天の瞳 少年編II

天の瞳 少年編II

作者名 :
通常価格 669円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

あの倫太郎が中学生になった。不登校、暴力・・・、厳しい子供のいまをじっくりかつ朗らかに描き出す必読の小説。

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2014年08月26日
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2015年02月19日

全くこの本を読むと、自分の教員としての自信がなくなる。
と、同時にここで気づいてよかったと思いさえする。

分かち合わんといかんな。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年02月26日

灰谷先生のたくましい子どもたちシリーズ。
だめな大人もたくさんいるけど
倫ちゃんたちの周りの大人は本当に素敵。
おじいちゃんの言葉、
「仕事はお金のためではない…。」
肝に銘じます。

ただ、倫ちゃんにしても満にしても
しっかりしすぎ、出来過ぎてて
あまり共感できず。。。
子どもっぽさがないのかなぁ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2007年02月03日

倫太郎が、中学校に上がり、成長の様も変わってくる。
前編より、情景がありありとしていて、本の物語の中に引き込まれた。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年04月30日

中学生の時期って、大人でもあり、こどもでもあり、難しかったなぁって思い出しました。大人は誰でも中学生だった時期があるから、どんなふうに接して欲しかったか、思い出せたらいいなと思います。その子に任せてただ見守るって、とても大変なことだけど。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2008年07月06日

小学校から中学校ってそういえばすごい差があることを思い出す。規律こそが非行の芽をつむという神話があり、生徒の言い分を聞くより威圧して言うことをきかせる教師達。倫太郎と満の純粋な疑問からでる行動はなかなか理解されず、周りと衝突を繰り替えす。そこをなんとか乗り越えようとする倫太郎の苦悩が痛々しかった。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play