悟した仲間たちのために、禁忌である《鬼呪》の力を使い続けたグレンは、刀に宿る鬼についに体と心を支配されてしまう……。そんな彼を救うために、五士・美十・深夜は立ち上がる。だが、グレンの口から漏れたのは信頼する仲間たちへの哀しき願いだった――… [身を滅ぼしながらも抗う“破滅”の物語!]
  • 終わりのセラフ 一瀬グレン、16歳の破滅(7)
    完結
    これは、もう一つの『終わりのセラフ』。世界が破滅する“直前”の抗いの物語――。 15歳の一瀬グレンは、呪術師養成学校・第一渋谷高校に入学する。そこで待っていたのは、圧倒的規模の呪術組織『帝ノ鬼』を率いる柊家からの抑圧、そして、幼き日に想いを寄せ合った少女との再会であった――運命に抗う“学園呪術ファンタジー”、始動!! 深夜・美十・五士の助けによって、鬼呪に宿る鬼・ノ夜にようやく打ち克つことができたグレン。 しかし、戻ってきたグレンが暮人から告げられたのは「ひと月以内に真昼を殺せ。できなければ父親を殺す」という非情な選択だった―――。そして、“優一郎”・“ミカエラ”・“シノア”、幼少期の彼らの物語がいまグレン達の物語と交じり合う
  • 終わりのセラフ 一瀬グレン、16歳の破滅(8)
    完結
    これは、もう一つの『終わりのセラフ』。世界が破滅する“直前”の抗いの物語――。 15歳の一瀬グレンは、呪術師養成学校・第一渋谷高校に入学する。そこで待っていたのは、圧倒的規模の呪術組織『帝ノ鬼』を率いる柊家からの抑圧、そして、幼き日に想いを寄せ合った少女との再会であった――運命に抗う“学園呪術ファンタジー”、始動!! あと二日で真昼を殺せなければ父が殺される。タイムリミットが間近に迫る中、真昼は正体不明の四人の吸血鬼に連れ去られてしまう。その直前、グレンは真昼から「手を出さないで、ただ見ていて。吸血鬼の女王に‥‥」というメッセージを受け取る―――哀しき運命を背負う者たちの抗いの物語、最新刊!
  • 終わりのセラフ 一瀬グレン、16歳の破滅(9)
    完結
    これは、もう一つの『終わりのセラフ』。世界が破滅する“直前”の抗いの物語――。 15歳の一瀬グレンは、呪術師養成学校・第一渋谷高校に入学する。そこで待っていたのは、圧倒的規模の呪術組織『帝ノ鬼』を率いる柊家からの抑圧、そして、幼き日に想いを寄せ合った少女との再会であった――運命に抗う“学園呪術ファンタジー”、始動!! 初めての“吸血鬼”捕獲、そして真昼の鬼呪装備《アシュラマル》の獲得という成果をあげたグレン。しかし、彼に待ち受けていたのは残酷なまでの試練であった――― JC『終わりのセラフ』へと繋がる“終末”の物語、最新刊!
  • 終わりのセラフ 一瀬グレン、16歳の破滅(10)
    完結
    これは、もう一つの『終わりのセラフ』。世界が破滅する“直前”の抗いの物語――。 15歳の一瀬グレンは、呪術師養成学校・第一渋谷高校に入学する。そこで待っていたのは、圧倒的規模の呪術組織『帝ノ鬼』を率いる柊家からの抑圧、そして、幼き日に想いを寄せ合った少女との再会であった――運命に抗う“学園呪術ファンタジー”、始動!! 父の死から時は経ち、世界が《破滅》するというクリスマスまで残り十五日。急ピッチで進んだ鬼呪装備の研究によりグレンはついに真昼を追い詰めるが、彼は真昼がすでに人とは全く違うモノになってしまったことをまだ知らない……
  • 終わりのセラフ 一瀬グレン、16歳の破滅(11)
    完結
    これは、もう一つの『終わりのセラフ』。世界が破滅する“直前”の抗いの物語――。 15歳の一瀬グレンは、呪術師養成学校・第一渋谷高校に入学する。そこで待っていたのは、圧倒的規模の呪術組織『帝ノ鬼』を率いる柊家からの抑圧、そして、幼き日に想いを寄せ合った少女との再会であった――運命に抗う“学園呪術ファンタジー”、始動!! 父の死から時は経ち、世界が《破滅》するというクリスマスまで残り十五日。急ピッチで進んだ鬼呪装備の研究によりグレンはついに真昼を追い詰めるが、彼は真昼がすでに人とは全く違うモノになってしまったことをまだ知らない……
  • 終わりのセラフ 一瀬グレン、16歳の破滅(12)
    完結
    これは、もう一つの『終わりのセラフ』。世界が破滅する“直前”の抗いの物語――。 15歳の一瀬グレンは、呪術師養成学校・第一渋谷高校に入学する。そこで待っていたのは、圧倒的規模の呪術組織『帝ノ鬼』を率いる柊家からの抑圧、そして、幼き日に想いを寄せ合った少女との再会であった――運命に抗う“学園呪術ファンタジー”、始動!! 世界が《破滅》するというクリスマス当日、グレンはついに真昼の側につくことを告げる。しかしそれは『帝ノ鬼』を裏切ることを意味する。これから始まるのは人を殺して、殺して、殺しても終わらない死の行軍、そして、《破滅》への最後の抗いである――‥‥【JC『終わりのセラフ』へと繋がる物語、完結】

終わりのセラフ 一瀬グレン、16歳の破滅 の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

月刊少年マガジン の最新刊

無料で読める 少年マンガ

少年マンガ ランキング

終わりのセラフ 一瀬グレン、16歳の破滅 に関連する記事